Written by Manabu Bannai

【報告】フリーランスとして「年収1億」くらいを稼ぎました【事実】

Freelance LIFE

こんにちは、マナブです。

フリーランス歴は4年目くらいです。
徐々に収入が上がってきました。

先日に下記のツイートをしました。

税理士さんから届いたのですが、今年の売上は「約9,100万円」という感じでした。今月の収益を足すと、約1億。
ほぼ個人で働いているので、わりと頑張りました。今後は売上を上げつつ、あとは「流通額」を増やしたい。流通額とは要するに「身近な友人に仕事を流し、そこで流れるお金」です。実験中😌

ちょっと売上報告をしていきます。
報告とセットで「今後の働き方」の話もします。

フリーランスとして「年収1億」くらいを稼ぎました


まだ概算なのですが、ほぼ間違いない数字です。

  • 2019年1月〜11月の売上が「9,100万円」です。
  • 12月の売上が入っていないので、数字はズレます。
  • 12月は「たぶん800〜1,000万」は稼げそうです。

上記のとおり。
念の為に2つの証拠を出しておきます。

売上の証拠データも貼っておきます

2つほど掲載しますね。

その①:税理士の先生から届いたデータ


上記をみたら分かりますが、利益率は80%くらいでした。

その②:銀行の残高データ


上記が銀行情報です。
これが全てじゃないのですが、いちおうお金は入っています。

というわけで、以上が証拠です。
続いては「フリーランスでの、1億円の稼ぎ方」を解説してみようと思います。

フリーランスとして1億を稼ぐ方法

結論として「自分の商品を作るべし」と思っています。
僕の場合だと、例えば下記です。

他にもあるのですが、これがメインです。
そして「アフィリエイトで稼ぐことも可能」なのですが、やはり限界に当たりやすいです。

僕の場合だと「2019年のアフィリ収益は5,000万くらい」だと思いますが、やはりGoogleに依存するので、ちょっと不安定感はありますね。

なので、1億とかを目指すなら「自分の商品は必須」だと思います。

補足:商品を売ると、必ず批判される

ちょっと悲報ですが、個人で商品販売をすると、確実に批判されます。

僕も何度も炎上(?)したかもです。なので一時期は「法人のような見せ方をしようかな…」と迷いました。

というのも、プログラミング教材を売るにせよ、たぶん「ちゃんと法人の公式サイトを作り、そこで売る」とかだと炎上しないんですよね。

しかし、途中で「いや、それは本質じゃないな」と思ってやめました。
なお、外部からの批判はありますが、購入者さんからの批判は届きませんでした。

未来予想:今後は「個人販売」が加速する

というわけで、ちょっと未来予想すると「今後は、DtoCの時代かな」と思っています。

DtoCはベンチャー界隈でのバズワードで、要するに「Direct to Consumer」なので、その意味は「お客さんへの直接販売」です。

モール販売だと、未来が厳しい

今までは「ネットで売る=Amazonや楽天に出品」という感じですが、これだとブランドが作れないんですよね。
そしてブランドが作れないと、結局は「価格競争でグローバル企業に負ける」という運命です。

Amazonで商品を買う人は多いですが、じゃあ「どのブランドから買っているか?」を覚えていますか? たぶん分からないですよね。

これを解決するには、やはりブランディングで、それを実現するツールとして「DtoC」という感じ。

一騎当千な個人が生まれる時代

なお、ここまでは企業レベルでの話でしたが、これは個人に置き換えても同じです。
個人でブログ運営だったり、SNSで発信するにせよ、大切なのは「ブランディング」という時代ですね。

そしてブランド化した個人は、大企業に勝てる時代です。

あなたは、どのように生きますか?

というわけで、売上報告とセットで「時代の流れ」にも言及してみました。
さらに深堀りすると、今後は「AIでの自動化時代」でもありますよね。

ぶっちゃけ「頭を使わない単純作業」とかをしていると、かなり未来は暗くなります。ベーシックインカムが生まれたら最高ですが、日本だと難しそうなので…。

というわけで、いくつか参考動画を貼っておきます。

【公開】これからの時代を予想し、波乗りして稼ぐ方法【5つある】

【断言します】これから伸びる産業を予想しました【証拠あり】

ぶっちゃけ世界は豊かになっているので、未来は明るいと思います。
とはいえ「どうせ生きるなら、楽しく生きたい」という人が多いはずなので、それなら時代の流れを考え、そして挑戦する感じがいいですよね。

僕もまだまだ道のり半ばなので、引き続き挑戦します。

フリーランスとして「年収3億」を目指そうと思う話


とりあえず、2020年の目標は「年収3億」と考えています。
とはいえ、どうなんでしょうね…。稼ぐ方法は想像できるのですが、なんとなく「あまり気分が乗らないな…」という方法しか思い浮かばず、考え中です。

売上だけじゃなく、流通額を増やしたい

何度も書いていますが、僕は物欲ゼロです。
あと貯金0円でもまた稼げるので、将来の不安は消えました。

なので今後は「全体の向上」を目指すのもありと思っています。

年間3,000万円くらいの流通

流通とは要するに「身近な友人に仕事を流せる仕組み」です。
その際に僕は「中間マージンを貰う」といったセコい稼ぎ方はしません。

全額流通させます。

  • YouTube関連で、月間100万の流通
  • プログラミング関連で、月間150万の流通
  • ブログ関連で、月間50万の流通

例えば上記の感じです。

これで年間3,000万とかなので、こうなってくると身近に「わりと豊かに暮らせる仲間」が増えますよね。ここもありかなと思っており、かつ「この行為は楽しい」と思えるので、今後は加速させます。

雇用やマネジメントは苦手ですが、ネット空間でチーム化する感じなら、わりと楽しいかもです。

あとは、海外移住者も増やしていく

僕は新卒から東南アジアに就職しました。
その後はずっと東南アジアに住んでいます。

この経験から思うことは「若い人ほど、海外移住すべき」と思っています。

  • 国が若く、エネルギーがある
  • 好きな気候を選び、住める
  • 税金も安く、貯金できる

上記のとおり。

特に「国民の平均年齢」って大切だと思っており、日本は50歳ちかいですよね。東南アジアとかだと「平均が30代」とかだったりで、やはりエネルギーが多いんですよね。

このあたりは「海外移住の教科書」とかを作りたいと思っています。

しかし、スイマセン。これは有料の予定です。
海外移住とかを無闇に拡散すると、無駄に炎上すると思っており、本気で検討する人にだけ売っていきます。

そして、そこからコミュニティも作っていきたいと思っています。
海外だと寂しかったりしますので笑。

というわけで、引き続きコツコツと生きていく

思い返してみると、僕の初期目標は「月10万くらいを稼げるようになり、Macと一緒に南国移住したい」でした。
これを達成し、徐々に目標を引き上げました。

そして気付いたら「年収3億」が目標です。

達成できるか不明ですし、もしかしたら年収が下がるかもです。
とはいえ、そこで一喜一憂しても意味ないので、やはり「満足感の高い仕事」をしていきたいと思っています。

それでは、今回は以上です。
そこまで有益じゃない記事かもですが、なにか参考になる部分があれば幸いです。

あ、あとFXも引き続き頑張ります。
FXは3〜5年かけて、億トレを目指していきます。それでは以上です。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】