Written by Manabu Bannai

Freelanceに関する記事一覧


Freelance LIFE

フリーランスとして稼ぐなら、やはり「見積書、料金表、営業プレゼン、ポートフォリオ」あたりは必須で、さらにいうとブログなどの発信も大切。とはいえ、99%のフリーランスは、ここで僕が記載したことを、やっていません。なので、しっかり全てをやっていけば、わりとすぐに上位プレイヤーになれる。

Freelance LIFE

フリーランス歴は、7年くらいです。先日にYouTubeコメントで「クラウドワークスで一週間頑張って7000円稼げたけど、在宅の厳しさを知った。実労働のほうが1日で7000円位稼げるので楽だと思った」とのコメントが届きました。フリーランスは厳しいです。僕も苦しんだので、経験から書いてみます。

Freelance LIFE

先日に「出勤は意味ない」とのツイートをしたら、やはり賛否両論でした。ただ、あえてこのタイミングで言いたかったことで、コロナが落ち着いてきましたが、社会は急速に元通りになりつつある。満員電車も、あまり意味のない出勤も復活。自分から変えていかないと、寿命100年時代なので、シンドイはず。

Freelance LIFE

安定して稼ぐフリーランスの特徴です。責任感が強い。品質が安定してる。大きな野心がない。相手に気遣いできる。SNSに注力してない。ビジネスへ興味が薄い。このあたりに共通点があるかなと思っています。個人で「月収50万」とかを目指すなら、ここが重要かもです。

Freelance LIFE

フリーランスを目指すなら読むべき本のまとめです。①入社1年目の教科書/②フリーランスで行こう/③ライフ・シフト。このあたりは参考になるはず。中古なら、3冊を買っても1,200円ほど。控えめにいって、コスパ良すぎて神。

Freelance LIFE

税理士さんから届いたのですが、今年の売上は「約9,100万円」という感じでした。今月の収益を足すと、約1億。ほぼ個人で働いているので、わりと頑張りました。今後は売上を上げつつ、あとは「流通額」を増やしたい。流通額とは要するに「身近な友人に仕事を流し、そこで流れるお金」です。実験中。

Freelance LIFE

フリーランスになるための準備は「クレカを作っておく/健康保険と年金の手続き」だけです。なお、次の準備は、ぶっちゃけ不要です。開業届/事務所/税理士/名刺作成/自社サイト/会計ソフト。フリーランス独立は簡単です。ブログにて解説していきます。

Freelance LIFE

ストレスなく稼ぐには「売る人を選ぶこと」が大切だと思う。例えば、なにかスクールを開くにせよ「誰でも入れる」という感じだと、どこかでモンスターが入ってくる。そして、この1名への対応コストが、恐ろしいほどに高くなる。そうじゃなく「適切な人にだけ売る」という感じだと、ストレス激減。

Freelance LIFE

これからフリーランスを目指すなら、活動拠点は「海外の方がいい」と思う。海外の方が税制面で有利だし、生活コストを下げつつ豊かな暮らしができて、あとはネットのコストとかも安かったりする。東南アジアなら、夏服だけで生きれる。自然と英語も学べる。デメリットは、あまり見当たらないです。

Freelance LIFE

フリーランスとして稼ぎたいなら、ぶっちゃけ最重要は「営業力」です。エンジニアでも同じ。技術力よりも、営業力。多くの人は「カッコよく稼ぎたい」と考えて、SNSを頑張りますが、年収2,000万くらいなら、営業した方が爆速。僕も営業してました。そして仕事して、技術を高め、ノウハウをSNS発信する。

Secured By miniOrange