Written by Manabu Bannai

サラリーマンのランチタイムが、無駄すぎる件【さて、海外移住しよう】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。

普段は東南アジアで暮らしています。
東京に行くと、驚くことが多いです。

そして、先日に下記のツイートをしました。

港区にいるのですが、12時になった瞬間に、大量のサラリーマンが現れた😱
ランチ時間をズラしたら空いてるのに、、無駄すぎる感じがある。そして、僕も混雑に巻き込まれたので、ランチは諦めました。この状況を、誰も変えようとしてないことに違和感を感じつつ、僕は人混みを避けて生きていきます

港区のランチタイムを見て、、驚きました。
ちょっと感想を書きつつ、後半では海外移住の話を書きます。

サラリーマンのランチタイムが、無駄すぎる件


かなり衝撃だったのですが、、、12時に港区を歩いていたら、急激に人が増えました。

レストランやコンビニは、大行列。そして、レストランは満席になるので、花壇の垣根に座って食べる人もいて、、驚きました。

無駄なことは、辞めた方がいい

シンプルに驚いたからツイートしたのですが、案の定で批判も来ました。
ちなみに、1ツイートが25万人とかに届いているので、東京ドーム5個分ですね。

批判率は、かなり少ない

ツイートする前から「すこし批判されるかな…」と思っていたのですが、割合は1%以下だと思います。

つまり、多くの人は「無駄だよね」と気付いてる訳ですよね。
控えめにいって幸福度が下がりそうな雰囲気だったので、良くないと思います。

就活生は、見学もあり

こんなこと書くとあれですが、、、就活生も見に行くといいですよ。
自分が働きたい会社とかがあるなら、就活説明会の時間だけじゃなく、普段の状況も観察するなど。

僕は日本であまり働いたことがないですが、港区の光景をみたら、ぶっちゃけ、あのような働き方に憧れる学生とかって、かなり少ないと思います。

自分で稼いだ方が良い

先日に下記をみかけました。


上記はイチタさんという友人で、以前から交流がありました。
僕がプログラミング学習のまとめ記事とかを作っており、その通りに学習して稼げたようです。

しかし「そのとおりに学習して稼げた」というのは盛っているかなと思っており、ぶっちゃけ本人の努力の結果のはず。

それはさておき、こういった感じで「個人で稼ぐ人」はかなり増えています。金額として25万は小さいかもですが、地方なら余裕ですよね。

無理して、東京で働く理由とは

東京で働くと、結構ハードじゃないですかね。
僕も数日間は東京滞在したのですが、とにかく家賃が高く、1泊1万円を払っても、最低限の部屋でした。


こういった感じだったので、もちろん東京の地域にもよりますが、、、高い。

普段の僕はタイに住んでいるので、1泊1万円だと、普通にマリオットホテルに泊まれるんですよね。

バンコクでの1泊1万円のクオリティ


スイマセン、いま調べたら13,000円でした。
しかし、以前に僕が泊まったときは、閑散期だったこともあり、1泊1万だったんですよね。

ちなみに、下記もご査収ください。


来週からマレーシアに行くのですが、ホテル予約しました。
これで「1泊3,700円」です。

マレーシア首都のクアラルンプール中心部です。
近くには大型モール(パビリオンモール)があります。

日本をディスってスイマセン

という感じで、、スイマセン。
僕は基本的に海外で生きていきます。

たまに日本に来ると「やはり住みづらいな…」と感じてしまい、地方はあまりわからないのですが、やはり東南アジアでいいかなと思っています。あと、花粉もないです。

未来は暗くても、住む場所は選べる時代

ぶっちゃけ、若い人からしたら、日本の未来は暗いです。
2020年だと「女性の2人に1人が50歳以上」という感じですからね。

少子化が進み、高齢化が進み、政治は年寄りの意見が反映されます。
しかし、若い方に伝えたいことは「住む場所は選べます」ということです。

多くの人は「海外で働く&生きる=難しい」と考えがちですが、僕からすると、東京の方がベリーハードですよ。

記事後半では、海外移住の選択肢とかも書いてみますね。

ランチタイムが無駄なので、海外移住しよう


というわけで、ランチタイムは無駄ですね。
あとは満員電車とかも無駄ですね。あとは花粉も辛いですよね。

では、移住しましょう。

移住先としてオススメな国

