Written by Manabu Bannai

お金を稼ぐコツは「人間の欲望」に着目することです【相手を操作する方法】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。
お金を稼ぐのが得意なので、月収300万くらいになりました。

さて、先日に下記のツイートをしました。

お金を稼ぐには「人間の欲望」に着目するのが大切ですね。
簡単な例として「僕はプログラミングできるので、案件を紹介してください」といっても誰も紹介してくれないけど、その一方で「僕はプログラミングできるので、案件を紹介して頂けたら、3万円をお返しします」と言えば、わりと簡単に受注できる

上記のツイートを深掘りしつつ、お金を稼ぐコツについて解説していきます。

スポンサードサーチ


お金を稼ぐコツは「人間の欲望」に着目することです


人間は「自分にメリットがあるとき」に行動します。

最も簡単な方法:金銭的なメリットを提示すること

冒頭のツイートとも重複しますが、下記のとおりです。

  • 私にプログラミング案件を紹介してくれたら、3万円をお支払いします
  • 私のアパートに入居者を入れてくれたら、3万円をお支払いします
  • 弊社の商品を使って頂けたら、3万円分の金券をお渡しします

上記の感じでして、もしかしたら「汚い世界だ」と思うかもですが、これが現実です。

資本主義の仕組み上、金銭的なメリットがある方が人間は動く、という当たり前の事実があるので、これに沿って行動するほうが、合理的だと思います。

ちなみに、身近な例だと「アンケート回答したら、Amazonギフト券をプレゼント」とかもありますが、これも同じですね。人間の欲望に着目して、行動を促しています。

接待とかで「貸しを作るのもあり」です

接待とかもありだと思います。

取引したい人に良い思いをしてもらって、その対価として「受注」とかもよくある話だと思うので、このあたりも有効ですよね。

ゲスい話かもですが、世の中では当たり前のことです。

なお、接待の場合は「金銭的なメリット」ではなく、「相手に貸しがある」という心理的な効果を発揮しますね。

人間の欲望を揺さぶるには、2つの方法がある

ちょっと表現が怪しいというか胡散臭いかもですが、人間に行動を促すには、下記の2つが有効です。

  • その①:金銭的なメリットを提示する
  • その②:事前に与えて、貸しをつくる

上記のとおり。

ちなみに、以前に某大手企業の役員の方とお会いしたのですが、その方はグイグイと昇進して役員に上り詰めたようです。

その秘訣を聞いたら、、「利害関係者をお金で買収しつつ、あとは接待した」という話をしており、かなりドロドロな世界ですが、、、まさに正論ですね。世の中は怖いです。

僕の結論:世の中にGiveを続け、キックバックを用意する

僕はプログラミングスキルで年収1,800万円くらいを稼いだのですが、当時の方法を分解します。

  • その①:金銭的なメリットを提示する→僕に案件を紹介して頂けたら、10万円以上をキックバックします
  • その②:事前に与えて、貸しをつくる→ブログを通して、世の中にGiveをしまくり、読者にある種の「貸し」を作る

とくに戦略的にやったつもりはないのですが、今となって考えると、いい感じに効果が出ていたなと思っています。

接待して、利害関係者をお金で買収して、、、といったドロドロしたことは苦手ですが、わりと綺麗な方法でも、効率的にお金は稼げると思います。

お金を稼ぐコツを「効率的に学ぶ」方法


成果を出している人を観察し、自分の感情を消して、真似ることです。

まずは、色眼鏡を捨てるべき話

僕も含めですが、大半の人はプライドを持っています。

身近な人が成果を出していても「あの人のやり方は、、、◯◯だからダサい」とか「あの人は△△だから、自分は別の方法を使いたい」といった感じ。

そういった感じで、ある種の「色眼鏡」を使うと、現実を直視できなくなります。

たしかに色眼鏡を使うと、成果を出せない自分を正当化できるので心地良いですが、、、とはいえ、それだと結果を出せません。

感情は消して、真似するべき

営業がめっちゃうまい友人がいたのですが、僕は彼のやり方が、あまり好きじゃなかったです。

なんというか「相手の懐に入っていて、そこで信頼を獲得して、それで売上に繋げる」みたいな方法で、たしかに成果は出ていましたが、、、自分はもっと別の方法をすべき、と思いました。

しかし、こういった「無駄なプライド」が邪魔をしてしまい、結果として成果が出づらくなりました。正しくは「彼は成果を出しているので、やり方にちょっと疑問はあるけど、まずは真似をしてみよう。先人から学ぶべきだ」という思考ですね。

ぶっちぎりで成果を出したら、プライドを持とう

今となって思いますが、基本的にプライドは不要です。

プライドと成果は直結しなく、プライドが生み出すものは、なんというか、、、「気持ちよさ」だけだと思います。

だから、すべて捨てていいと思いますが、とはいえ、ぶっちぎりで成果を出したら、多少はプライドを持ってもいいと思います。

しかし、この記事の読者や僕を含め、たぶん、ぶっちぎりで成果を出している人は少ないはず。なので、色眼鏡を捨てて、目の前で成果を出している人から、素直に学びましょう。

余談:プライドを捨てると、速度が上がる話

現在は当サイト(マナブログ)から月250万くらいの収益が出ていますが、伸び悩みの時期も長かったです。

僕が伸び悩みしているときにグイグイ伸びてるブロガーがいまして、僕は彼らのブログを分析しつつ「たしかにこの方法だと稼げるけど、ダサいから良くない」という、圧倒的にアホなプライド&思考を持っていました。

しかし、ある時に「もういいや。いったんプライドは捨てよう」と決意したら、そこから一気に伸びました。

ビジネスで成果を出す人はサイコパス的な人が多いですが、そこには理由があると思います。サイコパスだと、感情を排除しつつ「徹底的に成果にコミット」できるから強いですね。

僕はまだまだ道のり半ばですので、引き続き頑張りつつ、サイコパス or ロボット的に生きようと思います。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】