Written by Manabu Bannai

【大切】金儲けが上手い人の特徴【結論:失敗を鮮明にイメージしよう】

LIFE Money

こんにちは、マナブです。

わりと稼ぐことが、得意な方です。
いまは30歳で、年収1億を超えました。

さて、先日に下記のツイートをみました。

金儲けが上手な人はいくら『損』しうるかをまず計算する。その為、逆説的に強く大きくリスクを取れる。金儲けが下手な人はいくら『得』しそうかをまず計算する。そのため悪い事態に面してはメンタルが弱く困惑して逃げてしまう故に得るものがない。この違いは大きい。

与沢さんのツイートに共感しました。
ブログにて、掘り下げてみようと思います。

金儲けが上手い人の特徴


結論は「リスクに目を向けること」だと思います。

失敗後を、鮮明にイメージしよう

与沢さんのツイートに対する、僕のコメントが下記です。

上記のとおりで、見事に失敗しました。
起業失敗して、そして「自分がイメージしたとおりに、実家に戻る」という感じ。

なお、当時のショックは「事前に想定したよりも、20倍くらい巨大」でした。
しかし、なんとか復活。

秒速で挑戦するのが、正解です

昔の僕は、ホリエモンの本を読んでいました。
そこには「あなたは、なにも持っていない」という話があり、完全に同意でした。

この記事を読んでいる大半の人も、ぶっちゃけ「背負っているものは、ほぼ存在しない」と思います。

家族や子どもがいるなら、ちょっと話は別ですね。
しかし例えば「20代の若者」とかなら、僕が思うに「なんで、リスクを取らないのか?」と思います。

持ち物なんてゼロだし、貯金なんて、誤差みたいなものですよ。
それならば、挑戦した方がいい。

昔の僕は、このように思って、挑戦し、失敗し、再挑戦して、今があります。

稲盛さんの言葉も、かなり深い

稲盛さんは「京セラやKDDI」の創業者であり、かつ「倒産したJALを復活させたこと」でも有名ですね。

そして多くの書籍も出されているのですが、その中で、次のような内容があります。

「事業の利益は預かりもの、社会貢献に使え」

上記は「生き方」という本の引用です。
ここの「利益は預かりもの」という記載が、かなり深いなと思います。

というのも、稲盛さんほど成功しており、そして資産を持っていても、それでも「利益=預かりもの」と考えるのは、つまり「自分=なにも所有していない」とも考えることができますよね。

深読みしすぎかもですが、僕の理解です。
このように「自分は所有していないんだ」という気持ちがあると、次なる挑戦に繋がるのかもです。

時給脳も、捨てていこう

これも重要です。

世間的にいうと「年収1,000万=すごい」ですよね。
しかし経営者からすると、年収1000万とかって、かなり小さな数字です。

僕もそうですが、身近で独立している友人は、当たり前のように月収数百万とかを稼いでいます。

結論が上記なのですが、要するに「仕組みや商品」を作らないと、結局はシンドイんですよね。

会社員レースを頑張ると、トップ層で1000万です。
これが「時給での限界」という感じ。

そして、大半はトップになれません。
なので、独立するなりにして、自分で仕組みを作っていかないと、収入は伸びなかったりします。

ここは、間違いない事実です。

金儲けが上手い人は、ずっと稼いでる


ここまで読んだ方は、もしかすると「内容は理解したけど、、自分には”稼ぐセンス”とかもないし、、結局は難しいよな…」と思うかもです。

しかし、ここに関しては、ちょっと意見があります。

基本的には、経験不足

大半の人は「金儲けの経験不足」だと思います。

小学校でも、中学校でも、高校でも大学でも、お金に関して学ぶことがないですよね。
そして、社会人になっても、多くの人は「収入=給料」だと思います。

これじゃあ、稼げなくて当たり前です。

まずは1円を稼ごう

経営者がよく言うことですが、まずは「1円を稼いでみる」が大切です。

1円の次は、1,000円、そして1万円と増やします。
すると、どこかのタイミングで「うわ、、、自分の時給が低すぎ」と気づきます。

この気づきから、次なる成長に繋がります。

利益を生まない行動は、すべてカット

極論かもですが、僕はこんな感じです。
要するに、人生において「利益のでない行動=すべて辞める」です。

例えばですが、僕は洋服が好きでした。
しかし「ショッピング=利益を生まない=すべてカット」にしました。

7年ほど、買い物は控えました。
あとは「洗濯」とかもそうですね。

洗濯って、確実に富を生まないじゃないですか。
なので、全自動の洗濯機を買うだけ。

食品の買い物に関しては、これは価値あるかもです。
なぜなら「健康維持=富に繋がる」からです。

こんな感じで、すべてを「損得勘定」しています。
なんかツマラナイ人生に思えるかもですが、、経営者とかって、こんな感じだと思います。

稼いでから、考えたらいい

金儲けについて語ると、よく言われることがあります。
それは、次のような言葉です。

「お金だけが全てじゃない」

おっしゃる通りで、昔の僕もそのように考えていました。
そして「金儲けがすべてじゃない」と思いつつ起業してみたら、失敗しました。世の中は、そんなに甘くないです。

そして、思ったことがあります。

「世の中では、たぶんお金が全てじゃないと思う。しかし、自分はまだ分からないので、まずは圧倒的に稼いでみよう。」

上記のとおり。
このマインドにして、いまは稼いでいます。

今となって思うことは、世の中がお金じゃなく、たぶん「幻想」だなと思っています。

ここを話すと長いので、スイマセンがまた別の機会にします。

圧倒的に泥臭く、稼ごう

というわけで、今回はこれくらいにします。
最後に1つあり、それは「キレイに稼ぐのは、辞めよう」です。

世の中では「キレイに稼ぐ企業、個人」がいます。
しかし、過去を遡ってみると、かなり泥臭い場合が多いです。

例えば、iPhoneを作ったスティーブジョブズとかって、元々は「違法電話で儲けた人」ですからね。

鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーさんは、最初の資金は「インサイダー取引で貯めた」との情報もありますからね。

こういった感じで、世の中の実情は、表面からだと分かりません。
最初は汚くていいと思います。それでもガムシャラに稼いでみて、そして考えるのもあり。

僕はそうしてきましたし、いまもスタンスは同じです。
泥臭く行動する。稼ぎながら、考える、です。

P.S:最近はブログ更新が少なめですが、しかし「テクノロジー発信のメルマガ」をやっています。無料で「最先端のテクノロジー」を学べます。気になる方は「こちらのリンク」から登録できます。是非どうぞ。