Written by Manabu Bannai

【悲報】公務員は安定しないと思う理由【人生の難易度が高まります】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。

公務員とは真逆の生き方ですが、フリーランスをしています。
月収は800万を超えてきたので、わりと人生が安定しました。

先日に下記のツイートをしました。

世の中的には「公務員=安定」ですが、僕の独自理論だと「公務員はやがてリストラされ、リストラ後にスキルが残っていないので、人生の難易度が上がりまくる職業」だと思っています。
公務員の方がいたらスイマセン。しかし、こういった「かなり起こり得る事実」を言う人は少ないので、書きました

公務員は不安定ですね。

過去の僕は、公務員を目指していました。
当時の自分に向けて、つらつらと書いてみます。

公務員は安定しないと思う理由【悲報あり】


理由は「市場価値が上がらないから」です。

市場価値の高い人=会社が欲する人材

わかりやすい例だと、スーパーエンジニアとかですかね。
素晴らしい技術力があれば、新卒だろうが年収1,000万とかを突破します。

あとは、売れる営業マンとかですかね。モノを売るスキルがあれば、企業が欲しがりますよね。
こういった人材を目指せば、人生は安泰だと思います。

なお、大半の人は「潰れない会社で働く=安定」だと思っていますが、正しくは「会社が潰れても生きていける=安定」かなと思います。

東京電力とかを見たらわかりますよね。
どんなに大企業でも、確実に安定とは限りません。

悲報:公務員だと、価値が高まらない

公務員の方が見ていたらスイマセン…。しかし事実なので書きます。

仮に転職エージェントとかに相談してみるといいですよ。
たぶん「同年代よりも、自分の年収が確実に低くなる」という事実に直面するはず。

考えてみたらわかりますが、公務員歴3年の男性と、ベンチャーで3年ほどゴリゴリ働いた男性なら、大半の経営者が選ぶのは、後者ですよ。

なお、1つだけ例外があり、それは「人脈」ですかね。
公務員として上のポジションに行き、ある種の「お偉いさん」と繋がっている状態なら、その人脈が価値になります。

しかし、大半の人は、こういったポジションまで行けないかなと思い、、、結果として公務員を続けても、経営者から評価される人材には到達できないのでは、、、とかなり本気で思っています。

さらに悲報:将来的にはリストラされると思う

連続の悲報でスイマセン…。
しかし事実だと思っており、将来的に公務員は減っていきます。

ぶっちゃけ書いてしまいますが、大半の公務員は「無駄な仕事」をしていますよね。
僕もたまに役所とかに行って思いますが、現代でも紙での手続きばかりしており、仕事の進みも遅いです。

別にそこで働く人を責めるわけじゃないですが(国が決めてることなので、個人じゃどうしようもない)、そういった働き方だと、ある意味で「ロボット」になるしかないですよね。

しかし、現代のテクノロジーは進歩していくので、将来的には「人間じゃなくて、ロボットでいいよね」となってもおかしくないです。

というか、無駄な人件費が削減されつつ、その一方で年金とかが増えたら、国民は喜ぶのかなと思っています。

安定幻想は、はやめに捨てよう

1つ告白をすると、元々の僕も公務員を目指していました。
自分に自信がなかったし、なんとなく「教師は楽しそう」と思っていたので、教員免許を取ろうとしました。

しかし、大学の授業に行くのが面倒で挫折したのですが、、、今となっては正しい選択だったなと思っています。

言うまでもなく、完全に安定する人生なんて無理ですので。
守りを固めることも大切ですが、出来る範囲で「最大限の攻め」をしていくといいですよ。

そして攻めるべき分野は「自分が好きなこと」です。

僕の場合は「ITという分野」でしたが、わりと楽しいから頑張っていたら、気づいたら人生が安定化しました。

嫌なことは頑張らなくていいので、好きなことだったりを頑張ると、楽しいし、かつ「結果としての、人生安定」が手に入ると思っています。

公務員を目指している方に、伝えたいこと


視野を広げるといいかなと思います。

ここからは、不真面目に読んでください

スイマセン、ここからは僕の偏った意見を書きます。真剣に読まないでください。

まず、公務員を目指していた過去の僕に伝えたいことは「見てる世界が、狭いですよ」ということです。

公務員を目指していた過去の僕は、千葉の地元で育ち、大きな苦労をせずに東京の大学に進学し、そして漠然とした将来への不安を感じていました。

その後に、アメリカに行き、東南アジアに行き、フィリピン留学したり、、、という経験をして、徐々に価値観が変わりました。

お金がなくても、わりと生きていける

大前提として、日本はヌルゲーです。

特に頑張らなくても、わりと豊かな生活ができます。
生活保護とかもありますし、医療も発達していますし、完全に豊かです。

一方で、アメリカとか、あとは東南アジアでもそうですが、お金がない人は、ちゃんとした医療すら受けれません。なので、コンビニとかで、わりと強力な薬を買えたりします。

なので、まずは「こういった事実を、体感するといい」と思っています。

こういったテキストを読んでも、なにも変わりません。
自分の足で見に行き、空気を吸って、肌で感じで、現地の人を見ることで、自分の悩みの小ささと、あとは「日本がいかに、恵まれているか」が分かると思います。

現状が分かると、挑戦できる

繰り返しですが、日本はヌルゲーです。
言い換えると、日本人は生まれながらにして、勝ち組です。

こういった事実がわかると「まぁ将来はなんとかなるし、もっと頑張ろう」と思えたりします。
かなり言葉は悪いですが、アメリカとか東南アジアって、ホームレスとか路上生活者が多いです。しかし日本は少ないですよね。

そして、日本でどんなに失敗しても、ぶっちゃけホームレスレベルには落ちません。
その前に生活保護を受け、あとは鬼のようにアルバイトでもしたら、いくらでも復活できますよ。

なので、人生の目標を「わりと安定しており、平凡な公務員人生」とかにしない方がいいと思います。

夢を持って公務員になる人は否定しません。
しかし、安定を求めてそういった行動をしてしまうと、結果として不安定になり、シンドイはずです。

未来が不安なら、新しい人に会ってみよう

というわけで、今回はこれくらいにします。
最後に1つ、出会いの大切さを書いてみます。

基本的に「意識が高い」という感じで生きている僕ですが、友達から「なんでモチベーションを保てるのか」を聞かれます。

モチベを維持できる理由は「自分より、遥かに先を行く人に、会っているから」かなと思っています。

ぶっちゃけ、一時期はやる気が下がったりしていましたが、人に会って、新しい世界を見ることで気力が湧きました。

なので、なんかあまり頑張れない人は、ぜひ「新しい人に会ってみる」という行為をしてみてください。

東南アジアのひとり旅とかでもいいと思いますよ。移動中とかに、新しい人に出会えます。そこで、過去に全く交わらなかった人の人生を聞けるので、刺激になるはずです。

というわけで、以上とします。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】