Written by Manabu Bannai

Webマーケティングに年齢は関係ない【過去スキルを活かすべき話】

スポンサー

Webマーケティング業界に転職したいけど、年齢的にどうなんだろう…と悩む人「Webマーケティング業界が気になるけど、30歳を越えてる自分でも大丈夫なのかな…? 元々な他業種にいたのでWebマーケティングは未経験だし…。でも、Webマーケティングに興味が湧いてきたので、キャリアチェンジしてみたいな。ぶっちゃけ、年齢の壁はあるのだろうか…?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Webマーケティングで「年齢」は関係ない話【注意点あり】
  • Webマーケティングに年齢は関係ないけど「過去スキル」は活かすべき
  • Webマーケティングで最も大切なスキルは「顧客視点」です

この記事を書いている僕は、Webマーケティング歴は6年ほど。
過去には様々な商品をインターネットで売ってきたけど、「Webマーケティングに年齢は関係ない」と思っています。

なぜなら、22歳で脱毛商品を売りまくる友人もいれば、30代後半とかでキャピキャピ女子向けのWebマーケをやっている友人もいるからです。

基本的にWebマーケティングって、訓練すれば上達するので、年齢とかで可能性を狭めずに、やりたいと思えるならトライすれば良いと思います。

以上が結論なのですが、本記事では「Webマーケティングと年齢」について深掘りしつつ解説しようと思います。

Webマーケティング業界への転職を考えているけど、、、年齢的にどうなんだろう、、、と悩んでいる方向けの記事です。

スポンサードサーチ


Webマーケティングで「年齢」は関係ない話【注意点あり】


結論としては、年齢は関係ないです。
先ほども書いたとおりですが、22歳で脱毛商品を売りまくる人もいれば、30代後半なのにキャピキャピ系の美容商品を売る人もいますので。

あと、すこしググればわかるけど、40代とかでも採用募集している会社はありますね。なので、年齢が上だからといって、可能性を狭める必要はないと思います。

会社選びの注意点:若すぎる会社は避けるべき

Webマーケティング業界って独立しやすいので、20代前半で起業する人も多いです。
でも、あなたが30代を越えているなら、若すぎる会社は避けるべきかな、、、と思います。

考えてみたら分かることですが、例えば22歳の女性が起業している会社とかで、うまく活躍するイメージが湧きますか? 22歳の女性起業家が、10代向けに美容品を売っているとかだと、、、ぶっちゃけ30代だとちょい厳しいのかな、って思ってしまいます。

もし仮に、「どうしても10代向けに美容商品を売りたいんだ!」って気持ちがあるなら否定はしませんが、、、ある程度は「自分と親和性の高い会社」を選ぶほうが得策だと思いますね。

基本的には、自分の興味関心で会社選びをすればOK

Webマーケティングとは、「インターネット上の営業」と同じです。
「自分が好きな商品」と「あまり興味のない商品」だったら、売りやすいのは「自分が好きな商品」ですよね。

会社選びも同じでして、例えばゲームが好きなら、ゲーム系のWebマーケティングをやっている会社を選ぶのが良いかなと思います。映画が好きなら、映画系のマーケティング会社とかですね。

もちろん、未経験とかだと完全に希望通りにはいかないかもですが、基本的な会社選びの軸としては、「自分が興味関心の高い分野」、もしくは「好きになれそうな分野」を選ぶと良いかなと思います。

別に自分が好きじゃない商品を売るのも否定しませんし、別にそれでもいいと思うのですが、、、どうせなら興味ある商品を売るほうが、人生の質が向上するんじゃないかなと思います。

Webマーケティングに年齢は関係ないけど「過去スキル」は活かすべき


次のような勘違いは良くないです。

Webマーケティングに関する勘違い

Webマーケティングを学びたい = Webマーケティング会社に就職すべき

上記だと、すこし視野が狭くなっちゃいます。

例えばですが、現在経理のスキルがあるなら、そのスキルを活かしつつ転職する方がいいんじゃないかなと。未経験でも雇って貰えるのですが、スキルを持っている方が給料は高くなりますからね。

具体例:経理経験のある人が「就職しつつWebマーケを学ぶ」場合で考える

結論としては、Freeeみたいな会社を選ぶと良いかなと思います。

Freeeってどんな会社? なぜ、Freeeがオススメ?

