Written by Manabu Bannai

【体験談】ネットで信頼を得る方法【3つの手順が必要です】

LIFE

こんにちは、マナブです。
ネットで信頼を得て、その信頼をお金に変えつつ、生きています。

さて、先日に下記のツイートをしました。

✅ネットで信頼構築する手順
①現実世界で、なにか成果を出す
②成果の出し方をネットで発信する
③最初は利益度外視で、貢献する
多分ですが「②」だけをやっている人がいて、それだと伸びづらいです。あと、最初から稼ごうとするのも良くない。徹底的に貢献したら、売上は後から付いてくる

上記のとおりネットで信頼構築を意識した結果、自然と商品が売れるようになりました。 先日にはYouTubeで「おすすめ本」を紹介したら、4,000冊くらい売れました。

今回は「ネットで信頼を得る方法」について深掘りしつつ、解説していきます。

スポンサードサーチ


ネットで信頼を得る方法【3つの手順が必要です】


繰り返しですが、下記のとおりです。

  • その①:現実世界で、なにか成果を出す
  • その②:成果の出し方をネットで発信する
  • その③:最初は利益度外視で、貢献する

その①:現実世界で、なにか成果を出す

ここが最重要です。

というか、現実世界で成果を出していないのに、あたかも成果を出したかのように発信するとかって、、、ただのペテン師ですからね。

たまにそういった人を見かけますが、そのうちバレるのでやめたほうがいいと思います。

圧倒的な成果は、必要ない

ネットの世界には「ブログ収入が月7桁」とか「起業して半年で売上1,000万」とか「3ヶ月で営業成績No1」といったキラキラした経歴の人が多いですが、、、圧倒的な実績は必要ないです。

もちろん持っているに越したことはないですが、なくても大丈夫です。

まずは、現実世界とネットをシンクロする

ここからは僕が使った方法の話です。

現在の僕のメイン収入は「プログラミングスクールの紹介料」の報酬なのですが、下記の記事から発生しています。
» 無料あり:エンジニアの僕がおすすめするプログラミングスクール3社

僕のブログは「プログラミング学習」の領域でGoogleからの評価が高いのですが、その理由は「過去の積み重ね」です。

例えば、下記のような記事です。

こういった記事を「僕が過去に学習しつつ、自分のためにまとめた」という経緯があります。

こういった積み重ねをしていたら、徐々に稼げるようになり、そういった情報も発信していたら、サイトの信頼が高まったという経緯です。

そして、さらにこういった情報をSNSでも発信することで、サイトだけじゃなく「発信者自身」にも信頼が溜まり、その信頼は「フォロワー」という数値で可視化されるようになります。

厳密には「フォロワー数=信頼度」ではないですが、、、ある程度は信頼度と相関していると思っています。
※SNSでの発信方法は下記でまとめています。
» Twitterでフォロワーを増やす方法【失敗する理由は超簡単です】

その②:成果の出し方をネットで発信する

繰り返しの説明になってしまいますが、まとめると下記のとおりです。

  • まずは現実世界で努力する
  • その過程での学びをネットで発信する
  • 徐々に成果が出るようになる
  • 成果の出し方もネットで発信する
  • すると、ネットで信頼が貯まる

こういった流れですね。

何度もいいますが、大切なことは「まずは現実世界で努力して、そして成果を出す」ということです。

ここがないと、あなたの情報に説得力はないですからね。
もっというと、仮に「圧倒的な成果を出している人」なら、仮に発信が雑だったとしても、信頼が集まると思います。

その③:最初は利益度外視で、貢献する

まずは徹底的にGiveしましょう。

Giveしまくることで、あなたのフォロワーは「あなたから商品を買いたい」という状態になります。

こういった戦略を書くと賛否両論ありそうですが、書いちゃいますね。
比較対象を出しつつ、下記で説明します。

  • あまりGiveせずに、商品を売る人→例えば、Twitterでフォロワーが伸びたら、すぐにそのノウハウを売る人→お客さんが価格にシビアになる。半信半疑で購入するので、不満が出やすい
  • 圧倒的にGiveをした後に、商品を売る人→日頃からあなたのGiveを受け取っているお客さんなので、双方で認識のズレが起きづらい。つまり、お客さんが期待する商品価値を提供しやすいので、批判が減り、満足度が高まる

