Written by Manabu Bannai

ビジネスで成果を出すために「自己洗脳」する方法【五感に訴えかける】

LIFE Money

こんにちは、マナブです。
成果を出すために、すこし自己洗脳を意識しています。

さて、先日に下記のツイートをしました。

ちなみに、自己洗脳はわりと大切。
3年前の僕は「フリーランス月収30万円=凄すぎる」という認識でしたが、身近に「月収300万の友達」とかが増えてから、メンタルブロックを破壊できました。最近は「はやく月8桁を稼がないと、自分は雑魚」と言い聞かせつつ、現実を直視しつつ、淡々と作業してます

ちょっと怪しげなタイトルですが、、、中身は真面目です。
そして、別に怪しげな商材を売ったりしませんので、ご安心ください <(_ _)>

今回は、ビジネスで成果を出すための「自己洗脳」について解説します。

世の中では「自己洗脳できれば成功する」といった本やメッセージが溢れていますが、、僕は反対派です。

ただ自己洗脳だけじゃ成功しませんが、なにか成果を出す際に、わりと大切な要素だと思っており、記事で可能な限り論理的に解説します。

スポンサードサーチ


ビジネスで成果を出すために「自己洗脳」する方法


繰り返し、五感に訴えかけることです。

あなたの年収=あなたの友達5名の平均年収

よく聞く言葉かもですが、、あなたの年収はいくらですか? そして、身近な友達5名を思い浮かべて、平均年収を計算してみてください。

それがあなたの年収になるはずです。
そして、このあたりがわりと「自己洗脳」と近いと思っています。

あなたにとっての普通=周りの友達が考える普通

世の中には、次のような言葉が溢れています。

  • 会社で頑張っても、普通の人は手取り25万とかですよ
  • フリーランスとして独立しても、普通の人はうまくいかない
  • 起業なんてリスクが高すぎる。普通の人は失敗するよ

こういった言葉ですね。
日常会話でも「普通は〜」という言葉を使う人が多いですが、そういった人は「自分の中での常識」に囚われている場合が多いです。

別に悪いことではないですが、、そういった「あなたの中での普通」は「メンタルブロック」に繋がります。

そして、メンタルブロックとは「なにか行動する際に、否定的に考えてしまう思い込み」です。

日本の常識=世界の非常識

現在の僕は、この記事をバリ島で書いています。
海外に出てみると「日本の常識は通用しないな、、」と思うことがでてきまして、バリ島での日常をすこし記載します。

  • 店員がひたすらスマホをイジっている
  • 道端でひたすら座っているオジサンが多い
  • カフェでお客さんと目が合うと、めっちゃ笑顔

こういった感じで、これらはすべて今朝の出来事です。日本だったら起こりづらいですよね。

そして、これをミクロの視点で考えると、「あなた&あなたの身近な友達の常識=他の人にとっては非常識」だったりします。

自己洗脳の結論:繰り返し、五感に訴えかけること

スイマセン、本題が遅れてしまったのですが、これが結論です。

自己洗脳するには「繰り返し、五感に訴えかけること」が大切で、そのためには「最適な環境に身を置く」ということが大切です。

  • 優秀な人に囲まれる → あなたの成果も伸びやすい
  • 高年収の友達に囲まれる → あなたの年収も伸びやすい
  • 起業家に囲まれる → あなたの行動力も高まりやすい

こういった感じなので、要するに「自分が目指す状態に、一緒に近づける人と一緒に過ごしましょう」ということですね。

例えばですが、「副業で稼ぎたい」と思っているのに、周りの友達が「副業なんて無理でしょ、残業してる方がマシ」と考えているなら、あなたの成果は伸びづらいですよ。

自己洗脳する能力を高めるために、知っておくべきこと


結論を繰り返すと「流されたい環境に、身をおくこと」ですね。

すると、日常的に五感に訴えかけることができるので、それが自己洗脳に繋がります。
これが最も大切なのですが、他にもあります。

自己洗脳する際にやるべきこと

  • その①:言葉にして、宣言する
  • その②:目指す人の言葉を、繰り返し聞く
  • その③:常に自己否定を繰り返す

順番に見ていきます。

その①:言葉にして、宣言する

例えば「目標をツイートする」とかでもOKだと思います。
大半の人は「目標を宣言するなんて、恥ずかしい」と思いますが、そういった気持ちは捨ててOKですよ。

世の中の大半の人は「あなたに興味がない」という状態なので、気にせずにガンガン宣言して、失敗したら、もう一度トライするだけです。

そして、言葉にして宣言することで「それが自己洗脳に繋がり、たぶん成功率が高まる」と思っており、お得ですよね。

その②:目指す人の言葉を、繰り返し聞く

だれか目標にする人がいるといいですね。そして、例えば「その人のセミナーの音声」とか「その人のYouTubeの音声」とかを繰り返し聞きます。

これは僕も実際にやっている方法ですが、目指す人の思考を「そのまま自分に取り入れる」という点で役立っていると思っています。脳ミソをコピーする感じですかね。

注意点:憧れの人の音声を聞いても、NGです

1つ補足すると「憧れている人の音声じゃダメ」と思っています。

別に聞いてもいいと思いますが「憧れ」と「目標」は意味が違います。あなたの遥かに上にいる人だとしても「この人に追いついてやる」という気持ちで音声を聞きましょう。

その③:常に自己否定を繰り返す

例えば下記のツイートですね。

ありがたいことにTwitterやYouTubeでのフォロワーが増えているのですが、僕は常に自己否定をしています。
例えるなら下記の感じです。

  • コップの中の水が、半分しか残っていない
  • コップの中の水が、半分も残っている

上記の感じで、人によっては「Twitterでフォロワーが5万人を超えたら、それはスゴい」と感じるかもですが、、、僕の場合は「たったの5万人しかいないので、少なすぎる自分は雑魚」と考える感じですね。

もちろん「頑張ってきた自分は偉い」と褒めることも大切ですが、上には上がいますからね。
あえて「自己否定」をして、さらに上を目指すモチベーションを保つという感じです。

むやみに、人に会わなくていい

僕の元にも届くのですが、「ぜひ会ってください」とか「お話を聞かせてください」というメッセージが多いです。

これらを否定はしませんが、むやみに人に会っても、あまり意味ないと思います。

僕が思うに「人に会うタイミングは自然に訪れる」と思っているので、基本的な流れは「まずは限界まで挑戦する→大きな壁にぶち当たる→出会い→壁を乗り越える」といった感じですかね。

かなり抽象的な話になってしまいましたが、あくまで僕の考えです。

なので、むやみに人には会わず、日々淡々とやるべきことを積み上げるだけですね。というわけで、引き続き頑張ろうと思います。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】