Written by Manabu Bannai

社会主義が素晴らしいと思う理由【格差社会で幸せに生きていく方法】

LIFE

こんにちは、マナブです。

資本主義ゲームを楽しみつつ、生きています。
しかし、今後の世界は「社会主義」もありだと思います。

先日に下記のツイートをしました。

これからの先進国は「社会主義」でいいと思う。
圧倒的に稼ぎたい人だけ富を作り、そうじゃない人には、超最低限な生活環境だけ政府が用意する感じ。全員に「もっと頑張れ」とか言っても、無理じゃないですかね。皆さんが勉強好きな訳じゃないですし。どちらにせよ、超二極化な未来は近いですね

先に書いておくと「完全な社会主義」を推奨する訳じゃないです。
僕が思うに「部分的な社会主義もありかな」という妄想の記事です。

社会主義が素晴らしいと思う理由


格差が広がり続け、資本主義だとシンドイからです。

現代は、超二極化社会

世の中は二極化しており、下記のとおり。

  • 昔:先進国と発展途上国での格差があった
  • 今:国境が溶け、先進国にも貧困層が生まれた

上記のとおり。
分かりやすい例は「トランプ大統領」ですね。

トランプさんの支持者は「高卒以下の白人」と言われています。こういった層は、アイデンティティを失いつつあります。
地位や名誉を失い、残っているのは「アメリカ人である」というプライドのみ。

日本にも、たまにいますね。要するに「日本人として、誇りを持て」という人です。

こういった人は「誇れること=国籍のみ」という状態です。
ちょっと言葉選びが良くないので賛否両論かもですが、スイマセン。たぶん事実です。

今後の世界は、格差が広がる

そして、今後はさらに格差が広がりますね。
というのも、ソフトバンク社長の孫さんも言っていますが、これからは「ロボット」や「AI」の時代です。

単純労働者が淘汰され、そしてロボットやAIを操作する側が、莫大な富を得る。

わかりやすい例だと「Uber」とかですね。
世界最大のタクシー会社ですが、タクシーは1台も所有していません。システムを導入することで、莫大な富を得ました。

ちなみにFacebookも同じですね。
世界最大のメディアですが、自社では1本もコンテンツを作りません。システムで世界を征していますね。

このように、基本的にインターネットでは「勝者総取り」という状態になり、富の一極集中が起きます。
これは、果たして正しい世の中なんですかね。

補足:世界の格差は縮小している

念の為に補足しておくと、世界の貧困率は下がっています。
なので、マクロの視点でみると、世界は良くなっています。

要するに下記です。

  • マクロの視点 → 貧困国は経済成長しており、お金が増えている
  • ミクロの視点 → 先進国で二極化が起きており、相対的貧困率の増加

上記のとおり。

相対的貧困率とは、要するにワープア層ですね。
働きまくっても、手取りが少ない層です。なので、難しい問題ですよね。

世界視点では、世の中はデータとして良い方向に進んでいます。しかし、同時に「超二極化&富の一極集中」が起きており、ざっくりいうと「先進国のワープア層が、最も悲惨」という状態です。

僕もお金のない時期が長かったので、わりと萎えていました。

結論:社会主義の仕組みもあり

というわけで、僕が思うに「社会主義もありかな」と思っています。
とはいえ「完全な社会主義」は失敗すると思います。

企業がすべて国営になったりしたら、全員のやる気が低下ですよね。そして国の成長は停止すると思います。

そうじゃなく、なんというか「部分的な社会主義」ですかね。

稼ぎたい人だけが、大きく稼ぐ社会

僕の妄想なので無視してください。

しかし、部分的に社会主義を取り入れ、社会保障とかを手厚くして、ニートにも寛容な社会にして、正社員が素晴らしいという文化も排除して、ざっくり書くと「稼ぎたい人だけが、稼ぎまくる社会」ですかね。

稼ぎたくない人は、わりと手厚い社会保障があるので、質素に暮らせる感じです。
そして、やる気が出たら「資本主義ゲーム」に参加もありです。

ベーシックインカムには、少し懐疑的

ベーシックインカムが良いという議論もありますが、僕は懐疑的です。
理由は下記。

上記のとおりなので、あくまで「社会保障を、猛烈に手厚くする」ですかね。
そして所得税は下げまくり、ITインフラにも投資して、世界から最先端の企業を呼び込む感じですね。