  • Freeeは確定申告をIT化したソフトを販売する会社です
  • いわゆる、フィンテック業界の会社でして、現在は伸びまくり
  • Freeeは経営ハッカーというWebメディアを運営している
  • Webメディアは月間200万PVでして、普通にスゴイです
  • Freeeなら、経理スキルを活かしつつ、Webマーケを学びやすい

こんな感じです。
基本的に日本企業はWebマーケティングが下手くそですが、自社メディアで成功している会社は、Webマーケティングが圧倒的にうまい傾向ですね。

Freeeに経理経験を活かして入社しつつ、社内的にWebマーケ部門に関われるように、社内アピールすればいいんじゃないかなと思います。たぶんですが、「記事を書かせてください!」とか言えば、基本的にはOKされるはずなので。

※Webメディアのアクセス数は、SimilarWebというサイトを使うと計測できます。使い方は【無料版】SimilarWeb(シミラーウェブ)の機能と得られるデータを参考にどうぞ。

なお、「Webメディアで成功している会社」という条件だと、ぶっちゃけかなり少ないので、「Webメディアやブログ運営に力をいれいている企業」という軸でもいいかなと思います。

そういった会社で働きつつ、Webマーケ部門とかで色々実験しつつ頑張るのもありだと思います。Webマーケって習うより慣れろなので、経験を積みまくるのが大切です。

Webマーケティングで最も大切なスキルは「顧客視点」です


現在はアフィリエイトで一定額の収益を立てている僕ですが、Webマーケティングで最重要なのは「顧客視点」だなと思います。
※アフィリではサラリーマン月収以上の収益が出ています。詳細はアフィリエイト学習の完全マップ|知識ゼロ→月10万円を目指す方法をどうぞ。

顧客視点とは要するに、「相手の立場になって考える力」です。
こういった力を養うのに、年齢はとくに関係ないですね。

ちょっと大げさな例えですが、スティーブジョブスがiPhoneを発売したときは52歳だったみたいです。なので、50歳を越えていても、素晴らしい商品は生み出せますし、素晴らしいマーケティングも出来るんはずですよね。

若い = 強いという業界じゃない

WebマーケティングとかITって聞くと、「若いほうが有利」と思うかもですが、ぶっちゃけそこまで関係ないです。

Webマーケティングにしろ、プログラミングにしろ、しっかり勉強すれば身につくものなので。年齢よりも、「人生でどれくらいPCに触ってきたか」の方が重要だと思います。僕の経験上ですが、パソコン好きな人は、IT系の上達が早いので。

顧客視点を学ぶにはどうするか?

Webマーケティングは、習うより慣れろです。
一番の方法は、「自分で商品を売ってみること」ですね。

ぶっちゃけ就職なんかしなくても学べるのですが、いきなりガッツリ稼げるとかじゃないので、「働いて稼ぎつつ学ぶ」のが良いのかなと思います。

余裕があるなら、自分でブログを作ってみて、実践から学ぶのがいいと思いますよ。ブログアフィリとかなら、学びつつお小遣いを稼げますので。

※具体的な方法は【超簡単】アフィリエイトを始める3つの手順【3万円稼げる保証付き】で解説しています。

未経験でも就職可能、飛び込むのが上達への近道

繰り返しですが「Webマーケティングは習うより慣れろ」です。
未経験でも雇って貰えるので、まずは就職しちゃうのが吉かなと思います。

上記がオススメなサイトです。

なお、「未経験なので怖いな・・・」と思う人は、Webマーケティング業界の仕事内容の記事(Webマーケティング企業の『仕事内容』は2種類ある【業界人が語る】)をどうぞ。以外と簡単なので、不安が取れるかなと思います。

というわけで、今回は以上です。
転職・副業・独立がしやすいWebマーケティング業界ですが、わりと生き心地は良いのかなと思います。ぜひトライしてみてください(`・ω・´)ゞ

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】