ざっくり上記の感じでして、ここは完全に僕が正しいとは言えませんが、、、僕のスタンスとしては「欲しいと言われたら、作る」くらいのスタンスで考えています。押し売りとかはあまり好きじゃないので…。

なお、最近は「プログラミング学習のサービス」を作っていますが、作り始めた理由は「プログラミング学習方法に関する質問が、大量に届くから」です。

そういった質問から「学びたい人のニーズ」とかも推測できますし、そこらへんの企業よりも、良いものが作れると思っています。そして無料で提供します。
» 参考:プログラミングで稼ぐための「完全学習ロードマップ」を公開します

ネットで信頼を得るための「細かいテクニック」を紹介


ちょっと多めになってしまうのですが、下記のとおりです。

  • 実名&顔出し
  • 数字を出すこと
  • 立場を明らかにする
  • 長期間、継続する
  • 動画を公開する
  • 話を盛らない

サクッと解説していきます。

実名&顔出し

まぁ、当たり前の話ですよね。

現実世界で誰かと話すときに、相手が「名前と顔」を隠していたらどう思いますか?

ネットの世界でも同じです。ちゃんと実名と顔を出しましょう。隠している人には、それなりの理由がありますからね。

なお、人によっては「会社にバレたくない」と考えて顔を隠す人もいますが、、、そういった感じだと、基本的に「会社にバレようとも、顔を出している人」には勝ちづらいですね。

僕は顔を出しまくる人生を選びました。

数字を出すこと

ネットで信頼を得るには、まじで数字が大切です。次をご覧ください。

  • 営業で良い成績の私が、営業の極意を教えます
  • 営業で月間売上1億の私が、営業の極意を教えます

どちらの話を聞きたいですか?
言うまでもなく、後者ですよね。

そして、数字はバカでかくなくても大丈夫ですので、現時点でのあなたの「数値的な実績」を出すようにしてください。

立場を明らかにする

ここも大切。僕の立場は「フリーランス」と名乗っていますが、世の中には「会社経営者」といいつつも、会社情報を隠す人がいます。これだと怪しいですよね。

たぶんそういった人は「ペーパーカンパニー」といった形だけの会社経営とかをしているのかと思いますが、そんな感じで情報をすこし偽ったりすると、信頼性の低下に繋がるかなと思っています。

長期間、継続する

これは会社に例えるとわかりやすいかもです。

  • 創業1年
  • 創業5年

どちらを信じますか?

僕は後者です。ちなみに、僕のブログ歴は6年なのですが、この事実は、ブログの各所に記載しており、信頼性を高める伏線にしています。

動画を公開する

YouTubeを始めて気がついたのですが、、、動画の効果は大きいですね。

文章だと視覚のみですが、動画を出すことで「視覚&聴覚」に訴えかけることができるので、信頼度が高まるんだと思います。

動画公開のハードルはすこし高いですが、、、現代ならスマホでサクッと撮影できる時代なので、チャレンジする価値は大いにあると思います。

話を盛らない

話を盛っちゃう人が多いですが、、、例えば「初心者必見」とか「永久保存版」とかですね。

まぁ場合によっては使ってもOKですが、、、薄い情報とかを発信しつつ、永久保存版とかって書いちゃうと、読者の失望に繋がりますね。

要するに、読者の感情として「お、すごそうな情報だ→なんだこれ、、、しょぼいじゃん→書いてるの誰だよ、、、→もうこの人の情報は見ない」という感じですね。

なので「必見」とか「保存版」といった言葉を使う時は、すこしお気をつけください。

基本スタンスは、素の自分でOKです

というわけで、最後に要点を書くと「素の自分で発信しましょう」ということです。

たまにネットでキャラを作る人がいますが、それだと逆効果です。現実世界で信頼を得るにも、ネットで信頼を得るにも、基本的な方法は同じです。

今回の記事の方法に沿って継続したら、ほぼ確実に成果に繋がると思います。コツコツと、積み上げていきましょう。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】