Written by Manabu Bannai

【重要】資産になる労働を続けると、人生が楽になる話【楽に生きる】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。

資産になる労働を続けてきました。
そして、月収が1,000万を超えました。

先日に下記のツイートをしました。

何度も書いていますが、やるべきは「資産になる労働」ですね。

・ブログを頑張れば、ブログという資産が残ります
・プログラミングを頑張れば、技術力という資産が残ります
・YouTubeを頑張れば、チャンネル登録数という資産が残ります

行動を辞めた瞬間に「残るものがゼロ」だと、人生がハードです

かなり重要なテーマです。
具体例を豊富に出して解説するので、ぜひご覧ください。

スポンサードサーチ


資産になる労働を続けると、人生が楽になる話


繰り返しですが、資産になる労働をしましょう。

なにも残らない労働だと、人生がキツい

労働を通して、どういった「資産」が残りますか? 下記が具体例です。

  • 営業マン → 営業力という「知的資産」が残る
  • ブログ運営 → サイトという「金融資産」が残る
  • デザイン → デザイン力という「知的資産」が残る
  • プログラミング → 技術力という「知的資産」が残る
  • YouTube → チャンネル登録という「金融資産」が残る
  • 広告宣伝 → マーケティング力という「知的資産」が残る

例えば上記のとおり。
ちょっと補足すると、サイトとかYouTubeのチャンネル登録は「将来的に富を生み出す資産」なので、ここでは「金融資産」と表現しています。

知的資産に関しては、簡単に理解できますよね。

資産になる労働だと、人生が楽になる

言うまでもなく、資産になる労働は人生を豊かにします。

  • 営業マン → 営業力が身につく → 徐々に年収が高まる
  • ブログ運営 → サイトが残る → 働かずに、収入が入る
  • プログラミング → 技術が残る → 徐々に年収が高まる

上記のとおり。
つまり、概要を整理すると下記です。

  • 資産になる労働(1) → 徐々に、年収が高まる
  • 資産になる労働(2) → 働かずに、収入が入る

上記のとおりですね。

そして、最適解を書いておくと「(1)と(2)の両方を、同時に実行する」ですね。

これが、最速で人生を楽にしていく為の、ライフハックかなと思います。

注意点:資産にならない労働も紹介する

わかりやすさを高めるために、資産にならない労働も記載しておきます。

  • バイト → 辞めた瞬間に収入ゼロ。有益な知識も残らない。
  • 公務員 → 辞めた瞬間に収入ゼロ。有益な知識も残らない。
  • 単純作業 → 辞めた瞬間に収入ゼロ。有益な知識も残らない。

例えば上記のとおり。
こういったことを書くと批判されますが、わりと事実ですよ。なので書いてしまいます。

なお、もしかすると「公務員なら、知的資産が残るのでは?」と言われるかもです。
しかし、ここに関しては「たぶん、No」が僕の回答です。

というのも、公務員の知識って転職とかで評価されないと思います。
なので、仮に「公務員がリストラされる」といった事態が起きたら、大ピンチです。

公務員はリストラされないと言われますが、僕はそう思いません。
ここは下記で書いています。
» 参考:【悲報】公務員は安定しないと思う理由【人生の難易度が高まります】

資産になる労働でも、思考停止はNGです

先ほどの例で「プログラマーとして働けば、知的資産が残る」と書きました。
しかし例外があります。

大企業でエンジニアとして働くAさん

エンジニア経験は7年ほど。業務内容は”大企業が所有する独自システム”のメンテナンス。その企業が開発した”独自のプログラミング言語”にて、日々メンテナンスをしている。

