Written by Manabu Bannai

【事実】同窓会に興味がない件【話題ない/交友関係は2年で変わる】

LIFE

こんにちは、マナブです。
同窓会には、行ったことがないです。

先日に下記のツイートをしました。

僕の感覚がバグってるかもですが、、ぶっちゃけ同窓会とかって、興味が湧かないです。 成人式は行ったのですが、話題が過去の話ばかりなので…。僕は未来の話をするのが好きなので、数年先のビジョンとかを持ちつつ、自分なりに行動してる人の方が、会話が楽しいです

上記を深堀りします。
同窓会には、行かなくていいかなと思います。

同窓会に興味がない件【話題ない】


結論は「あまり話すことがないから」です。

常に友達は、少人数でした

これって普通だと思うのですが、仲良しグループとかって、5人くらいじゃないですかね。

僕は中学にせよ高校にせよ、仲良いメンツは「3〜5名」とかでした。
あとは「薄い友達」とかもいましたが、そんな感じです。

あと、高校に関しては「仲良し=部活メンバー」だったので、クラスは別です。
なので、同窓会で遭遇しません。

同窓会に違和感を感じる

スイマセン、僕は1回も行ったことがないので、想像で書いています。
しかし、同窓会ってランダムでの着席になりますよね。

ということは、隣に座った人が「なんか見たことあるけど、絡みはゼロで、名前も覚えてない人」という場合もある訳じゃないですか。

そうなったら飲み会の2時間が地獄なので、行かないです。

同窓会の会話は、行く前から想定できる

ちなみに、仮に同窓会に行ったとして、話題は想像できます。

  • ◯◯の先生はキモかったよね
  • ◯◯と△△が結婚したんだよ
  • □□がモデルやってるらしい

例えば上記の感じです。
こういった会話が好きならOKですが、僕はあまり興味を持てないので、参加しなくていいやと思います。

あと、仮に僕が「今は海外に住んでるよ」みたいな話をしたら、わりと質問攻めにされそうなので、やはり行かないかなという感じです。

余談:同窓会は、マウント大会らしい

この記事を書く前に「同窓会」についてググっていたのですが、どうやら「同窓会=マウント大会」みたいですね。驚きました。

同窓会に行きたくない理由

  • 男性2位:いまの自分に自信がない
  • 女性1位:いまの自分に自信がない

上記のとおり。
これって、裏返して考えたら「自分に自信がある=同窓会に行く=マウントしたい」ということですよね。

つまり、大企業就職した人とかが、会社の苦労話とかをするんですかね。

もしかしたらブログネタになるかもなので、若干だけ興味が湧きました。でも行かないです。
※ランキングデータは「同窓会が億劫な人と楽しみな人の決定的な差」から引用しました。

大きな成果を出した人は、同窓会に行かない説

ここは僕の考えですが、社会的にも、そして経済的にも成果を出した人は、同窓会に行かなそうです。

というのも、僕は何名かのお金持ち(資産が億超え)に会ったことがありますが、皆さん「自分の話はしない」という感じなんですよね。

なので、同窓会とかでマウントする人って、もしかすると「ちょっとだけ、社会の上位層」という感じかもです。
スイマセン。同窓会に行ったことのない僕が、すべて妄想で書いています。

しかし、人間の幸せなんて定義できないので、行きたいなら行く、行きたくないなら、行かない。これだけですよね。

交友関係は「2年」で変わる話


ここは孤独な発想かもですが、僕の場合だと「交友関係が、2年おきに変わる」という人生です。
3年だと気の合った友人でも、徐々にズレてしまったりするんですよね。

経験談:行動すると、友人減少

人生の節目になると、わりと友達が減ります。
減るというか、、会わなくなる感じですね。

人生の節目となったイベント

  • 大学を休学して、長期留学したとき
  • 大学卒業後に、海外就職をしたとき
  • 起業失敗して、再度挑戦をしたとき

例えば上記ですね。

こういった感じで「環境を思いっきり変える」という行動をすると、交友関係も変わります。たまに寂しさのような感情もありますが、とはいえ未来に向けて生きているので、問題なし。

古き良き友達に、すこし違和感

日本だと「古き良き友達」という言葉があり、価値観として「古いもの=歴史のあるもの=良いもの」という感じですよね。
これを友達にも当てはめている感じだと思いますが、、すこし違和感です。

交友関係が固定だと、価値観も固定

よくある言葉で「あなたの年収=あなたの友人5名の年収の平均値」という言葉があります。
これは価値観も同じだと思っており「あなたの価値観=あなたの友人5名の価値観の平均」という感じかと。

現状が素晴らしい状況ならいいですが、僕は人生において「常に、小さな不満」を感じていました。なので、行動し、環境を変えました。

そしたら、それに伴って、交友関係も変わりました。

価値観が変わったら、アップデートしたらいい

世の中には「無理してまで、友達と合わせている」という人がいますが、それだとストレスだけが残りますよ。

価値観が合わないなら、離れるだけです。そして、新たな交流を増やしたいなら、自分から行動するだけです。

仕事に関しても、人間関係に関しても、収入に関しても、問題があるなら、自分から主体的に動き、そして解決する方がいいと思います。

友達と価値観がズレたら、その場合の選択肢は「①自分が変わる/②友人が変わる/③離れる」です。
そして、僕が思うに「③離れる」が楽だったりするので、もし仮に価値観がまた戻ってきたら、また古き良き友達と、交流したらいいんじゃないですかね。

仮に野心とかを持っていると、どうしても価値観がズレますよ。

無理して群れずに、生きていこう

というわけで、最後にドイツ哲学者である「ショーペンハウアー」の言葉を貼ります。

上記のとおりで、これは言い過ぎかもですが、とはいえ「本質的は幸福=内面から生まれる」だと思います。

なので、話を戻していくと、同窓会が嫌なら行かない。そして、価値観がズレたら、一旦は友人と距離を置く感じじゃないですかね。

本当に親友だったりするなら、いつでも戻れると思いますので、気にする必要なしです。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】