日本の住環境は素晴らしいので、ありだと思うんですよね。とはいえ、日本の政治は「新しいものに不寛容」という感じなので、難しいかもですね。

という感じで、これが僕の妄想でした。
社会主義じゃなく、部分的な社会主義ですかね。

格差社会で幸せに生きていく方法


結論は「生き方の選択」だと思っています。

上記のとおりです。
大半の人は「資本主義ゲームに参加する=当たり前」という価値観かもですが、別に降りてもいいと思うんですよね。

資本主義ゲームから、降りる方法

最初に注意書きをすると「徐々に降りましょう」ということです。
ダメな例は「これは素晴らしい→翌月から移住」とかですね。

僕は東南アジアで月5万円生活をしていましたが、これには向き不向きがあります。なので、まずは「試してみる」という行為が大切です。

それを踏まえ、解説します。

資本主義ゲームから降りるのは、わりと簡単

例えば「日本の田舎」とかが良いかなと。
下記をご覧ください。

世の中にはこういった家が存在しますからね。
こういった物件とかを買っちゃって、あとは近所でバイトでもしておけば、普通に暮らせますよね。

僕がやるなら「家を買う→生活をすべてYouTube配信→見学ツアーをする」という感じで、収益化しちゃうかもです。

とはいえ、物件が安くても固定資産税は発生するので、事前にしっかり「家の維持費」も調査しましょう。とはいえ、格安なことは間違いないです。

少しの休憩でも、見える世界がある

ちなみに、海外に目を向けても、選択肢は色々とあります。
例えば僕は「東南アジア歴6年」という感じですが、生活費は常に月8万円くらいでした。

これくらいなら、稼ぐのはそこまで大変じゃないです。
現地就職してもいいし、頑張ればネットでも稼げますよ。

資本主義ゲームは、出入りできる

こういった話をすると「東南アジアだとビザ問題で、住み続けるのは難しい」と言われたりします。
たしかに事実ですが、とはいえ1〜3年くらいなら、国を移動すれば観光ビザでも、余裕で住めます。

別に「一生住め」という話じゃなく、一時的に「住んでみる」とかでもありだと思います。これでも、考え方が変わったりしますので。

僕の考えとして「資本主義は出入りできる」と思っているので、ある時はしっかり稼ぎ、またある時は、長期的に休暇もありです。

休暇するときは、思いっきり生活費を下げれば、かなり余裕です。

逆説的な事実:こういった生き方をすると、豊かになる

ここまでの話で「資本主義から出入りする」といった話をしました。
そして、仮にこれを実行したら、わりと豊かになる時代でもあります。

YouTubeで有名な「CheapRVliving」の紹介

世界でも「家なし」とかの低コストで暮らしている人がいます。
そういった人のチャンネルを見ていると、徐々に豊かになっているのが分かります。

有名なのが「CheapRVliving」というチャンネルです。

配信者は「お金がキツくて、車での生活を始めた人」ですが、今となっては「チャンネル登録30万人」とかです。
広告費で「年間1,000万」とかは稼いでると思います。

こういった感じで、率先的に資本主義ゲームから降りたりすると、実は富が集まってきたりしますね。

お金を追いかけると、逆に逃げます。

自分なりに、人生を攻略しよう

というわけで、今回はこれくらいにします。
最終的に僕がお伝えしたいことは「自分なりに生きる」ということです。

お金を稼ぐにせよ、社会的な成功を目指すにせよ、それだと競争が激しいです。勝ち上がれるならそれもありですが、人生をゲーム的に考えると、その先には無限の可能性があります。

自分なりに方向性を決めて、自分なりに攻略していくほうが、競争が起きづらいので心地よいかなという考えです。

社会のレールに乗っていると、たしかに安心かもですが、とはいえ、一旦降りてみても、また別の景色が見えたりします。

社会主義の話からズレたかもですが、、とはいえ、これから「二極化」の流れは止められないので、自分なりに生きる方がいいかもです。今回は終わりです。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】