上記のパターンだと、危険です。
というのも、公務員の例と同じですが、この場合の「Aさんの技術力は、他社で評価されない」という状態だからですね。

大企業が潰れなければいいですが、今の時代だと分からないです。
なので、大切なことは「他社でも通用する、知的資産を身につけよう」ということです。

資産になる労働を、具体的に始めていく方法


それでは、徐々に人生を豊かにしていきましょう。
先ほども掲載しましたが、資産になる労働の切り分けが下記です。

  • 資産になる労働(1) → 徐々に、年収が高まる
  • 資産になる労働(2) → 働かずに、収入が入る

そして、上記を「同時に実行する」ということが大切です。
順番に解説していきます。

資産になる労働(1) → 徐々に、年収が高まる

結論として「知的資産」の残る労働をしましょう。
先ほどの例を、再度掲載しますね。

  • 営業マン → 営業力という「知的資産」が残る
  • デザイン → デザイン力という「知的資産」が残る
  • プログラミング → 技術力という「知的資産」が残る
  • 広告宣伝 → マーケティング力という「知的資産」が残る

現時点で問題ないならそのままでOKですが、仮に「会社では、ルーティンの単純労働をしているだけです…」という感じだと、わりとNGです。

やるべきこと:環境を整える

会社で成長できないなら、環境を変えるしかないです。
環境を変えるには、自分で行動するしかないです。

例えば「会社内で、もっと成長できるポジションに移動する」とか、もしくは「もっと成長できる会社に転職する」とかですね。
ぶっちゃけ終身雇用とかオワコン時代なので、気軽に転職もありだと思います。

そしてこれは僕の意見ですが、現代なら「IT企業で働くべき」と思っています。
理由は下記に書いているので、参考にしてみてください。
参考:IT転職するメリットとデメリット【人生のリスクヘッジ】

資産になる労働(2) → 働かずに、収入が入る

会社が忙しすぎるとキツいので、できれば定時退社するといいですね。
そして、下記を実行です。

  • ブログを始める 
  • アフィリを始める
  • YouTubeを始める
  • 写真素材を販売する 
  • 電子書籍を出版する

例えば上記ですね。
ポイントとしては「働かなくても、収入になる」です。

僕の場合だと、上記のほぼすべてを実行しており、自動的に収入が入ってきます。
なお、具体的な作業の始め方は下記参考です。

上記のとおりですが、1つ悲報があります。
それは「すぐには稼げない」ということです。

働かずに収入が入ることは嬉しいですが、仕組み構築には時間がかかります。
どんなに早くとも3ヶ月〜半年。通常なら、1年くらいの継続努力が必要です。

僕のブログ初年度は、収入合計が10万くらいでした。
鬼のように作業して10万なので、そこまで簡単じゃないです。
» 参考:ブログで稼ぐことは想像以上に大変です【3,000回くらい絶望します】

お金が貯まってきたら、投資をする

ここまでの内容を本気で実行すると、マジで豊かになっていくはずです。

そして、努力を継続してみると気付きますが、世の中で大半の人は「本気で努力していない」という状況です。

なので、本気になると、徐々に勝てます。

貯まったお金は、投資しよう

最近の僕は「FXトレード」をしていますが、これはオススメしません。
FXは「失敗したらゼロになる投資」なので、リターンも大きいですが、リスクも大きいです。

大きく資産を増やしたいならやってもいいですが、、、それよりも「まずはインデックス投資」がいいと思います。

投資学習において、読んでおくべき本

当サイトでは何度も紹介していますが、とりあえずこちらを読んでおけばOKです。
現時点で貯金が少なくても、知っておいて損しない金融知識です。

なお、僕もこの本の通りに「インデックス投資」をしており、年間2%くらいのリターンを得ています。1,500万ほど運用しており、年間30万円とかですね。

思考停止せず、論理的に生きていこう

というわけで、今回はこれくらいにしようと思います。

こういった話って、会社では教えてくれません。学校でも教えてくれません。
そして、人によっては、僕に対して「こいつは怪しいな」と思うかもですが、全て事実ですよ。

自分でお金を稼ぎつつ、本でも学習しつつ、冷静に世の中を見渡したら、気付く事実です。

大半の経営者も気づいています。しかし、こんな話を従業員にしたら、みなさんモチベーションを失い、辞めちゃいますので話しませんね。

僕はフリーランスとして働いているので、全て書いてしまっています。

というわけで、今回の記事がしっかり理解できたら、同時に「行動」もしてみてください。2年くらいの努力で、マジで人生が変わってきますので、オススメです😌

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】