Written by Manabu Bannai

Webマーケティング企業の『仕事内容』は2種類ある【業界人が語る】

LIFE Work

Webマーケティングの仕事内容が気になる人「Webマーケティング企業の仕事内容を知りたい。これからWebマーケティング業界に行ってみたいけど、果たして自分でも業務をこなせるかな? 数字とかあまり強くないし、、、少し心配です。具体的な仕事内容を見つつ、業界研究したいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Webマーケティング企業の仕事内容は2パターンあります
  • ぶっちゃけ、Webマーケティングの仕事内容は簡単ですよ
  • Webマーケティング業界で仕事を覚える流れ【2ステップ】

この記事を書いている僕は、Webマーケティング歴6年ほど。
現在はWebマーケティングをメインにフリーランスをしており、アフィリエイトで収益を立てつつ、企業向けにSEOのコンサルティングをしております。

アフィリエイトでは、月間100万円以上の収益を作れており、企業向けにはオーダーメイド型でSEOコンサルをしています。
» アフィリエイトで月100万を達成して思うこと【実名+サイト公開あり】
» Webマーケティングコンサルティングの依頼ページ

こういった経験から、Webマーケティングには精通しており、その経験から情報をまとめようと思います。

今回のテーマは「Webマーケティング企業の仕事内容」について。
具体的な事例を交えつつ、初心者でも分かるように解説します(`・ω・´)ゞ

スポンサードサーチ


Webマーケティング企業の仕事内容は2パターンあります


次の2パターンです。

  • その①:SEO系
  • その②:広告系

概要、ざっくりな仕事の流れ、有名企業の順番に解説しますね。

その①:SEO系の会社の仕事内容

言葉のとおりですが、SEO最適化が仕事ですね。

SEOとは検索エンジンで上位を取る技術でして、例えば「不動産投資」とかで1位を取れたら、毎月数千万単位で売上が立ちます。あとは、「脱毛」とかでも数千万かな。

こういった「お金になるキーワード」というのが世の中に転がっていまして、そこを狙っている企業が多いです。しかし、大半の企業はSEOノウハウなんて持っていないので、Webマーケティング企業に依頼する、という感じです。

業務の流れ

ざっくり解説すると、「①狙うキーワードを決めて、②上位を取れるように施策をサポートする」という感じ。

例えば、「採用に困っている京都にある不動産会社」があったとします。
その場合は、「不動産 求人 京都」みたいなキーワードで上位を狙えばOKですので、ここに向けての戦略を作るという感じですね。

なお、会社によりけりですが、「実務もやる企業とそうじゃない企業」があります。
会社規模が大きくなるにつれて、実務はやらないって会社が多くなる傾向ですね。理由は単純で、実務をやらない方が利益率が高まるからです。

有名企業

その②:広告系の会社の仕事内容

広告系とは、GoogleやFacebook広告を運用する仕事です。

例えば、バレンタインデーに向けて新作チョコを売るときには、Web広告が便利です。2月とかだと「バレンタインデー」でググる人がめっちゃ増えるので、そこに向けて広告を作りつつ、GoogleやFacebookで配信する感じです。

業務の流れ

広告プランナー的なイメージだと分かりやすいかもです。

A社が新作のチョコを作ったとして、じゃあ「どういったデザインで、どういったキャッチコピーで、どういった予算で売りますか」というのを明確化していきます。

とはいえ、電通とか博報堂みたいな、「クリエイティブ命」みたいな業界ではないです。基本的に、インターネットで反応率が高まるコツってのがノウハウ化されているので、そのテンプレを改造しつつ、お客さんのコンサルする感じですね。

※業務内容を詳細に解説すると、長文になりすぎる&混乱するだけなので、あくまで「イメージが湧くように」という目的でライティングしています。詳しい内容は、就職してから学びましょう笑。

有名企業

ぶっちゃけ、Webマーケティングの仕事内容は簡単ですよ


Webマーケティングと聞くと、「なんか難しいそうだなぁ…」と思うかもですが、それは全然間違っています。

Webマーケティングの難易度

簡単です\(^o^)/

「ホントかよ」って思うかもなので、業界事情を交えて話しますね。

日本の会社は「マーケティング力」がしょぼい

まず大前提として、日本の企業はマーケティングが下手です。

※27歳でフリーランスの若造である僕がこんなこと言うと怒られそうですが…。まぁ本音なのでもう少しお付き合いくださいm(_ _)m

日本の家電メーカーとかが良い例ですよね。
「良いモノを作れば売れる」なんて、圧倒的に過去の話なのに・・・今だにそれを信じているように見えます。案の定、マーケティングのうまいサムスンにボロ負けしていますよね。

Webマーケティング企業の仕事は「スタート地点への引き上げ」です

Webマーケティングは簡単ですよって理由がここなのですが、Webマーケティング企業の仕事って「マーケティングが下手な日系企業を、スタート地点まで引き上げること」なんですよね。

もちろんハイレベルな仕事もあるかと思いますが、世の中のニーズの大半は、難易度の低い仕事です。

なので、こんなこと言うとまた怒られそうですが、Webマーケティングの仕事をする上で、Webマーケティングのプロフェッショナルである必要はありません。

具体例:SEOコンサル案件を元に解説します

SEOコンサル案件を出しつつ解説しますね。

SEOコンサルを請ける企業は、基本的なマーケティング施策ができていない場合が99%です。

それもそのはずで、例えば「カフェの経営者」だったら、「コーヒーには詳しくても、マーケティングに詳しいわけではない」からです。かつ、インターネットが苦手な人だったりすると、、、言葉を選ばずにいうと、インターネット面のマーケティングがボロボロだったりするんですよね。

そういった時にWebマーケティング会社の出番でして、具体的には「問題を明確化しつつ、目標設定や次のステップを明確にする」といった仕事をします。そもそも、「カフェの名前でググってもサイトが出てこない・・・」みたいなお見せばかりなので、サイト構築からサポートする場合も多いですね。

こんな感じです。

なので、Webマーケティング業界にいくなら、「Webマーケティングおプロフェッショナル」じゃなくて、「Webに詳しい人」くらいでOKですね。

どうですか?
自分でもいけそうな気がしてきましたか?

