Written by Manabu Bannai

投資信託を1,000万円購入したら、いきなり損した話【30万円、消失】

LIFE Money

こんにちは、マナブです。
投資信託で1,000万円ほどを運用しています。

先日に下記のツイートをしました。

株価暴落により、なんか30万円くらい資産が減っている…🙈
まぁどうでもいいのですが、しかし、資産運用を始めると、経済ニュースに関心が湧きやすくなりますね。ここ5年くらいは、ITのニュースしか読んでいなかったけど、金融系のニュースにも、自然とアンテナを貼れるようになった

30万円くらいの損失ですが、気持ちとしては「あぁ、そうか」くらいです。

損しても焦らない理由はいくつかありまして、本記事で解説していきます。 また、記事後半では「投資信託で損したくない人がやるべきこと」も解説していこうと思います。

補足:記事の信頼性として投資データを公開します


上記のスクショのとおりで、SBI証券の「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」で約1,000万円を運用しており、現在は273,000円ほどの損失です。

スポンサードサーチ


投資信託で損をしても、あまり気にならない理由


理由は次の3つです。

  • 理由①:短期売買に興味がないから
  • 理由②:リスクを把握しているから
  • 理由③:本業で十分な収入があるから

順番に解説します。
ここを理解すると「ドキドキせずに、論理的な投資」が出来るようになるはずです。

理由①:短期売買に興味がないから

基本スタンスは「5〜10年スパンの長期投資」です。
長期投資をする理由はシンプルで「リスクを減らしつつ、期待できるリターンを増やすため」です。

投資のスタンスを3行でまとめる

  • 長期で積立投資する
  • 世界に幅広く投資する
  • 市場平均に投資する

上記を意識しており、実際に投資の勉強をして、論理的に理解できた情報に沿って、行動をしているだけです。感情は排除しています。 ※なお、学習書などは記事の後半でまとめます。

理由②:リスクを把握しているから

投資とリスクはセットです。
リスクを取らないと、リターンはありません。

僕が所有する投資信託のリスク


歴史が浅いので微妙ですが、トータルリターンをみたら分かりますよね。今のところは順調ですね。
» 参考:eMAXIS Slimバランス(8資産均等型|収益チャート

補足:貯金はリスクヘッジにならない話

「リスクが怖いから、ひたすらに日本円を貯金しておけば安心か?」と思うかもですが、そんなこともないです。 日本経済が下がれば、円の価値も下がるわけなので、つまり「日本円を持つ=日本に投資する」というイメージですね。

なお、僕の考えとしては「日本はこれから、あまり伸びないと思う」と思っており、かつ、「特定の国が伸びることを、ピンポイントで予想するのは難しい」と考えているので、世界全体に投資するというスタンスです。

理由③:本業で十分な収入があるから

投資金額としては、投資信託に1,000万円・ロボアドバイザーに200万円・仮想通貨に500万円くらいなのですが、ぶっちゃけ0円になってもいいかなと思っています。

もちろん0円になったら、1日くらい萎えるかもですが、とはいえ、本業で十分な収入があり、かつ、生活費は月10万円くらいで満足なので、、、投資は完全に余ったお金で運用しているだけです。

あと、金融知識を増やしたら気がつくと思いますが、「投資で大儲け」とかって、ほぼムリゲーだと思います。 

貯金よりはマシなので、とりあえず放置で運用して、空き時間は本業に集中したり、それこそ「新しいスキルの学習に時間を使う」という生き方をした方が、生産的です。

投資信託で「損したくない人」がやるべきこと


知識をつけることです。

そもそも、損をしないことは不可能です

行動したら、リスクがあります。

  • 車に乗れば、事故リスクが高まる
  • 飛行機に乗れば、墜落するリスクがある
  • 日本に住めば、地震リスクが高まる

上記の感じで、行動とリスクはセットです。

じゃあ、リスクを避けるために「基本的には動かず、自然災害の少ない国の無菌室とかで生きる」という選択をするにしても、そこには「免疫力が低下するリスク」がありますので。

