Written by Manabu Bannai

【即・行動】後悔しない生き方とは【死ぬ前に後悔する、5つのこと】

LIFE

こんにちは、マナブです。

色々と挑戦しつつ、生きてきました。
人生には、わりと後悔はありません。

結局のところ、あと80年くらいしたら、皆さんは死にますよね。もちろん僕も、死にます😌
そうなってくると、やはり「人生は、やりたいことに挑戦し、楽しく生きる」がベストだと思う。挑戦して失敗しても、それも良し。我慢して後悔して死ぬより、未来に向けて挑戦して、ポジティブに死ぬ方が良さそう

上記を深掘りします。
挑戦しつつ、ポジティブに生きる方が良さそうです。

後悔しない生き方とは


こういったデータがあります。

上記は「緩和ケア」で働いていた看護師の方が集めた情報です。
要するに「多くの死を見てきた看護師が、まとめた情報」ということ。

これって、かなり本質に近いと思うので、深堀りしてみます。

結論:もっと「自分の人生」を生きよう

多くの方は、たぶんここが出来ていないかもです。

嫌なことを我慢して、好きな場所にも旅できず、悶々とストレスを抱えつつ生きる、とかですかね。

これじゃあ、やはり後悔しますよね。

僕自身は、ストレスゼロといったら、それは嘘になります。
日々、大変なこともありますが、徐々に「自分の理想の人生」に近づいています。

現状は「働かずにも生きれる状態」を作れたので、次なる目標に向けて、動いている感じです。

挑戦はハードですが、やはりやるべきだと思います。

働きすぎると、後悔するのか

死ぬ前の後悔の「第2位」にて「そんなに働かなければよかった」との記載があります。

ここは、下記の解釈です。

  • ライフワーク
  • ライスワーク

労働には2種類あると思っており、ライフワーク(=人生を豊かにするための労働)と、あとはライスワーク(=生活費のための労働)です。

そして人生で後悔する人は、たぶん「ライスワークに時間を割きすぎた」という状況だと思います。

すべての労働が悪だとは、僕は思っていません。

第3位は、発信にも繋がる

後悔の第3位は「自分の気持ちを表現する勇気を持てばよかった」ですよね。
これってまさに、SNS発信やブログ、もしくはYouTubeじゃないですかね。

僕は日々発信していて思いますが、基本的には楽しいですが、シンドイときもあります。なぜなら、なにか意見をいうと、必ず「反対者」が現れるからですね。

なお、ここで「反対する人は悪だ」という訳じゃないです。
反対意見は当然だし、あと発信するなら「嫌われる勇気」も必須だと思っています。

傷つかずに自己表現するのは、ぶっちゃけ無理だと思います。
発信しつつ、勇気を持ちましょう。

いますぐに、挑戦した方がいい

というわけで、冒頭の僕のツイートに戻ります。
下記のとおり。

「人生は、やりたいことに挑戦し、楽しく生きる」

シンプルですが、これが全てじゃないですかね。
会社がつまらないなら、辞めたらOKですよ。

すぐ辞めるのがきつくても、例えば半年後に辞めましょう。
そこで独立するなりして、挑戦します。

そして、失敗したらどうするか? それも、別に良くないですかね。

失敗しても、また会社員に戻るでもいいし、再チャレンジでもいいと思います。

僕は1回目の起業で失敗し、会社員に戻ることを考えました。
しかし「もう1回だけ、、やってみよう」と決意し、そして今があります。

繰り返しですが、シンドい時の方が多いです。
しかし、僕は過去の人生に後悔していません。

行動力を高めるコツとは


挑戦した方がいいと分かっていても、それでも動き出すのは難しいですよね。
なぜなら、人間は怠け者なので、ついつい「まぁ、、いまのままでもいいか」と妥協します。

こういった人の不足は、環境だと思います。

僕が行動できたキッカケとは

僕は23歳くらいまでは、なにも思考せずに生きてきました。

ただただ、周りに合わせるだけ。
自分の意思もゼロです。

しかし、就活に不安を抱え、そこで「インターンシップ」をやってみました。
ここが、人生の分岐点だったと思います。

環境が、急激に変わった

インターンシップでは、週5日で、朝から晩まで働きました。

言うまでもなく、大学には、ほぼ行けず…。
大学生として良くない姿かもですが、そこで得た経験は、巨大でした。

というのも、インターンシップ先では「同年代で、レベルの高すぎる人が多い」と気づいたからです。
ここで、かなりマインドが変わりました。

あなたは多分、井の中の蛙です

こんな書き方は良くないかもですが、多くの人は「井の中の蛙」だと思うんですよね。

自分の周りの環境で、それが「普通」だと思いこんでいる。
現在の僕もそうです。これが「普通」だと思っている。

なので、シンプルな話ですが、挑戦していきたいなら、身の回りの「普通」のレベルを上げたらいいんですよね。

極端な例ですが、身の回りの人は車に乗っているのに、あなただけ馬に乗っていたら、違和感ですよね。

もしくは、身の回りの人は「トラクターで畑を耕している」という状態なのに、あなたは「手作業で畑を耕している」だったら、微妙ですよね。

普通のレベルを、徐々に上げよう

もしかしたら、意味不明に聞こえるかもです。
しかし、僕の中での「普通」を共有します。

  • 月収は、少なくとも数百万
  • 好きなときに、好きな場所で働く
  • 面倒な仕事はやらない。全て断る
  • 友人の職業は、ほぼ全員、経営者
  • お金は、ただのデジタル数字だと思う

こんな感じです。

そして、この記事を読んでいる「あなた」が、仮にこういった「基準」になれば、間違いなく成長すると思うんですよね。

僕は学生時代に、こういった経営者に会ってきました。
最初は異次元でしたが、徐々に目指し、そして差を埋めました。

これが、行動のキッカケです。

新しい環境に、飛び込んでみよう

というわけで、最初は勉強とか、読書とか、別にしなくてもOKです。
それよりも「環境を、ガラッと変えること」が大切だと思います。

例えばですが、いまだったら「オンラインサロン」とかもありますよね。

まずはそういった場所から入ってみるでもいいですし、もしくは「思い切ってベンチャー企業に就職する」とかもありです。

新しいものとか、新しい産業には、優秀な人が集まりやすいです。
なぜなら、そういった分野は変化が多く、変化とはつまり「チャンスが多い」ということだからです。

なので、なんか人生で後悔しそうだけど、行動出来ない人は、まずは環境から変えてみるのが、ベストだと思います。

P.S:最近はブログ更新が少なめですが、しかし「テクノロジー発信のメルマガ」をやっています。無料で「最先端のテクノロジー」を学べます。気になる方は「こちらのリンク」から登録できます。是非どうぞ。