Written by Manabu Bannai

Moneyに関する記事一覧


LIFE Money

大半の人は「収入=社会に価値提供した金額」と考えますが、これは勘違いです。資本主義には効率的な稼ぎ方があるので、効率を追求すると、収入が異次元になります。なお、記事の読み方によっては「少ない社会貢献量で、大幅に稼ぐ方法」という記事です。賛否両論かもですが、大切な話です。

LIFE Money

最近は時代が変わってきてますね。若いうちから「自分で稼ぐ」という人が増えており、今後はさらに加速するはず。そして企業側も「最近のフリーランスは、わりと良い」という認識に変わると思うので、流れがさらに加速。僕はフリーランスですが、上場企業から仕事を頂いております。生きやすい時代。

LIFE Money

YouTubeの質問にて「稼ぐために何を勉強したらいいですか?」と聞かれるけど、質問がズレてるなと感じます。6年前の僕はアルバイトが嫌だったので、即時アフィリを始めました。失敗したけど、今に繋がっています。つまり、稼ぎたいなら、今日から「お金稼ぎ」を始めるべきですよ。稼ぎながら勉強する。

LIFE Money

ちなみに、お金がなくて辛いなら、どんなに汚い手でも、稼ぐべき。成功者の自伝とかを読むと、みなさんスタート地点の稼ぎ方は、わりと汚いですからね。汚い話なので、自伝の中で一行くらいしか解説されておらず、しかし超重要です。僕も含め、周りの友達も「0→1」で稼ぐフェーズはガムシャラです。

LIFE Money

たまに聞く話で「お金を稼ぎたいなら、たくさん使え」と言われたりするけど、あれは嘘ですね。たくさん使ったところで、稼げるようにはなりません。むしろ、事業を育てる上で「貯金=体力ゲージ」なので、体力が減るだけ。お金を使うのは、月収1,000万を超えてからでいいと思う。そこまでは日々精進。

LIFE Money

最速でお金持ちになる方法。手順①:労働収入を最大化する。手順②:全ての収入を投資する。基本はこれだけですよね。労働収入は限界があるので、投資をしないと不可能。この法則は「21世紀の資本」で解説されています。ポイントは「大富豪の収入の大半は、金融収入であること」だと思っています。

LIFE Money

ちょっと朝から「お金の貯め方」を解説すると、それは「稼いだお金の10%しか消費しない」ということです。月収30万なら3万円、月収100万なら10万円です。大半の人はこれ以上に使っていると思いますが、それだと貯まらないですよ。貯金がないと挑戦もしづらいので、鬼貯金が大切。

LIFE Money

最近思うけど、どんなに頑張っても「正しい働き方」をしないとお金は稼げないですよね。わかりやすい例だと、会社員を続けるなら、たぶん収入の限界は「長時間労働で年収1,000万」くらいだと思う。一方で、自分でブログを書くとか、YouTube発信するといった働き方だと「暇人で年収5,000万」とかが可能。

LIFE Money

ちなみに、自己洗脳はわりと大切。3年前の僕は「フリーランス月収30万円=凄すぎる」という認識でしたが、身近に「月収300万の友達」とかが増えてから、メンタルブロックを破壊できました。最近は「はやく月8桁を稼がないと、自分は雑魚」と言い聞かせつつ、現実を直視しつつ、淡々と作業してます。

LIFE Money

よくある話で「稼いでいる人ほど、暇人である」というのは、マジで事実だと思う。経験からも思うことで、ぶっちゃけ月収80万円くらいの時期は、かなり忙しかった。いまは月収300万を超えるようになってきたけど、わりと時間に余裕がある。とはいえ、毎日6時間くらいは労働してるので、働きすぎです。