Written by Manabu Bannai

プログラミングが伸びない人の問題点とは【上級者に質問はNGです】

PROGRAMMING

プログラミングが伸びなくて悩む人「プログラミングが伸びない…。 最近はプログラミング学習を頑張っているけど、、、まじでスキルが伸びません。参考書を読んでも、うまく理解できないし、絶望的に簡単なエラーで死ぬほど躓いたり…。やっぱり自分には向いてないのかな…。どうしたらいいんだろう…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • プログラミングが伸びない人の問題点とは【3つある】
  • プログラミングが伸びないから上級者に質問する ←NGです
  • プログラミングが伸びない原因は、センスじゃないです

この記事を書いている僕は、プログラミング歴4年ほど。
現在は、フリーランスエンジニアとしてご飯を食べていけるようになりました。
» 参考:フリーランスエンジニアとして月収100万円を稼いだ方法【実体験】

プログラミング初心者は「スキルが全然伸びない…」と悩むことが多いですが、そこは誰もが通る道です。 そして、「スキルが伸びない…」という悩みには「問題点と解決策」が存在しますので、その点を記事で解説しようと思います。

プログラミング学習で苦労している方は、3分ほどで記事をご覧いただけたらと思います。すこしだけ、頭がスッキリして、学習のモチベーションも高まるかなと思います。

スポンサードサーチ


プログラミングが伸びない人の問題点とは【3つある】


問題点は次の3つです。

  • 問題点①:すべてを一度で理解しようとしている
  • 問題点②:プログラマーとして成功している友人がいない
  • 問題点③:いつまでも準備運動をしている

問題点①:すべてを一度で理解しようとしている

これが一番あるなるなのですが、要するに「参考書を読んで、理解できなくてもOK」ということです。 一部の天才を除いて、1回で全てを理解するとかって、不可能ですので。

プログラミング学習で重荷になること

完璧主義は重荷になります。捨てちゃってOKです。

まずは30%の理解でもいいので、前に進んでいくことが大切です。

参考書で勉強するなら、「まずは30%の理解で1周する→2周目を読んで50~60%くらい理解する→これで終わり」くらいの感覚でOKです。

なお、このあたりの考え方は「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある」という本がオススメでして、理由は「『プログラミング学習に行き詰まっている』あなたにオススメな1冊」の記事で解説しています。

問題点②:プログラマーとして成功している友人がいない

成功の定義が難しいですが、、、要は「プログラミングで食べてる友人」とかでOKです。 思考は現実化するという言葉がありますが、「近くにプログラマーの友人がいる or いない」で次のような違いが生まれます。

  • プログラマーの友人がいる場合 → プログラミング学習で挫折しそうだけど、やっぱり友人みたく働きたいので、もう少し頑張ろうと思える。
  • プログラマーの友人がいない場合 → プログラミングで挫折しそうなので、Twitterで尊敬するプログラマーを見る。しかし、あまり現実味がないので、、、やっぱり辞めようかなと思う。

上記の感じでして、要するに「目標とする人が近くにいた方が、努力は継続しやすい」ということです。

現代ならSNSとかで繋がりは作りやすい時代なので、プログラマーの友人は増やすべきだと思いますよ。 ※誰かに会いに行く or イベント参加とかでもOKかなと思います。

問題点③:いつまでも準備運動をしている

次のパターンはダメな人の例です。

  • 複数冊の参考書を買って、何度も基礎を繰り返す
  • 基礎が足りないと考えて、プログラミング学習サービスに課金する
  • 新しいプログラミング学習サービスを色々を使って学習する

上記が完全にNGとはいいませんが、そこから不足していることは「ゼロからモノを作る経験」です。

プログラミングの基礎が身についたら、簡単なものでいいので、自分なりにサービスを作ってみることが大切です。

初心者が練習として作るサービスの例

  • HTML/CSSを学び終えた人 → 自分のプロフィールサイト
  • PHPの基礎学習を終えた人 → 掲示板サイト、ブログサイト
  • Ruby on Railsの基礎学習を終えた人 → Twitterみたいなサービス

上記の感じでして、その際に、できれば「世の中に公開すること」も大切です。
世の中に公開するにはサーバー費用がかかったりしますが、それは必要経費です。

「自分のローカル環境内でいいや」と考えると、どうしても手抜きしてしまいますので。ちょっとしたバズを起こしてやるぜ、くらいの心意気でいいと思います。

プログラミングが伸びないから上級者に質問する ←NGです


プログラミングが伸びない人の問題点で「近くにプログラマーの友人がいない」ということをあげましたが、仮に友達がいたとしても、なんでもかんでも質問するのはNGです。

まずはググるべし

ググってググって、どうしても分からないなら、相手に負担をかけないように質問すべきです。 馬鹿みたいに質問して、相手に負担をかけると、見放される原因にもなりますので…。

このあたりはあまり語られないことですが、質問ばかりされたら、相手は消耗しますからね。あと、大半の質問って、ググればでてくるので。

大切なのは、ググり方を覚えること

初心者の勘違いとして、「プログラミングができる人=なんでも理解しているスーパーマン」みたいに考えている場合がありますが、そんなことはないです。

デキるプログラマーは「ググり方が分かっている人」でして、すべてを記憶している人じゃないです。 なので、プログラミングのスキルアップには「ググる力の向上」が必須でして、ここは絶対に避けては通れない道です。

体験記:僕がプログラミング初心者だったころにやっていたこと

まずは日本語でググる→次に英語でググる→海外の掲示板で質問する→英語が下手くそだと言われて怒られる→凹みつつも頑張る

上記の感じでして、ぶっちゃけシンドかったです笑。

でも、こんな感じで「自分に厳しく、かつ、ググりまくる」という習慣を作れたら、プログラミングで食べていくってのは、そこまで難しくない状態を目指せると思います。

プログラミングが伸びない原因は、センスじゃないです


プログラミングにセンスは不要です。

トップを目指さなくてOK

プログラミングでトッププレイヤーを目指すなら、センスは必要です。

でも、「プログラミングで稼ぎたい」とか「プログラマーとして働きたい」という感じなら、ほどほどのスキルでOKです。

世の中には、難しいプログラミング案件が少ない話

世の中のプログラミング案件は、その大半が「わりと簡単」です。
なぜかというと、大半のサービスは同じような構成で作られているからです。

プログラミング界では、「新しいサービスが生まれる→コードは無料で公開される」という感じなので、まったくのゼロから、新しいサービスを作るとかって、あまりないかなと思います。

結局は、環境が大切な話

人間は誰しも環境の奴隷であるという言葉があるけど、まさにこの通りです。

プログラミングを伸ばしたいなら、伸ばしやすい環境に身を置くことが大切でして、そうじゃないなら、自分から環境作りを頑張るべきです。

繰り返しですが、「プログラマーの友人を作るとか、スクールに通って友人を増やすとか、プログラマーとして目指す人に会いに行くとか、イベントに参加してみる、、、」などなど。

方法はいくらでもありますので、自分なりに動いてみるのが良いかなと思います。

コードを書きまくって、参考書を読みまくるのも大切ですが、それと同時に、身の回りの環境を整える(=自然とプログラミングを頑張ろうと思える環境に身を置く)ことも大切かなと思います。

というわけで今回は以上です。

なお、プログラミング学習には「なんだかんだで独学は必須」なのですが(スクールに通ったとしても、仕事をする際にコードを書くのは自分なので)、独学のコツも下記でまとめています。参考になると思いますので、合わせてどうぞ。

人気記事無料あり:エンジニアの僕がおすすめするプログラミングスクール3社