Written by Manabu Bannai

LIFE

僕は日々、努力してますが、その理由は「会いたい人に会うため」でもあります。学生時代の僕は、かなり稼いでいる30代の社会人&経営者と一緒にいました。一緒にいれた理由は、僕が死ぬほどアフィリを頑張り、月5万という小さな実績があったから。なにか1つでもスキルがないと、会いたい人に会えませんね。

LIFE

日本では「賃貸 vs 持ち家」という議論がありますが、どう考えても「賃貸」だと思う。5年先の働き方を分からない時代ですし、会社の寿命も短くなっているので、こんな時代に「30年ローン」とかって、人生の可能性や自由度を、大きく下げるとしか思えません。僕は、極限まで所有物を減らして生きる。

LIFE Money

大半の人は「収入=社会に価値提供した金額」と考えますが、これは勘違いです。資本主義には効率的な稼ぎ方があるので、効率を追求すると、収入が異次元になります。なお、記事の読み方によっては「少ない社会貢献量で、大幅に稼ぐ方法」という記事です。賛否両論かもですが、大切な話です。

LIFE Work

会社員の時代の僕は、すこし適当に働いていました。会社なんて、適当でいいと思いますよ。適当に働いても、わりと大丈夫ですので。日本人は真面目に働きすきです。なお、記事後半で「サボるコツ」も書いたので、参考にしてみてください。

Blog LIFE

本気で「ブログを稼ぎたい」を思うなら、何かを捨てないと厳しいですよ。僕はブログで稼ごうと決めたときに、クライアントワーク辞めました。ぶっちゃけ、月120万ほど稼げていましたが、辞めました。そして、95%の時間をブログを注ぎました。なにかを達成したいなら、捨てる勇気も大切ですね。

TRAVEL

バンコクの住み心地が神な理由。暖かい、人が良い、花粉がない、日本食が旨い、通信費が安すぎ、タクシーが安すぎ、わりと豪邸でも安い。こんな感じです。もしかするとバンコク政府は「ノマドビザ」を発行します。そしたら、さらに神の国になりますね。

LIFE

若い世代だと、年金は貰えないと思います。しかし、そこで騒いでも、文句を言っても、なにも解決できません。社会を変えるとか、国を変えるとか、かなり難しいです。しかし、自分の行動はいつでも変えることができるので、論理的に考え、解決策を探しつつ生きていきましょう。

Blog LIFE

ブログで読みやすい文章を書くコツ。①300本の記事を書く。②結論を、最初に書く。③箇条書きをよく使う。④文法は無視して良い。⑤漢字を連続させない。⑥改行や装飾は多めに。⑦適度に画像挿入する。このあたりが基礎。記事を書きつつ、意識すると良いですね。毎日1つずつ改善したら、すぐに身につきます

LIFE

そういえば、先日の旅行中に「圧倒的に稼ぎまくる神たち」と出会ったのですが、そういった方々の共通点は「他人を批判しない」という点でした。自虐ネタはいいと思いますが、他人を批判しつつの自分を正当化するとかは、僕は良くないと思っており、今後も批判ゼロで生きていきます。

LIFE

YouTubeに対するよくある批判で「こいつは、当たり前のことしか言ってない」と言われますが、的外れです。僕が思うに、本質はいつもシンプル。大切なことは、本質にたどり着くまでの「ストーリー」と、そこで得た知見から生まれる「権威性」のはず。表面だけを見ても、分からない気がしてます。