Written by Manabu Bannai

ビジネスにおいて、メンタルコントロールが重要な話【3箇条を公開】

LIFE

こんにちは、マナブです。

メンタルコントロールが、わりと得意です。
個人で、安定して月800万ほど稼いでいます。

ブロガーとして生きるなら、メンタルの安定が必須。

Twitterとかで発信すると、常に批判されますからね。
批判されつつも、視線を批判者に向けたらNGです。

視線は常に「記事の読者」に向けます。
記事の読者とは要するに「3年前の自分」です。

メンタルがあってこそ、届けたい読者に言葉が届く

今回は「メンタルコントロール」についての解説です。
売上を伸ばしていくには、健全なメンタルが必須。徐々に鍛えましょう。

ビジネスにおいて、メンタルコントロールが重要な話


メンタルが安定しないと、成果は出ないですね。

伸び悩む人の特徴とは

結論から言うと「どうでもいいことで、悩んでいるから」です。
例えば、下記のとおり。

  • 批判されたらどうしよう
  • 失敗したら、どうしよう
  • ◯◯さんに、勝てない…

上記のような不安感を持っていると、目標を見失います。
例えばブログを例にするなら、そもそもの目的はなんですか?

僕がブログを続ける理由は「過去の自分を救いたいから」です。
ここが明確なので、基本的にブレません。

たまに批判が来ますが、しかし「僕は、過去の自分のような人に、本心で伝えたい」と思っているので、あまり関係なしです。

というか、批判とかに流されてしまうと、過去の自分に言葉が届かなくなります。
よって、伸び悩みが起こったりする感じですね。

今回はブログを例にしましたが、ビジネスでも、わりと同じことが言えると思います。
要するに心が安定しないと「本来の目的を、見失ってしまう」ということです。

メンタルコントロールを鍛える方法

僕が実践する方法は2つです。

  • その①:徐々にマイルールを作る
  • その②:支えになる言葉をメモる

さくっと順番に解説します。

その①:徐々にマイルールを作る

僕は大量にマイルールがあるのですが、例えば「朝起きたら、なによりも先にブログを書く」とか「批判が目に付きそうな場所は、見ない」とかですね。

こういったルールは、失敗しつつ、徐々に作っています。

というのも、過去の僕は「ネットの口コミを、よく読む」という感じだったのですが、ある時に「これは無駄だな」と気付きました。

自分に対する批判とかを見ても、1ミリも得しませんからね。
こういった気付きを元に、ルール化しています。

その②:支えになる言葉をメモる

ここも大切で、僕は「小説と哲学書」から学んでいます。

心が疲れたら、本を読みます。すると、そこには「自分の救いになるような言葉」が転がっていたりするので、それを覚える感じですね。

例えば「竜馬がゆく」とか「スティル・ライフ」とかは、素晴らしい言葉が多かったです。僕のバイブルです。

メンタル管理とセットで、情報管理もすべき話

メンタルを安定化させるためには、不要な情報の遮断も大切です。

ぶっちゃけ、情報の99%は不要です

情報爆発の時代なので、情報が溢れています。
しかし「情報の取捨選択」に注意している人は少ないですよね。

人によっては「大量の情報を浴びるべきだ」と言いますが、僕はそう思いません。

処理能力の高い人なら問題ないですが、僕は頭の回転が早くないので、情報が多いと、シンプルに混乱します。何が正しいのかわからず、消耗します。

なので基本的に「ほぼ全ての情報を遮断する」というスタンスです。
SNSとかでも、しっかり情報を追いかけてるのは5名くらいですね。

学びたい分野の5名を選び、そこだけを本気で追いかけます。
これくらい本気だと、その発信者の「日常生活」とかもイメージできますからね。

ちょっとキモいですが、ツイートをみつつ「あぁ、この人はいま、ランチ休憩だな」とか分かります。
取得する情報なんて、ごく僅かで大丈夫ですよ。

まず行動して、必要に応じてググるくらいです。

まとめ:メンタルコントロールの3箇条です

下記にまとめました。

  • 原則①:徐々にマイルールを作る
  • 原則②:支えになる言葉をメモる
  • 原則③:大半の情報を、遮断する

上記のとおり。

よくある話で「メンタルを鍛えるために、レッスンを受ける」とかってありますが、ぶっちゃけ不要な気がします。
やってもいいですが、それよりも経験から学ぶほうが、効率的じゃないですかね。

最速の成長法は「挑戦すること」なので、挑戦しつつ、メンタルコントロールも意識していくのが、吉だと思います。

メンタルが弱ってきたな…と感じたら、やるべきこと


メンタルコントロールが大切ですが、人間なので、たまに疲れますよね。
そういった時は、僕は下記を実施しています。

  • その①:よく寝る
  • その②:酒を飲む
  • その③:よく休む

サクッと順番にみていきます。

その①:よく寝る

これが最重要な気がしています。

睡眠時間が足りていないと、正常に判断できなくなります。
そして僕の場合だと「新しいことを始めたときは、毎日9時間睡眠が必要」という感じになります。

新しいことを始めると、圧倒的に脳ミソが疲労しますからね。
無理し過ぎはNGだと思います。

その②:酒を飲む

酒の飲み過ぎはNGですが、、、適度に飲むのはありです。

もちろん好き嫌いもありますが、お酒を飲むと、わりと思考がリラックスできるのかなと思っています。

なお、疲労やストレスが溜まりすぎていると「飲んでも、あまり酔わない」という状況になるかもです。
極稀に僕もこういった状況になるのですが、仕事量とセットで、酒の量が増えていたら、それは完全にNGです。

飲まずに寝てください。

その③:よく休む

よく寝ることと同じじゃないの、、と思われるかもですが、違います。
具体的には、何もしない時間も増やしましょう、ということです。

特に経営者やフリーランスに多いですが、働けば働くほど、収入が伸びたりします。
すると、気づいたときには「無限に労働している」という状況だったりします。

これじゃあ、どこかで体を壊したりするので、たまには「家で、何もしない」といった日も大切だと思います。
僕は基本的にオーバーワーク気味なので、意識的に休むようにしています。

補足:旅をしても、疲れは取れない

メンタルが疲れたら、綺麗な海でも見に行くといい、といった言葉もありますが、ぶっちゃけ僕はそう思いません。

短期的に旅をしても「あぁ、帰宅したら◯◯をしないとな…」という感情が湧いてくるかと思います。

もちろん個人差もあると思いますが、僕は「旅をしても、ぶっちゃけ癒やされない」という感じでした。

なお、完全に長期旅行とかをするなら、癒やしがあるかもですね。
日帰りや2〜3泊だと、ぶっちゃけそこまで回復しません。

成果を出すために、心を鍛えよう

というわけで、今回はこれくらいにしようと思います。
昔の僕は「メンタル管理なんて、適当でいいでしょ…」と思っていたのですが、勘違いでした。

健全なメンタルがないと、必ずどこかで伸び悩むと思います。とはいえ「メンタルを集中して鍛える」ということも難しいので、挑戦しつつ、徐々に成長するしかないですね。

事業を頑張るにせよ、病んでしまったらNGなので、無理しすぎないように、頑張ってみてください。
僕も心を鍛えつつ、引き続き頑張ります。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】