Written by Manabu Bannai

好きなことを見つける方法【嫌いじゃないことで、生きていく】

LIFE

こんにちは、マナブです。
最近は、わりと好きなことだけで生きています。

先日に下記のツイートをしました。

現在は、好きなこと(=ブログやプログラミング)で生きている僕ですが、もちろん、最初から好きだった訳じゃないです。 続けていたら、徐々に好きになった、という感じです。

結論として、好きなことを探すのは消耗します。

本記事では、「嫌いじゃないことで、生きていく」という話を書いていきます。 好きなこと探しで消耗しても時間が無駄なので、記事を読みつつ、価値ある行動を始めてみてください。

スポンサードサーチ


好きなことを見つけるのは難しいから、嫌いなことを探すべき


事実として、大半の人は好きなことなんてないです。

例えばですが、ある程度は映画が好きで、ある程度はマンガが好きで、ゲームも結構好き、、、くらいです。

別にこれで落ち込む必要はなくて、それは至って普通ですし、好きなことで生きている人も、もともとはそんな感じだったはずです。

※補足:現在は好きなことで生きている僕ですが、もともとはブログもプログラミングも好きじゃなかったです。この点は記事で後述します。

好きなことを見つける理由とは

そもそも、なんで好きなことを見つけるのか?
その理由は、「人生を楽しく生きたいから」だと思います。

じゃあ、人生を楽しく生きるには、必ずしも「好きなこと」が必須かと言われたら、別にそうでもない。

僕が思うに、「嫌いなことから逃げる」という行為をすれば、わりと人生は幸せになります。そして、この方が難易度が低いです。

嫌いなことはすぐに見つかる

考えてみてください。

質問です(5秒だけ考えてみてください)

  • 質問①:好きなことはなんですか?
  • 質問②:嫌いなことはなんですか?

大半の人は「好きなこと」を聞かれても言葉に詰まりますが、その一方で「嫌いなこと」を聞かれたら、わりとスラスラと言葉がでてくるかなと思います。

なので、嫌いなことを人生から消去していけば、残るものが「わりと幸せな人生」です。好きなことで生きたら「圧倒的に幸せ」かもですが、、、まぁ「わりと幸せな人生」でもいいかなと思いませんか。

嫌いなことから逃げることで、好きなことが見つかる話


スイマセン、僕の話をすこしだけ書きます。

好きなことなんて何もわからなかった僕は、最初は「営業職」をやってみました。 

そして気がついたのですが、、、営業はまじでシンドイ。
なので逃げました。

わかったこと:僕は営業が嫌いである。

営業をすることで、「営業が嫌い」という事実がわかったので、とにかく逃げました。

営業は一生やりたくないと思い、、、あと、できればスーツも嫌でした。 夏なのに汗だくでスーツとかって、、、かなり意味不明ですので。

「営業じゃないなら、プログラミングでいいかな」と安易な考えを持ちまして、プログラミング学習を始めました。

嫌じゃないから、頑張れた

プログラミングを始めてみて思ったことは、「そこまで嫌じゃないな」という感覚でした。

というのも、営業をしていると「常に胃が痛い」みたいな感じだったので、それに比べたら最高、みたいな感じですね。

そして、頑張っていくと、スキルが評価される機会も増え、、、気がついたら「あれ、プログラミング好きかも」という状態になっています。

そしてさらに、「プログラミング好きかも」と思えた段階では、スキルレベルも伸びており、場合によっては「プログラミングで食べている」という状態だったりしますので、そうなると「好きなことで食べている」が実現ですね。

新しく始めたことが嫌なら、天秤にかけよう

ぶっちゃけ言うと、プログラミング初期はつまらなかったです。
というか、最初の1年くらいは、別に楽しくなかった気がしますね。

でも、あるときに「あれ、自分のスキルを使えば、世の中にある大半のWebサービスは作れるな」という気付きを得たときに、「プログラミング楽しいじゃん」と思えた記憶があります。

とはいえ、学習初期なんて、楽しさよりも苦痛が多いです。

大切な考え方

嫌なことと、天秤にかけること。

僕の場合だと「プログラミング>>>越えられない壁>>>営業」ですので、プログラミングが苦痛でも、営業に比べたらかすり傷です。余裕すぎる。

好きなことを見つける手順+情報収集術とは


スイマセン、手順とかないです。
目の前に興味のあることがあれば、とりあえず試せばいいかなと。

三日坊主 = フットワークが軽い

三日坊主って、日本だとダメな例として考えられているけど、ちょっと違うように思います。

例えばですが、ブログとかで結果を出している人って、過去にいろいろなことに挑戦しては辞めて、また挑戦しては辞めて、を繰り返していたりします。

三日坊主を裏返したら、それはフットワークが軽いでして、現代風に言い換えるなら「初動力が高い」ですよ。

情報収集は狭く、深くが良い

頑張ろうかなと思える分野が決まったら、その分野のインフルエンサーをTwitterとかでフォローしつつ、その近辺の人もチェックすべきです。 そして、「あ、この人は信頼できそうだな」と思える人を真似したらOK。

正解は常に変化するので、迷うのは仕方ないですが、迷いつつも「行動」もすべきです。行動しないと、なにも始まらない&生まれないので。

未来予想は天才に任せたらOK

各分野のインフルエンサーをフォローしつつ、全体的な未来予想は、天才の言葉に従っておけばいいかなと思います。

天才3名(未来が見えていそうな人達)

  • ホリエモン
  • 佐藤 航陽さん(@ka2aki86
  • 落合陽一さん(@ochyai

ホリエモンのTwitterはあまり有益じゃない気がするので、、、フォローするのはNewsPicks内だけでいいかな、、と思っています。
» NewsPicks – 堀江 貴文

上記3名の著書は、できる限り読んでおくといいと思います。
例えば、今後の仮想通貨の盛り上がりとか、デジタルネイチャーの話とか、書籍内でわかりやすく解説されています。※おすすめ本は記事の文末に掲載。

こういった未来を考えると、ぶっちゃけ現代において「MBA取得」とかって、違うと思うんですよね。こういった感覚が養えるはず。

目的のない情報収集 = ただの暇つぶし

あと、情報をみたら、自分に置き換えて考えるべきです。こういった思考ができると、成果を出しやすくなるはず。

例えばですが、ブロガーとかなら、下記のツイートのとおり。

こんな感じで、常に考えつつ情報収集して、情報を受け取りつつ行動に落とし込む、みたいな感じですね。慣れたら自然にできます。

嫌いなことを続けても仕方ないですよ

というわけで、最後にまとめです。

嫌なことで消耗しても仕方ないので、嫌いなことから逃げつつ、「嫌いじゃないことで、生きていく」という人生を目指すのはいかがでしょうか。

嫌なことを排除すると、人生は「わりと幸せ」になります。わりと幸せな状態をキープできれば、人によっては生きづらい現代でも、なんとか楽しく過ごせるのでは、と思っています。

なお、営業がマジムリ・・・みたいな人は、プログラミングやブログもおすすめなので、学習手順の記事を貼っておきます。

というわけで、今回は以上です。
戦略的に嫌なことから逃げつつ、ほどよい幸福を手に入れましょう。

未来予想のために読んでおくべき本

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】