Written by Manabu Bannai

起業したいあなたへ、何から始めるべきか【稼げなくても、実行しよう】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。

25歳のときに、起業しました。
いまは30歳で、3社目の起業中です。

まずはこちらのツイートをご覧ください。

人生を変えていくには、行動しかないですよ😌
多くの人は、準備や勉強に、時間を割きすぎかもです。計画なんて不要。起業したいなら、今日から稼げば良くて、紙に書いたプランなんて、ほぼ意味ないです。目標があるなら、そこに向けて直線で進み、実行するだけ。考えない人の方が、成功率が高いと思う

起業したいけど、何からしていいか分からない方へ。
僕の経験から、行動に繋がる情報をシェアします。

起業したいあなたへ、何から始めるべきか


結論は「アイデアの実行」だと思います。

こんな「◯◯」があるといいな、が大切

参考までに、初めて僕が起業したときのエピソードを話します。

当時はセブ島に住んでいまして、現地就職して働いていました。
海外に長く住むと、現地の情報に詳しくなります。

例えば「美味しいレストラン」とか、もしくは「素晴らしいダイビングショップ」とかの情報が手に入りました。

しかし、問題があります。

「セブ島の情報が、整理されていないな…。」

上記のとおり。

要するに、僕がやりたかったことは「情報の整理」です。
美味しいレストランとか、オススメのビーチとか、もしくは初心者向けの観光ガイドなど。

色々な情報を整理したら、価値あると思いました。

身近な仲間を、誘ってみた

アイデアを思いついたあとは、次に「仲間」を探しました。

僕は「サイト制作&マーケティング(低スキル)」はできたのですが、とはいえ「デザイン」とか、もしくは「取材するライター」が不足していました。

なので身近な友人に声をかけて、そして一緒にスタートしました。
ちなみに、当時はお金がなかったので、身近な仲間には「無料」で協力してもらいました。

本来であれば、お金を払うべきです。とはいえ、こういった「まわりを巻き込む力」とかも、起業においては大切だと思います。

もっというと、お金があれば協力を仰ぐのは簡単ですが、相手は「熱意を持っていない」という場合が多いです。

ここも、大切なことです。

ビジネスとして、回るようになった

こういった経緯から、僕は「セブ島の総合情報サイト」を作りました。

そしてアクセスも徐々に伸びていき、やがて「法人にするか」という話が出てきました。

売上としては小さかったですが、法人にすることで、サイトとしての信頼も獲得できると思いました。

起業すると、人生が変わる

起業して思ったことは、完全に人生が変わりました。
なんというか、ビジネスに対する考え方が変わりますね。

言うまでもなく本気になれるし、あと「取締役」と書かれた名刺も作れます。
これがあると、年上の人も話を聞いてくれるようになります。

当時は25歳だったので、年上からは下に見られていたのですが、名刺を作ってからは、以前よりも対等になりました。

これも、大きな変化です。

以上が、起業の話です

というわけで、参考までに僕の「起業エピソード」を書いてみました。
たぶんですが、起業している人って、こんな感じの経緯ですよ。

要するに「まず動く→その後に起業」という感じ。

起業ノウハウ本は、無駄だった

余談として、僕は社会人をやっているときに「起業準備の本」とかを読んでいました。
結論として、意味ないですね。

登記の仕方とか、税金の話が書かれていますが、つまらなくて理解できませんでした。

そして「いざ起業するタイミング」になると、当時の僕は事業で忙しかったです。
なので司法書士の先生とかを雇い、すべて外注しました。

こんな感じなので、あまり「起業ノウハウ」とかって、役に立たないんですよね。

読まなくていいと思います。

稼げないアイデアでも、いいと思います


起業をするとなったら、稼がないといけません。
とはいえ、ぶっちゃけ最初は「稼げないアイデアに、フルコミット」とかでも、いいと思います。

考えても、たぶん意味ない

多くの人は「稼げそうなビジネス」を始めたりしますが、そこには問題があります。

  • あまり情熱を持てない
  • すでに競合が多すぎる

上記のとおり。

特に大切なのが「情熱」の部分なんですよね。
そのビジネスが、心から楽しいと思えないと、ぶっちゃけ継続が難しいです。

起業するとなると、壁ばかりにぶち当たります。
情熱がないと、1つ目の壁で挫折すると思います。

それならば、稼げなくても楽しいことにコミットすべき。

稼げないことが、稼げる時代

いまの時代って、変わりつつあると思います。
昔なら「そんなことしても、稼げないでしょ…」と言われたことで、稼げてしまいます。

例えば、芸人の「ヒロシさん」とかは、ひたすら「自分が好きな、ソロキャンプ」をして、それを発信して稼いでいますよね。
もしくは、毎日ラーメンを食べて稼ぐYouTuberもいます。

こういった感じで、僕が思うに「楽しいことに、振り切るのもありでは」と思っています。

堅実に稼ぎたいなら、Google検索すればいいと思います。
ノウハウは全て出ている時代です。それを実行していけば、2〜3年で稼げます。

生活費くらいを稼ぐのは、そこまで難しくないですよ。
継続したら達成できます。

僕も、稼げない事業をやりました

記事の前半で「セブ島のポータルサイト」の話をしました。
結論から言うと、この事業は「あまり稼げないモデル」でした。

結局のところ、その後に失敗してしまうのですが、ここからの学びは大きかったです。

  • マーケティングスキルが大幅に向上した
  • 仲間を集めること、マネジメントを学んだ
  • 起業における資金管理、株式の仕組みを学んだ

例えば、上記のとおり。
これらの知識は、2つ目の事業に活きています。

経験したからこそ、心に刻まれました。
心に刻まれたからこそ、2回目の挑戦では、完全に迷いが消えました。

なお、2社目はマレーシアで法人を作り、いまは3社目です。
3社目は、タイで法人を作ります。

こんな感じで、実は法人って、ポンポンと作れます。

こういった行動ができるのは、やはり「初回の起業で、情熱を持って取り組み、そして失敗したから」ですね。

アイデアを、120%の情熱で実行しよう

というわけで、今回はこれくらいにします。
大切なことは、下記ですかね。

アイデアを、120%の情熱で実行すること。

精神論になっていますが、でもここが大切。
というか、やる気とかって精神的な部分から生まれるので、やはり楽しいことをしないと、厳しいですよ。

そして、無駄に事業計画とかって、考えなくていいです。
起業経験0の人が考えても、ほぼ無駄です。

それよりも、まず頭にあるアイデアを実行する。
実行するために仲間が必要なら、集める。

収益が生まれないなら、そこで考える、悩む。
試行錯誤しつつ、前進する。

これだけです。

起業には、知識なんて要らないですよ。
今日から動けます。

動けない人は、固定観念の呪縛にハマっているだけです。
考えずに、行動しましょう。

P.S:最近はブログ更新が少なめですが、しかし「テクノロジー発信のメルマガ」をやっています。無料で「最先端のテクノロジー」を学べます。気になる方は「こちらのリンク」から登録できます。是非どうぞ。