Written by Manabu Bannai

快適に生きたいなら「お客様意識」を捨てるべき話【実利追求で生きる】

LIFE

こんにちは、マナブです。

常に「お客様意識」を捨てて、生きてます。
その結果として、圧倒的に人生で得しました。

先日に下記のツイートをしました。

人生を生きる上で「お客様意識」は捨てるべき。
例えば、サービスを受ける上で「お金を払ったんだから…」という思考だと、傲慢な人格になり、結局は損します。それよりも、例えばスクールとかに入るにしても「どうやって貢献して、講師陣と仲良くなるか」を考えたほうが、圧倒的にコスパ良いです😌

上記を深堀りします。 ネタバレすると「お客様意識を捨て、実利主義で生き、良い無駄をする」がベストな生き方です。

快適に生きたいなら「お客様意識」を捨てるべき話


お客様意識は、ほぼメリットなしですね。

結論:自己満を満たすだけ

お客様意識を持つことのメリットは「自己満を満たすことのみ」かなと思います。

例えば、レストランとかで「自分は客=だから偉い」という空気を出す人がいますが、かなり「乙」という感じです。

たぶん人生で負けてばかりだから、ウェイターに対しては上から目線になりたいのかもですね。しかし、ウェイターがかわいそうです。

あとは、僕は格安航空に乗った時も、席が狭いと文句を言ってる客がいました。
子連れの客だったのですが、なんか悲惨ですよね。

お客様意識を捨てると、得する話

冒頭のツイートでも書きましたが、例えば「スクールに参加→主体的に運営に貢献する→講師陣と仲良くなる」とかですね。
こんなこと書くとあれですが、、スキルや知識なんて、その大半は独学できる訳なので。

スクールに通うにせよ、最もコスパの良い行動は「講師と繋がる」だと思います。

そこで気に入られたら、仕事とかを貰えるかもですし、もしかしたら飲みとかに誘われて、個人的に「オフレコな話」が聞けるかもです。

世の中のビジネスにおいては、この「オフレコな話を聞けるかどうか」でも、その後の成果に影響するはず。

体験談:お客様意識を捨てた話

参考までに僕の実体験を書いておきます。フィリピン留学したときの話です。

留学先の「寮」が、驚くほどに汚い

語学学校の寮が汚かったので、大半の生徒が文句を言っていました。
しかし、文句を言っても解決なんてしませんよね。僕は自己解決しました。

語学学校内で友達を作り、外部滞在する

簡単な方法です。下記です。

  • 手順①:まずは一緒に外部滞在できる友達を探す
  • 手順②:先生にチップを払い、物件を探してもらう
  • 手順③:寮を出て、コンドに住み、コストカット

上記のとおり。語学学校の寮は、汚いだけじゃなく、高いことにも気づいていました。なので、外に出ただけですね。

これは「お客様意識」があったら、できなかった行動だと思います。そして、僕は超格安で留学できたので、下記記事を書きました。 

この記事がバズったので、記事からの広告収入で、たぶん5万くらいは稼げたはず。かなりお得ですよね。

お客様意識を捨てると、評価も上がる話

もう1つだけ経験談を書きます。これはアルバイトをしていた頃の話です。

過去の僕は「使えないバイト」でした

キッチンスタッフとして働いていたのですが、僕は覚えが悪いです。そもそも料理とか下手すぎるので、迷惑をかけまくって、怒られ続けていたのですが、解決しました。

その方法は「早入りして、時給無視して、見学する」です。

上記のとおりで、要するに「僕のシフトは15時から」なのに、14時とかにバイト先に行き「勉強させてください」と言って見学します。これだけです。

これをすると、バイト先での評価が爆上がりします。

補足:打算的に行動した訳じゃないです

なお、当時の僕は「これで評価が上がるな…」と打算的に行動した訳じゃないです。
シンプルに迷惑をかけるのが嫌だったので、自分なりに考えて行動しました。そしたらラッキーだったということ。

とはいえ、シフトを1時間ほど前倒しで入るとか、別に余裕じゃないですか。
どうせバイト後に1時間くらい休憩したりするじゃないですか。その時間を削り、早入りして見学してればOKです。

※最終的に僕はキッチンのセンスがゼロだったので、フロアスタッフへの移動になりました。

お客様意識を捨てて「実利主義」で生きるべき話


実利主義とは「現実的な利益を追求する生き方」のことです。
人生を豊かにしたいなら、実利主義がベストです。

サービスに文句を言っても、意味ない話

もしかすると、ここまで読んで「概ね同意だけど、あまりに酷いサービスなら、お客さん視点で指摘すべきだ」という人がいるかもです。

しかし、僕はここも反対です。

なぜなら「サービスの質が低いなら自然淘汰されるので、わざわざ自分がそれを指摘するメリットが低いから」です。

レストランの質が低いからといって、指摘しても無駄です。客からのクレームなんて、ほぼ受け流されるだけですので。

そして、本当に価値のないレストランとかなら、勝手に潰れますよ。
わざわざ自分のエネルギーを使ってまで、批判する必要なしです。その批判にメリットはゼロです。

あなたが解決すべき問題は、なんですか?

世の中を見ていると「他人の問題に介入しすぎな人」が多いように思います。
例えばですが、インフルエンサーの意見に激オコになっても、意味なしですよ。

激オコなメッセージを送る前に、自分の問題を解決すべきです。自分の問題とは要するに「将来を豊かにするために、いま解決するべき課題」です。

例えば、スキルが足りないなら、勉強したらいいですよね。何を学ぶか決まっていないなら、読書でもしつつ、なにか探すとかです。

もしくは、家族や恋人との関係性が悪化してるなら、インフルエンサーに激オコするんじゃなくて、身近な人が「激オコな原因」を把握して、解決すべきですよね。

人生で無駄は大切だけど、2種類ある

実利主義の話をすると「そんな損得だけで生きて、楽しいですか」と聞かれたりします。しかし、僕は「無駄なこと」も重要だと思っています。

下記のとおり。

  • 良い無駄 → 精神が晴れる
  • 悪い無駄 → 精神が晴れない

上記のとおり。
例えばですが、レストランでお客様意識を持ちつつのクレームとかって、完全に「悪い無駄」です。

一方で、友達とBBQをしつつ、1日ずっとダラダラするとかは、良い無駄だと思います。

実利主義に当てはめると「無駄な行為」になりますが、とはいえ「良い無駄」なので、精神的にはメリットありですね。

お客様意識を捨て、実利主義で生き、良い無駄をする

というわけで、今回はこれくらいにします。
生き方の結論は下記ですね。

お客様意識を捨て、実利主義で生き、良い無駄をする。

ぶっちゃけ、これを意識できている人は、ほぼ存在しないと思います。

世の中ではゴシップニュースが人気ですが、国民の多くが「他人の噂話」を好んでいる証拠ですよね。
どちらかというと、噂をされる側にならないと、人生は停滞するだけかなと思っています。

小さな意識改革だけで、言葉が悪いかもですが「上位層の生き方」ができると思っており、僕は心地よく生きたいので、徐々に意識を変えました。

生き方は自由ですが、小さな変化が重なると、やがて大きな変化に繋がると思います。
僕は「お客様意識を捨て、実利主義で生き、良い無駄をする」という生き方をします。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】