Written by Manabu Bannai

効率的な学習方法を解説する【稼ぐことにフォーカスした方法論です】

LIFE

こんにちは、マナブです。
先日に下記のツイートをしました。

ちなみに、僕が思う「最速の学習方法」は「アウトプット前提で学ぶ」です。
例えば読書をするなら、読みながら常に「これを、どのようにブログやYouTubeで発信しよう」と考えながら読む感じです。頭に残りますよ。人気になりそうな本を即行で買って、1日で熟読して、そしてYouTubeで鬼解説など😌

学校の勉強は苦手でした。
なぜなら、やる意味がわからないから。

しかし「稼ぐこと」に関しては得意です。
収益にフォーカスした、学習方法の解説です。

効率的な学習方法を解説する


繰り返しですが「アウトプット前提で学ぶこと」です。

多くの人は「勉強のための勉強」をしている

下記のとおり。

  • ダメな例:ブログを学ぼうと思い、まずは書店で解説書を買いに行く
  • 正しい例:ブログで稼ごうと思い、ググりつつ、まずは記事を書く

上記のとおり。

ダメな例は「勉強のための勉強」をしていますよね。行動の動機が「ブログを学ぼうと思い」というモチベーションになっており、これがダメな例です。

一方で正しい例は「稼ぐという目標に対して、まず記事を書く」という行動です。

こういった人が成果を出すと思います。

多くの人は「学習の勘違い」をしている

下記のとおり。

上記のとおり。
これは「学校教育の弊害」だと思うんですよね。

授業だと教科書の1ページ目から進めますよね。
しかし、言うまでもなくこれだと非効率です。

じゃあ、塾とかではどうやって教えますか? 塾の場合だと「テストで高得点を取るために、重要な部分のつまみ食い」をしますよね。

この方が効率的で、世の中のビジネスでも同じです。
1から100まで勉強するじゃなく、必要な部分だけでOKです。

完璧を目指すと、無駄が多い

日本人の多くは完璧主義です。昔の僕もそうでした。

プログラミングを学び、そして「自由に生きたい」という目標がありました。
なので「学習のモチベーション」は高かったのですが、、なにせ「勉強量が多すぎる」という課題にぶつかりました。

当時の僕の問題点:全てを学ぼうとしている

参考までに解説しておくと、最初は「HTMLとCSS」を学びました。

そして次に「WordPress」を学んだのですが、すると「PHPがわからない」という問題にぶつかり、そしてさらに「どうやら、JavaScriptも必要みたいだ」ということに気づきました。

そして、下記の本を買いました。

上記は双方ともに「良書」と言われています。

しかし、、、ボリュームがありすぎなんですよね。こういったことを書くと怒られますが、ぶっちゃけ「読まなくていい」と思っています。

それよりも、YouTubeに転がっている「PHP入門」とか「JavaScript入門」を見たほうが、よっぽど効率的です。

そして、さらに高みを目指したいなら「分厚い本」に挑戦してもいいんじゃないですかね。

僕は分厚い本だと、挫折するタイプです。
要するに「完璧主義だと、全然、前にすすめない」ということです。

目標から、完全に逆算しよう

というわけで、大切なことは「アウトプット前提で学ぶ」です。
例えば下記のとおり。

  • ブログで稼ぎたいので、ブログで稼ぐ方法を学びつつ、そして「これは良さそう」と思ったテクニックを順番に使ってみる
  • YouTubeで稼ぎたいので、大好きなキャンプに行きつつ、そして「キャンプ好きはここで興奮する」という部分を撮影して、動画公開する
  • プログラミングで稼ぎたいので、まずは「仕事案件」を見てみる。そこから必要なスキルを把握し、そこだけ学ぶ

上記のイメージです。
そして更に大切なことは「とにかく、早く行動すること」です。

参考までに、僕の初期のYouTubeがこちら。

圧倒的な根暗感&音も悪い&暗い&声が小さい&陰キャ乙、という感じですよね。

しかし、こうやって恥を晒すことで、大きな成長になります。外野から批判も届きますが、1年も走れば届かなくなってきます。

そして別に失敗しても良くて、失敗したら「あぁこれはダメなら、別をやってみるか」でいいと思います。

失敗してない成功者って、見たことないです。

非効率な学習をする人の特徴


3つのNGパターンです。

  • その①:勉強しつつ寝落ちする
  • その②:本気で頑張っていない
  • その③:勉強好きになっている

順番にみていきます。

その①:勉強しつつ寝落ちする

寝落ちするなら、まずは寝たほうがいいと思います。

あと「参考書を読みつつ寝る」という感じなら、たぶん頭の片隅で「これって、必要な情報なのか…」と疑っていないですかね。そして「あぁ、、なんか、この本は無駄だな…」と思いつつ読んでる感じです。そして寝る。

スイマセン。これは過去の僕です。

こういった状態なら「アウトプット不足」が考えられます。
勉強するよりも、手を動かしましょう。

動かせば、眠気も減ります。

その②:本気で頑張っていない

たまに「この人は、本心で頑張っていないな」という人がいます。

例えば会社で大きめな仕事を任されて、そして「一見するとやる気がありそうだけど、、、本人の心は燃えていない」という状態です。

こういった状態だと、たぶん「中途半端な努力」になると思います。

本気で学びたいなら、自己責任がベスト

プログラミングにせよブログにせよ、やはり「背水の陣」がいいと思います。
要するに「退路を断つ」です。

ちょっと厳しいかもですが、ある程度は追い込まれないと、やはり人間って頑張れないと思うんですよね。
徐々に、追い込みましょう。

その③:勉強好きになっている

これはエンジニアあるあるだったりしますが、、、徐々に「あれ、技術って楽しいな」となり、そして「あれも学びたい、これも学びたい」という状態になったりします。

これは過去の僕ですが、こういった人が多いはず。

そして複数言語に手を出していくのですが、、、すると「勉強のための勉強が、楽しい」という状態になります。

ある意味で素晴らしいかもですが、これを続けても「稼げる人材」にはなれません。
理由は「エンジニアが好む技術」と「世の中のニーズ」がズレているからですね。

なので僕は「勉強を楽しむのもいいけど、とはいえ勉強は準備運動です」と自分に言い聞かせたりしています。

効率的な学習方法のまとめ

というわけで、最後にまとめです。

  • アウトプット前提で、学ぶこと
  • 完璧主義じゃなく、つまみ食い
  • 寝落ちするなら、手を動かそう
  • 本気になれないなら、退路を断つ
  • 勉強を楽しんでも、金は稼げない

上記のとおりですね。
1つ1つの項目を、ぜひ自問自答してみてください。

参考までに過去の僕は、次の状態でした。

  • アウトプット前提で、学ぶこと  → できていない
  • 完璧主義じゃなく、つまみ食い  → できていない
  • 寝落ちするなら、手を動かそう  → できていない
  • 本気になれないなら、退路を断つ → できていない
  • 勉強を楽しんでも、金は稼げない → できていない

全部できていなかったですね…。いまは全てできています。
その結果として、成果も残せました。

それでは、以上です。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】