Written by Manabu Bannai

人を信じない方がいい話【裏切りの対処法/期待せずに、生きていく】

LIFE

こんにちは、マナブです。
先日に下記のツイートをしました。

誰かを信じるのはいいですが、基本的な事実として、その人はあなたを救ってくれません。
冷たく聞こえるかもですが、結局は他人です。会ったこともなければ、話したこともなく、ネットの投稿だけじゃ、表面しか分からないと思います。なので、僕のことも信じたりせず、有益な部分だけ盗んでください🙇‍♂️

人は信頼しなくていいかなと思っています。
ちょっと冷たく聞こえるかもですが、わりかし合理的な思考です。

人を信じない方がいい話【裏切りの対処法】


信じてもいいですが、期待しない方がいいです。

前提条件:人は変わる

間違いない事実として、人は変わります。
簡単な例として、あなた自身のことを考えてみてください。

5年前と今では、少し思考が変わっていませんか? それと同じで、あなたの友人も、思考が変わっていきます。

なので、ある時期は「この友人とは気が合うな」と思っても、人は変わっていくので、時間が経つと「あれ、なんか違和感があるな」と感じたりします。

これは当たり前な話なので、友人だったりと気が合わなくなっても、落ち込んだりする必要はないと思います。

それよりも、むしろ「5年くらい、交友関係が固定化されている」という状態の方がヤバそうに思ったりします。

世の中に「完全な正義」は存在しない

信頼の反対に、裏切りがあります。
しかし、世の中に「完全な正義」は存在しないはずです。

世の中は流動的なので、すべては相対的に決まります。

  • 人を殺すこと → 基本的には悪。しかし戦争では正義。
  • 友人を裏切る → 基本的には悪。しかし正義の場合もある。

例えば上記です。

友人の裏切りに補足すると、例えば「関係を壊すことで、両者の未来が良くなる」という場合もあると思います。
その場合だと、裏切ることは、ある意味では「正義」ですよね。

例えば「相互依存しているカップル」とかでも言えるかもです。
お互いに悪い依存関係にあり、双方の成長に繋がらないなら、未来のために「相手を裏切り、そして別れる」という選択が正義かもですよね。

ネット世界では、無闇に信頼しないこと

話をネット世界に切り替えます。
僕はTwitterでフォロワーが13万人ほどですが、たまに「マナブさんは信頼できます」と言われたりします。

もちろん言われたら嬉しいですが、とはいえ心の声では「全てを信じないでください」と思っています。

僕のことを信頼しない方がいい話

言うまでもなく、僕も多くを間違えるからです。
例えばですが、僕は「ブログ、アフィリエイト、プログラミング、筋トレ、投資」といったテーマで発信していますが、全ての知識が完璧な訳じゃないです。

ブログは得意ですが、とはいえ僕の意見が偏っていることも事実です。プログラミングとかも同じです。偏っています。

なので「◯◯さんの意見だから、信じる」というのは、少し微妙です。
正しくは「◯◯さんの△△の情報は、信頼できそうだ」くらいですかね。

裏切られたときの、対処法

人生を生きていれば、1回くらいは「裏切られた…」と感じることがあるかもです。
そのときに「◯◯は最低だ」と思うんじゃなくて、相手の気持ちで考えることが大切だと思います。

同僚からの裏切りを例にする

例えばですが、状況によっては「本音を言いづらい…」という場合もありますよね。

極端な例かもですが、選択肢として「上司 or 同僚のあなた」を天秤にかけた場合、大半の人は「上司に媚びを売る」という行動をするはずです。

これは仕方なく、あなたを助けたら、会社に居づらくなるかもだからです。
会社に居れなくなったら、家族が露頭に迷うかもです。

つまり、状況によっては「友人があなたを裏切ることは、正義になる」ということですね。このあたりを冷静に考えると、気持ちを整理しやすいです。

しかし、裏切られた直後だと整理不可なので、時間を空けてください。

少数なら、盲信するのもありだと思います


ここは人によりますが、僕は「少数の友人は、盲信する」というスタンスです。
要するに「裏切られても、自分は相手を信じる」ということです。

盲信する友人の条件とは

条件を綺麗に言語化するのは難しいですが、、、少なくとも「会ったことがあり、そして長い時間を共有している」という点は、最低条件です。

なので、ネット世界の交友関係の場合、言うまでもなく盲信とかはしません。当たり前ですよね。
あとは、価値観が近いという条件もありますね。

僕の価値観は偏っており、たぶんマイノリティな思考です。しかし、マイノリティに生きていたら、変わった思考の友人が増え、こちらの方が心地よいと思っています。

こういった感じで、約10名ほどの友人は、基本的に「盲信」というスタンスです。

人を信じなくても、デメリットはない

少数の友人は信じますが、とはいえ大半の人は、そこまで信頼していません。
こういった書き方をすると「冷たいな・・・」と思われるかもですが、別に相手に対して「信頼してません」なんて言いませんし、デメリットはないです。

というか、無闇に信頼してしまうと、他人に振り回されやすくなるので、これがデメリットですね。

通常の付き合いは続けつつ、とはいえ、そこまで深入りせずに、ゆるく繋がっておくだけでいいかなと思います。

ネットが発達したので、現代だと「ゆるい繋がり」は増えていますよね。
このゆるい繋がりにおいて、双方の「深い信頼」は不要だと思います。

補足:信頼できる友人の言葉でも、鵜呑みにしないこと

ちょっと補足というか、、、ややこしい話をします。
なにかについてアドバイスを求めるときは、近い友人&他人において、重み付けは同じでいいかなと思っています。

具体例には下記のとおり。

例:異業種から「IT業界への転職」を考える場合

  • 身近な友人「ITは付いていくのが大変だよ」
  • ネットの意見「これからは、ITの時代です」
  • 親の意見「ITなんて不安定だから、危ない」

例えば上記の感じで、こういった場合だと「友人や親の意見を信じる」というのは、どうかなと思っています。
というのも、身近な人ほど「あなたに失敗して欲しくない=保守的な意見」を言うと思うので、これがプラスに働かない場合もあります。

なので、なにか意思決定をするときは、友人だからといって信じるんじゃなく、客観的な立場で考えるべきです。

他人に期待せず、生きていく

というわけで、今回はこれくらいにします。
他人を信頼しすぎたり、期待しすぎるのは良くないですね。

最後に下記をご覧ください。

台風でも出社しつつ「会社の連絡が遅いから、自分は出社しちゃった」といったコメントがありますが、なんというか、虚しいですね。

これは会社に期待している人の例だと思いますが、自分の意思とかは、遠く過去に置き去りにしたんですかね。
ちょっと話がズレてるかもですが、要するに「期待したり、信頼したりするのは、常に自分が良い」ということですね。

僕の場合は、少数の友達と、自分だけを信頼して生きていきます。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】