Written by Manabu Bannai

ネットで「嫌がらせ」を受けたときの対処法【戦っても、意味ない】

LIFE

こんにちは、マナブです。

ネットで発信しつつ、生きています。
嫌がらせや誹謗中傷も多く、悲しき事実です。

さて、先日に下記のツイートをしました。

ちなみに嫌がらせを受けたときの対処法は、僕は「完全スルー」です。理由は、そこに時間を割いても、成長しないから。
目を向けるべきは、大切にすべきお客さんです。お客さんとか、クライアントを満足させ続けたら、それが自己成長になる。外野の声とかには、反応してたら時間が足りないかもです😌

嫌がらせを受けている方へ。
すこし文章を書いたので、是非です。

※補足:最近の僕の「プチ炎上」に関しては、YouTubeにて解説しています。詳しくは、僕のチャンネルからどうぞ。
» マナブ – YouTube

ネットで嫌がらせを受けたときの対処法


結論は「ほぼ全て、スルーが良い」と思います。

戦っても、消耗するだけ

よく「誹謗中傷と戦う人」がいますが、僕は「あまり意味ないな」と思っています。

仮に戦う理由が「自分も楽しんでいるから」とかなら問題ないですが、苦しみつつの戦いは、不毛です。

相手に論理は、通じません

僕は過去に裁判経験とかもあるのですが、そのときに実感しました。

「これは、、、どんなに話しても無理だな…」

上記のとおり。
言葉が悪いかもですが、僕は「別世界の生き物」として考えています。

例えば「ワニ」とかに対して、あなたが「噛むなよ!」と言っても、相手は噛みますよね。

それと同じかもです。

相手には、相手の正義がある

ワニの例えは微妙だったかもですが、覚えておくべきことがあります。

それは「相手側の、正義感」です。

偏った正義感は、マジで怖い

僕は自分も誹謗中傷されたり、過去には「誹謗中傷された方へのサポート」もしてきました。

そこで思ったことは、嫌がらせなどをする相手は「正義感」を持っているんですよね。

要するに「自分=正義の味方=悪者を退治している」という価値観だったりします。

普通に考えたら「え、、それはないでしょ」と思うのですが、ネットには極少数の、そういった人がいます。

批判者は「10回くらい」コメントする

YouTubeで発信すると気づきますが、嫌がらせをする人は「複数アカウントで、連続攻撃」をしてきます。

というのも、管理画面からみると、それに気づくんですよね。
誹謗中傷コメントが届くときは、必ずそれが連続しています。

色々な人を批判するために、たぶんアカウント量産してそうですね。
怖い世の中です。

とはいえ、1ヶ月は続かない

過激な嫌がらせとかは、実はそこまで継続しません。
1ヶ月もあれば、実は下火になります。

たまに「ずっとネチネチ、粘着する人」とかもいますが、こういった人からのダメージは小さいはず。

ミュートして見なければ、いったんOKかなと思っています。

まとめ:基本的にはスルーです

というわけで、以上が僕の対処法です。
スルーが一番ですね。戦っても、時間だけを失います。

なお、1つ注意点があり、それは「犯罪的なメッセージなら、通報しよう」です。

例えば殺害予告みたいなメッセージなら、それは一発アウトです。
そのメッセージを保存して、3ヶ月以内に「情報開示」の請求をします。

このあたりは弁護士への相談も必要なので、お金がかかります。
でも損害賠償で多少は取り戻せますので、危険過ぎるメッセージには、対処しましょう。

ちなみに僕は「ビーノさん」という弁護士に相談することが多いです。
親身に相談に乗って頂けるので、とても助かっております。

しかし料金もかかりますので、予算が厳しい方は「法テラス」をオススメします。
所得が低い人だと、弁護士に無料相談できるサービスです。

嫌がらせを受けてる人に、伝えたいこと


結論は「コメントを全て見ずに、継続しましょう」です。

見ると、どうしても反応してしまう

YouTubeとかの典型なのですが、動画にコメントが増えていくと、ポツポツと「嫌がらせ」が入ってきます。

そうなると、下記の状況になります。

  • 基本的には、コメントが増えて嬉しい
  • しかし少数の嫌がらせで、都度消耗…

本来なら「コメントが増えてハッピー」なのに、、、悲しい現実ですよね。

でも、これは避けられないので、自分の心の「防衛策」が大切です。
その方法はシンプルで、コメントを「全て見ない」ですね。

コメントを見ないと、平和

どうしても気になってしまうかもですが、心がザワツクなら、コメントは見ない方が良いです。

1つ残念すぎる点として、応援メッセージも見れなくなる、ということですね。

昔の僕も、一時期はこの状況でした。コメント欄を閉じるのはどうかと思ったので、すべてのコメントを、見ないようにしました。

すると、現実が平和だと気づきます。

マネージャー雇用もあり

もしくはお金がかかりますが、マネージャーを雇うのもありですね。

自分でコメントを見ないようにして、良いコメント&良い批判だけは、マネージャーを通して送信してもらいます。

これなら、傷つかず継続できるはず。
コメント確認のマネージャーなら、月額1万円くらいでも雇えると思いますよ。

※補足:僕の考えとして「良い批判」は見るべきだと思っています。良い批判の定義とは、その論理がしっかりしている人ですね。こういったメッセージには、僕は目を向けます。

今あることに、感謝しよう

あと大切なことですが、それが「いまの状況に、感謝すること」ですね。

下記をご覧ください。

誹謗中傷されたりすると、そのときは「自分=不幸のどん底」と思ったりしますが、果たして本当ですか。

よくある言い回しですが、日本に生まれた時点で、ぶっちゃけ勝ち組です。

生まれた瞬間に、奴隷の人もいます。
1日1ドル以下で生きる人も、山ほどいます。

そんな世界において、好きなことに挑戦できるという事実は、大きな喜びだと思うんですよね。

こういった「余裕のある思考」が生まれると、心が軽くなります。

なお、心の余裕には「充分な睡眠」は必須です。
なので僕は、毎日8〜10時間ほど寝てます。

届けたい人に、目を向ける

というわけで、今回は以上です。
人によっては、この記事を読んでも「これは、自分に当てはまらない解決策だな」と感じたかもです。

スイマセン、僕の経験ベースで書いたので、全員の問題は解決できません。
ただ、最後に1つだけあり、それが「理念の再考」です。

質問:なぜ、その行動をしますか

ブログを書くにせよ、YouTubeにせよ、ラジオにせよ、伸びてる人は「その根底に、理念みたいなもの」があると思います。

僕の場合だと「昔の自分に、いまの思考を届けたい」と思っています。

22歳だった僕は、このまま平凡に会社員として生きていくことに、諦めつつ、そして小さく絶望していました。しかしそこから行動して、いまは「ある程度は自由な人生」になりました。

昔は自信ゼロだったのですが、徐々に勉強したら、人生は改善できると気づきました。

ここを発信しています。

こういった理念に立ち戻ることで、本当に届けるべき相手が見えてくるはず。
そしたら、謎な批判に反応する時間は、かなり無駄ですよね。

あと100年したら、全員死んでる訳なので、どうせなら「有意義なことに時間を割きつつ、徐々に人生を進める」くらいでいいと思います。

というわけで今回は以上です。
たまに落ち込みつつも、前進しましょう。