  • バンコク 
  • マレーシア
  • ジョージア 
  • バリ島 
  • フィリピン

上記のあたりだと、難易度が低いです。
お金があるなら、シンガポールとかでいいと思いますが、ビザのハードルとか、あとは生活費も高いです。

僕は以前にシンガポールに住みましたが、わりと快適な生活をしたら、月100万は消えました。オワタです。

とりあえず、バンコクが神

僕の第二の故郷です。
タイ語は話せませんが、快適です。

温かいし、花粉もないし、綺麗だし、安いし、便利だし、、不便な点は「Amazonの翌日配送がない」という点くらいです。

移住のポイントまとめ

  • ビザは、就労 or エリートビザ
  • 仕事も多く、就職しやすいです
  • デメリットは、言語くらいかも

上記のとおり。

長期ビザなら、就労ビザかエリートビザがいいですね。
エリートビザは、200万くらい払うと、貰えます。

あとタイ語は難しいですが、わりと英語が通じますし、というか日本人も多いので、僕は「基本的に日本人とばかり、交流する」というスタイルです。

航空券も安く、日本から片道3万円くらいですし、かなりありだと思うんですよね。

参考までに、海外就職は下記参考です。
» 【経験者が語る】海外就職で失敗する人の共通点とは【現地を見ろ】

マレーシアは、老後に最適です

マレーシアも良いですね。特に年配の方が好みます。
もちろん仕事もありますが、バンコクよりは少ない印象。

移住のポイントまとめ

  • ビザは、MM2H or 観光
  • 税金面での、魅力が多い
  • デメリットは、退屈かも

上記のとおり。

MM2Hとは、僕も取得しているのですが、ざっくり1,000万を払うと、マレーシアで資産運用(年利3〜4%)できて、そして税金が発生しません。

あと、住民税とかもありません。マレーシアとシンガポールは似ており、税制面が素晴らしいですね。

なお、デメリットは、少し退屈なこと。
バンコクは遊び場所も多く、活気があるのですが、マレーシアは「まったり系」という感じですね。

ジョージアも、かなり良さげ

僕はまだ行けていないのですが、、ジョージアも良さげです。
最近はフリーランスが増えてますね。

移住のポイントまとめ

  • ビザなしで、1年住める
  • とにかく格安すぎて驚く
  • デメリットは、遠さかも

なんといっても、ビザなし1年滞在ですね。これは凄い。
ジョージアくらいじゃないですかね。

そして、1年経ったら、一旦国を出て、また入るだけですね。
そして、生活費の安さも凄い。

上記のとおりで、控えめにいって最高ですよね。
しかし、僕は寒さが苦手なので、行くとしたら夏の時期にします。

気候は日本と同じ感じです。

税制面も、素晴らしい

あと、法人は「配当しない限り、税金が0円」だったりするんですよね。
このあたりを見て「マジカヨ・・・」と驚く人も多いはず。

世界には、こういった国が多いですよ。
ちなみに、ソフトバンクのビジョンファンドも、法人税が0円のはずです。

バリ島と、フィリピンも、良い

バリ島とフィリピンだと、少しクオリティが下がります。

特にフィリピンだと、飯が不味いですね。
マニラだと旨いですが、治安が悪かったりします。

移住のポイントまとめ

  • バリ島だと、ビザ問題あり
  • フィリピンは観光ビザでOK
  • 観光する国かな、、と思う

上記のとおり。

バリ島だと、ぶっちゃけビザ問題がありそうで、仕事とかも少ないです。なので、移住するのは、多分ちょっとキツそうです。

フィリピンは観光ビザで、わりと無限に滞在できます。毎月延長すると、ずっと住めるんですよね…笑。

とはいえ、これら2つの国は、移住よりも、たまに観光するくらいかな、と思ったりです。

まだ日本で消耗してるの?

というわけで、某イケハヤさんの言葉を少しパクリました。
東南アジアに住んでいる僕ですが、もちろん異常なランチタイムに巻き込まれることはありません。

そもそも「海外に住みつつ、日本時間で生きる」という謎スタイルなので、僕が行く場所は、どこもガラガラです。

人生を幸せにするには、ストレスを減らすことが大切だと思います。生きてると理不尽もありますが、その大半は、自分なりの行動をし、そして解決していけます。

日本を否定する訳じゃないですが、ぜひ選択肢の多さが、記事で伝わったら幸いです。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】