続いては、「じゃあ、どうやって業務を覚えていくか」を解説します。

Webマーケティング業界で仕事を覚える流れ【2ステップ】


基本的には次の流れ、シンプルすぎる。

  • ステップ①:基礎理解
  • ステップ②:実務をこなす

ステップ①:基礎理解

基礎理解は会社にもよりますが、、、参考書を読むだけとかが多いですね笑。
Webマーケティングって進化が早いので、学習方法を体系化出来なかったりしますので…。

要するに、会社に入っちゃえば何とかなるって感じです。
なお、基礎理解の学習期間は、もちろん会社によりますが、1週間くらいで完了するイメージです笑。 なんだかスゴイ業界ですよね。だれでも即戦力です。

※誰でも即戦力になれる理由は、Webマーケ業務の大半が、「マーケティングが下手な日系企業を、スタート地点まで引き上げること」だからです。

参考図書(1) いちばんやさしい新しいSEOの教本

某有名なSEO会社で使われている教科書です。
SEOの概要理解に繋がるので、SEO系の会社良いなぁと思う人は、ポチっとどうぞ。

参考図書(2) 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書

Webマーケコンサルの考え方を学べますね。
この本のとおりにコンサルすれば、99%の人は納得するでしょうね…。リク◯ートの事例とかが出ており、クオリティ高いです。

ステップ②:実務をこなす

1週間くらいで基礎理解が終わったら、あとは実務ですね(`・ω・´)ゞ
業務の基本は「コンサルティング」なので、流れはある程度テンプレ化されています。

Webマーケティングのコンサルの流れ

  • 問題点を明確にする
  • 改善案を提案する
  • 改善案の実行をサポートする

上記のとおり。
これを無限に繰り返しまくるのが、Webマーケティングコンサルです。

なお、Webマーケティングに限らずで、大切なことかなと思います。問題解決をひたすら続ければ、ビジネスは成長しますからね。

結論:就職すればすぐに覚える笑

仕事を覚える流れをスマートに解説したかったのですが、、、すいません、無理でした。

ぶっちゃけ1週間くらいで基礎理解できちゃうので、ある程度興味があるなら、業界に飛び込んじゃう方が早いです。

未経験でも雇っている会社が多く、給料は30万くらいですかね。
自由な社風の会社が多く、経営者も若いです。ぜひトライしてみましょう。

Webマーケティング業界への転職にオススメなエージェント

このあたり詳しくはWebマーケティングに強い転職サイト・エージェント3選【副業セヨ】で解説しています。合わせてどうぞ。

Webマーケを最速で身に付ける方法

結論は、失敗経験を積むことです。
失敗経験を積むには、「失敗できる環境の構築」が大切です。

要するに、早く上達したいなら、自分でサイトを作りましょう、ということ。
自分でサイトを作って、日々試行錯誤して、改善を回す感じです。

冷静に考えたらわかりますが、コンサル企業が改善を回す速度は、月1回とかです。
まぁこれでもいいのですが、ぶっちゃけ速度は遅いです。なので、毎日ブログでも更新して、日々奮闘しつつ、改善すれば、にょきっと上達しますね。

試行錯誤にはブログが一番なので、この機会に是非作りましょう。
お小遣いも稼げるので、一石二鳥ですね。ブログの作り方は【初心者向け】WordPressでアフィリエイトを始める方法【中学生OK】を参考にどうぞ。

まとめ:Webマーケティングの仕事内容は、「なんとかなる」が結論です


プログラミングとかだと、ある程度の学習期間が必要ですが、Webマーケは叩き上げが一番ですね。業界トレンドは2年スパンで入れ替わるので、新たに参入してもすぐに追いつけますよ。

記事のポイントまとめ

  • Webマーケティングの仕事内容は2パターンに分かれる
  • ①SEO系→クライアントサイトの検索順位を上げる仕事、②広告系→クライアント商品を広告で売りまくる仕事
  • Webマーケティング業務は、ぶっちゃけ簡単。なぜなら、日本のマーケレベルが低いから
  • Webマーケティング業務を学ぶには、「基礎理解→実務」の順番です
  • 基礎理解は1週間くらいで終わるので、会社に飛び込んで学ぶのが早いです

こんな感じですね。
あまり陽の光が当たらないWebマーケティング業界ですが、個人的にはとてもオススメです。

なぜなら、副業や独立がしやすいから。
会社で学びつつ、自分でもアウトプットして、もりもりとお金を稼ぐのがいいんじゃないかなと思います。

というわけで、今回は以上です。
Webマーケティング業界へ、ぜひお越しあれ。

Webマーケティング業界への転職にオススメなエージェント

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】