リスクを把握したら、論理的に生きれます

人生の生き方は2パターンあります。

  • 感情的に生きる
  • 論理的に生きる

どちらが正解とはいえませんが、僕は「論理的に生きること」を選びました。

感情的に生きる場合は、「チャートを見ながら博打して、一喜一憂する」という感じ。 たしかに、FXで1億を稼ぐことは可能ですが、ちょっと計算したら「その確率は、驚くほどに低い」ということに気がつきます。

FXで1億を稼ぐことのイメージとしては、「1,000人を集めてじゃんけん大会をして、あなたが優勝まで勝ち続ける)みたいなイメージです。

確率的には「あり得ること」ですが、とはいえ、、、僕はそういった「夢」を追いかけることはやめました。 その代償は大きいですからね。僕は、現実的に稼ぎやすい道を選びます。

知識を身につけるには、読書に限る

過去に投資系の本を読み漁ったのですが、ここで3冊だけピックアップします

補足:本を選ぶ際の基準

  • その①:内容が論理的で分かりやすい
  • その②:著者が金融関係者じゃない
  • その③:具体的な行動に繋がる内容である

僕が紹介する本は、上記の基準を満たしています。

とくに「②著者が金融関係者じゃない」は、わりと重要だと思っていまして、金融機関に務める人の著書では「ポジショントークのように思える、論理的じゃない内容」と感じる本がいくつかありました。 なので、そういった本は紹介しません。

1冊目:20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

投資の入門書です。

基本的には「積立投資のメリット」が解説されており、よくある話ですが「積立投資なら、相場が下がっても儲かる」という事実がありまして、このあたりがわかりやすく解説されています。

完全な入門書なので、基礎がわかるなら買わなくてもいいですが、マンガなので30分くらいでサクッと読めますし、読んでみるのもありです。

※余談ですが、Kindle Unlimitedに該当する商品なので、読み放題に課金すると無料で購入できます。オトクですね。

2冊目:臆病者のための億万長者入門

投資の基本スタンスを学べる本です。

著者の橘玲さんは、わりと有名人でして、すごいざっくりな解説としては「論理的に生きていきたいなら、彼の書籍は必読」という感じです。

本書の基本スタンスは「市場は予想できないから、銘柄選択をやめて株式市場をまるごと購入することが得策」といった論調になります。

これは合理的な考え方であり、投資の神と呼ばれるウォーレン・バフェットさんも「初心者には、株式市場をまるごと購入する=インデックス投資」を薦めています。

読んでおいて確実に損をしない一冊です。
自信をもってオススメしますので、ぜひ手に取ってみてください。

3冊目:お金は寝かせて増やしなさい

個人投資家の著書でして、圧倒的に分かりやすい。

順番としては「”臆病者のための億万長者入門”で投資の概要を理解して → ”お金は寝かせて増やしなさい”で実際に投資を始める」という進め方がいいかなと思います。

著者の水瀬ケンイチさんはネットでも積極的に発信しており、主張も論理的なので信頼できます。こちらも読んでおいて損しない一冊です。

証券口座も、申込みだけしておこう

証券口座も作っておくべきです。
開設に時間がかかるので、早めに申し込みしておくと良いかなと。

証券口座は上記の2社でOKです。
選んだ基準は「手数料が安いから」という理由です。

僕はSBIがメインですが、楽天でも大差ないです。 あと、楽天は「楽天ポイントで投資」とかもできるので、ポイントが余っている人は楽天がありかもですね。

リスクを理解して、投資行動を始めよう

というわけで、リスクを理解した上で、投資を始めてみることをオススメします。

貯金という形で「間接的に日本に投資する」というスタンスもありですが、、、ぶっちゃけあまり得策じゃないと思っており、日本よりも、世界に投資した方が良いのでは、と思っています。

そして、投資が完了したら、基本的には放置して&忘れて、本業に集中し、収入を増やしていくことが、人生の質を高める最適解だと思います。

これを機に、ぜひ検討してみてください(`・ω・´)ゞ

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】