Written by Manabu Bannai

会社勤務だと、仕事に集中できない件【常に話しかけられる恐怖あり】

LIFE

こんにちは、マナブです。

今は在宅勤務ですが、元々は会社員をやっていました。
会社では、あまり集中できず、生産性が下がっていました。

さて、先日に下記のツイートをしました。

会社勤務のデメリットは「いつ話しかけられるか、わからない」という点です。
僕の個人的な事情があり、それは「誰かに話しかけられる環境だと、集中できない」という性格です。なので、ブログ書くときは完全に引きこもります。話しかけられると、集中が切れて萎えませんか。僕はすぐ萎えてしまいます

上記を深掘りします。

会社で集中できずに悩んでおり、そして「できれば、引きこもって生きたい」と考えている方向けです。

会社勤務だと、仕事に集中できない件


会社だと、集中できないですよね。

常に、話しかけられる恐怖がある

恐怖と書くのは言い過ぎかもですが、、、ある種の「恐怖感」を感じます。

僕の場合だと、圧倒的に集中すると、なんというか「スイッチON」という感じになります。そして、そのスイッチがONになると、ざっくり30分ほどは、かなり集中できます。

しかし会社にいると「話しかけられるかもしれない…」という心境で働くので、なんというか「スイッチON」になりません。
あとは空調が微妙だったりして、身体的なストレスも感じたりします。

なお、いまは在宅ワークなので、引きこもって、孤独に作業しており、集中できて幸せです。

会社は集中できないし、無駄が多すぎる

僕はフリーランスなので、言いたいことを書いてしまいますね。
会社には愚痴があったりします。

会社には無駄が多く、集中できない件

  • 無駄に会議が多すぎる
  • 席が近いから、話しかけられる
  • ぶっちゃけ、大半の会話は無駄

ざっくり上記です。
こんなことを書くと批判されそうですが、、、わりと事実だと思います。

ホリエモンとかも言っていますが、コミュニケーションなんて「チャットでOK」ですよ。会議とかも、ほぼ不要。

あと、ググればわかることとか、ちょっと考えたら解決する問題でも、会社だと「席が近いから、直接聞く」という行為が多く、萎えます。

なお、僕は複数社での勤務経験がありますが、生産性の高い職場では「コミュニケーションはチャット」という感じでした。

こういった会社は素晴らしいと思います。

集中したい人は、在宅ワークすべき話

世の中には2種類の仕事があります。
具体的には、下記のとおりです。

  • クリエイティブな仕事
  • クリエイティブ以外の仕事

クリエイティブな仕事例としては「文章を書く」とか「企画を練る」とか「広告コピーを考える」とかですね。
クリエイティブ以外だと、例えば「営業」とか「マネジメント」とか「経理」とかですかね。

クリエイティブ以外の仕事なら、会社勤務でもいいかなと思います。
その方が、わりと業務が円滑な気がします。

しかしクリエイティブな仕事なら、完全に在宅ワークとかの方が、生産性が高いはず。
もしくは「話しかけられる危険性のないカフェ」とかでもいいですね。

僕はクリエイティブ系の仕事をしているので、完全に在宅派です。
あと、会社勤務のときも、たまにカフェで作業していました。

集中したいときだけ、勝手にカフェに行きました。

わりと苦しいなら、徐々に逃げよう

というわけで、この記事は「会社勤務で、思うように集中できず、消耗していた自分」に届けたいです。

シンドいなら、徐々に抜け出すべきですよ。

会社にいると、毎月給料が入ってきます。とても気持ち良いです。それに慣れると、抜け出せませんね。
しかし、もし仮に「あまり会社で、居心地の良さを感じない」という場合は、徐々に抜け出すべき。

下記をご覧ください。

僕は日々、こういった環境で働いています。

人によると思いますが、昔から僕は「家に引きこもり、静かに働きたい」と思っていました。こういった気持ちに近い人は、徐々に動き出すといいかもです。

無理に会社で耐えたとしても、あまり良い選択とは思えません。

会社で集中できない人の、よくある間違い


NG例は「ノイズキャンセリングのイヤホンを買う」です。

雑音を消しても、本質的に改善しない

昔の僕もやってしまったのですが、、、会社で集中できない理由は「うるさいから」じゃないです。

集中できない理由の本質

それは「常に話しかけられる環境だから」です。

上記のとおり。

なので、仮に「ノイズキャンセリングイヤホンで雑音を消す」という行動をしても、あまり効果なしです。というか、ノイズを消すと、たぶん「いきなり肩を叩かれて、ビビる」という状況が生まれます。

こうなってしまうと、次は「肩を叩かれる恐怖との戦い」です。

集中できないなら、サボるしかない

というわけで、会社環境が悪いなら、自分の身の回りだけ改善しても意味なしです。

失敗しがちな無駄な行為

  • ノイズキャンセリングのイヤホンを買う
  • デスクに仕切りを作り、環境を良くする
  • 会議室に1人でこもり、作業をしてみる

上記は、あまり効果ないかなと。

仕切りとかを作っても、余裕で仕切りとかを無視して、話しかけられますので。
会議室で作業しても、途中から会議が始まり、そこで集中が切れます。

なので結論は、適当に働くしかないですね。
適当に働きつつ、見切りをつけつつ、徐々に退散しましょう。

内向的だと、会社に向いていない

というわけで、会社で集中できない話を書いてきましたが、わりと共感できたなら、仕事を変えたほうがいいですよ。

こういった文章に共感できる人は、たぶん内向的です。
そして、内向的な性格は、強みにもなります。

内向的な人の特徴

  • 人と話しすぎると、疲れる
  • 静かに家で暮らすのが好き
  • チームワークより個人作業

上記のとおり。これが僕の状況です。

そして、こういった行動ができない人も存在しており、例えば「ずっと家にいるとか、無理」という人ですね。営業系の人に多かったりします。

なので繰り返しですが、内向的は強みになります。
会社で集中できずに苦しむ人は、頑張る環境をミスっています。

もっと別の働き方がありますよ。

無理せずに、生きていこう

というわけで、今回はこれくらいにします。
最後に1つあり、それは「無理に、周りに合わせなくてOK」ということです。

営業をやっていたころの僕は、イケイケ営業マンの先輩とかに「もっと抑揚をつけて話せ」とか「成果がでたらキャバクラに行こう」とか言われていました。

しかし声を出すのは苦手だし、あとキャバクラも興味なしです。

ただでさえ疲れてるのに、なんでお金を払ってまで話さなくてはいけないのか…という感じでした。かといってキャバクラで黙り込んでも、それじゃあ「扱いづらい客」としてキャバ嬢に迷惑をかけると思い、消耗です。

なんか話がズレてきてますが、要するに「自分の価値観で生きよう」ということです。

内向的で、会社で集中できないなら、それは僕も同感しますよ。
そしたら、徐々に労働環境を変えるだけです。

世の中には色々な選択肢があるので、生きやすさを模索してみてください。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】