Written by Manabu Bannai

お金を稼ぐ意味は、特にない【なので、僕もあまり稼がない方針です】

LIFE Money

こんにちは、マナブです。

YouTuberとして、日々発信をしています。
そして先日に、下記のコメントが届きました。

いただいたコメント

資本主義が好きなのか? そこ知りたい。
お金で何を得ました? 皮肉ではなく知りたい。
稼ぐ意味がわからないんだ。

上記に回答してみます。

結論は、稼ぐ意味はないです。
なので、僕もあまり稼がない方針です。

お金を稼ぐ意味は、特にない


結論として「特に意味はない」と思っています。

稼いでもいいし、稼がなくてもいい。
僕は暇なので、稼いだりもしています。

問題点なのは、足りないこと

1つ重要な点は「足りないのは問題」ということ。
理由はシンプルで、不幸になるから。

貧困だと幸福度が下がる

スイマセン、データ元は忘れました。しかし「貧困だと幸福度が下がる」というデータは、いくらでも見つかるはず。

その理由として「常にお金の心配があると、幸福なことについて考える時間が減るから」と言われています。

これも納得ですよね。
なにかしら心配事があると、心が不安になるはず。これは良くない。

僕の結論:必要なだけ稼ぐ

というわけで、当たり前すぎることですね。
お金は「必要な分だけ稼ぐ」でいいと思います。

生活費が20万くらいなら、それなら月30万くらいでいいかなと。

多少は貯金できないと、それが「不安」を生み出しますので。
不安があると「人生の幸福度」が下がります。

疑問:僕が1億くらいを稼ぐ理由

ここまで聞いて、僕のことを知っている人は「でも、あなたは大量に稼いでるじゃないか」と言うかもです。

僕の場合だと、別に月20万でもいいと思っています。お金も、特に使っていません。 でも、普通に楽しいことをしたら稼げるので、とりあえず稼いでいます。

ゲームのスコアと同じ感覚です。

無理して稼ぐのは、良くない

参考までに、収入が低かった頃の僕は「稼ぐ意味がわからない」との記事を書いています。

こちら2017年7月の記事でして、当時の月収は50万くらい。収入が低いという訳じゃないかもですが、当時は「稼ぐのが謎」と思っていました。

そして記事の最後は「答えを教えてください」で終わっており、今回の記事は「昔の自分への回答」として書いています。

稼ぐのが辛い人は、無理してる

結論として、当時の僕は無理していました。
その理由が分かるのが、下記のツイート。

当時は「なんとかして稼いでやる」と思っており、収入を伸ばすことにフォーカスしていました。

その結果として労働量が増え、身の回りの友人に「多すぎる仕事の依頼」などをしており、それで僕が苦しんでいました。

つまり、稼ぐ意味が分からないというより、シンプルに「適切なビジネスを回せていないので、非効率で苦しんでいるだけ」ですね。

稼ぐ意味はないから、楽に生きよう

というわけで僕の結論は「稼ぐ意味なんて、ない」です。なので「無理せずに、楽しく生きるのみ」です。

そして不思議なことに「無理せずに、楽しく生きる」を徐々に実行すると、収入も増えていったりします。

というのも、楽しい仕事や無理のない仕事って、あなたの得意分野だったりするんですよね。なので、楽しく働いたら、収入も増える、というループ。

大半の経営者とかって、これですよ。だから、皆さん顔が若い。思考も若い。

つまり難しく考えず、楽しく生きて、その結果としてお金が増えるだけ。増えたお金に、別に価値はありません。稼いでも、あなたは何も変わりません。

お金を稼いでみて、失ったモノ


世の中的には「お金を稼げば、幸せになれる」といった風潮があるかもです。

僕は20代で、貯金は1億を超えました。
わりと稼いでいる方ですが、失ったモノもあるので、参考までに書いてみます。

シンプルに友人が増えない問題

これは僕の働き方の問題もありますが…。
ここ2年くらいは、友人の増加率がゼロですね。

というのも、ブログやYouTubeで発信していることもあり、新しい人に会っても「いつも見てます」とかって言われるので、関係値が作れません。

経営者は、孤独な問題

世の中の経営者は孤独だったりします。

というのも、外からみると「社員に囲まれており、幸せそう」に見えるかもですが、間違いなく、社員とは友達になれません。

僕は経営者も経験しているので多少は分かりますが、そもそも関係値は「経営者と部下」という感じなので。囲まれていても、たぶん孤独です。

失ったモノは、これだけ

というわけで、失ったモノは以上です。友人が増やしづらい問題ですね。

この記事はバンコクで書いており、いま窓から外を見ながら、考えていました。しかし、やはりこれ以外に失ったモノはありません。

とはいえ、昔の友人もいますので、大丈夫です。

補足:昔の友人も、たぶん減った

参考までに、かなりリアルな部分まで踏み込みます。

収入が増えたりしてくると、疎遠だった友達からの連絡が増えます。いきなり連絡がきて、ご飯に誘われたり。もしくは誕生日のメッセージが届いたりなど…。

ぶっちゃけ複雑な気持ちです。
まぁこのあたりは、書くのはこれくらいにしておきます。

お金を稼ぎ、得たモノ

稼ぐことの最大の資産は「良い繋がり」だと思います。

僕は引きこもりで、あまり人とは会いません。しかし少数の友人がおり、たまーにご飯に行きます。そして嘘偽りなく、全員が「超ポジティブ&未来を見据えて生きてる」という感じなんですよね。

これは、あまり稼げていない時期には、作れなかった交友関係です。行動して、収入を増やす過程にて、友人が増えました。

ここが最大の財産で、結局はこれだけだと思います。

お金は増えていきますが、結局は銀行のデジタル数字です。そしてお金が増えると、また使うのも大変だったりします。経理とかも大変だし、なんか色々と不毛ですね。

2020年は、あまり稼ぎません

そろそろ記事を終えます。
なお、先日に下記のツイートをしました。

僕の場合は「稼ぐ時期&稼がない時期」を明確にわけています。

直近の話だと、2018年は稼ぎました。
2019年は稼いでいません。2020年は、前半だけ稼ぎました。

今は2020年の6月ですが、残りの半年は、あまり稼がなくていいと思っています。

稼ぐ方法はありますが、手を広げすぎると、自分が追いつかなくなるからです。

いまはブログを書き、YouTubeも撮り、これらを無料で発信し続けます。そして少しでも見てくださる方に還元しつつ、また2021年くらいから、ビジネスのネタでも考えるかもです。

お金を稼ぐ意味は、あまりなしですね。終わり。

Secured By miniOrange