Written by Manabu Bannai

【結論】プログラミング学習に「英語力」は不要【Google翻訳でOK】

PROGRAMMING

英語が苦手だけどプログラミングを学びたい人「プログラミング学習において、英語力は必須なのかな? これからプログラミングを学びたいと思うけど、、、英語が全くできません。。。昔から苦手科目だったし、やはり英語ができないと、プログラミングは厳しいのかな…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 1.結論:プログラミング学習に「英語力」は不要です
  • 2.プログラミング学習用の「英語の良質サイト」を紹介

この記事を書いている僕は、エンジニア歴が5年ほど。
フリーランス時代は、年収1,800万くらいを稼いでいました。

今回は「プログラミング学習に英語力は必要なのか」というテーマで解説します。
なお、先にネタバレしておくと、英語力がなくても大丈夫なので、ご安心ください。

それではさっそく見ていきましょう。
3分くらいで、サクッと解説していきます。

結論:プログラミング学習に「英語力」は不要です


あるに越したことはないですが、なくても大丈夫です。

必須スキルは、エラー解決力です

プログラミングをしているとエラーにぶち当たります。
せっかくコードを書いても動かなくて、萎えますね。

そのときに、下記の流れで解決します。

  • 手順①:エラー文で検索する
  • 手順②:検索結果が出てくる
  • 手順③:検索結果を読み、解決する

上記のとおり。そして、学習するプログラミングのレベルが上がると、下記のパターンになります。

  • 手順①:エラー文で検索する
  • 手順②:検索結果が出てくる ※英語情報ばかり
  • 手順③:検索結果を読み、解決する

ここがポイントで、完全初心者のころは「日本語情報だけでエラー解決できる」という状態だと思いますが、徐々にレベルが上がると「エラーでググっても、出てくる情報が英語ばかり」になります。

このタイミングで「英語力」が必須と思われがちですが、、、大丈夫です。Google翻訳を使いましょう。

基本的には、Google翻訳でOK

下記の手順で解決できます。

  • 手順①:エラー文で検索する
  • 手順②:検索結果が出てくる ※英語情報ばかり
  • 手順③:検索結果の上位10件を開く
  • 手順④:検索結果ページをすべて翻訳
  • 手順⑤:順番に読んでいき、解決する

これだけですね。僕がプログラミング学習をしていたときも、上記の感じでした。そして、徐々に慣れてくると「わざわざGoogle翻訳を使わなくても解決できる」という状態になります。

ここは説明が難しいのですが、慣れがあると「コードを追いかけるだけで、なんとなく理解できる」という感じになりますので、結果として「英語でググる力が身につく」という感じです。

感覚的な説明で申し訳ありませんが、マジでこんな感じです。近くにエンジニアがいたら聞いてみてください。同意するはずです。

結論:英語学習は、しなくてOKです

英語ができると便利っちゃ便利ですが、とはいえ「習うより慣れろ」ですね。

そもそもの目的は「プログラミング上達」だと思いますので、その前段階として「まずは英語力を伸ばす」とかって不要です。

プログラミングを学び、実際にエラー文とかを苦しみつつ読んでいくうちに、徐々に「英語でググり、解決する力」が伸びますので。

とはいえ、、、英語にも興味がある、という場合は止めません。僕は半年の留学経験がありますが、半年くらい留学しちゃえば、一生モノの英語力が身につくので、ありっちゃありです。

その場合は、コスパ的にもフィリピン留学とかでいいと思いますよ。下記の学校が良質で、かつコスパも良いかなと思っています。
» CIAの口コミ・評判、費用情報

※僕はフィリピン滞在歴が4年なので、語学学校にかなり詳しいです。

プログラミング学習用の「英語の良質サイト」を紹介


参考までに、プログラミング学習の良質サイトを紹介しますね。
下記を覚えておくと、良質なプログラミング情報にリーチしやすくなります。

  • その①:YouTube
  • その①:Tuts+
  • その①:Udemy

上記のとおり。サクッと順番に解説しておきます。

その①:YouTube

プログラミング学習で最高に便利なサイト、それがYouTubeです。僕はかなりお世話になりました。

英語でググると、良質すぎる動画がたくさんありますので、下手に技術書を買うより、効果的です。具体的な活用方法は、下記をどうぞ。

その②:Tuts+

Tuts+も素晴らしいですね。ここのサイトはプログラミングに限らず、デザイン、動画編集、音楽編集といった領域を学べます。たまに有料教材もありますが、質が高いので、買ってみても損しないと思います。

そして、これはオフレコですが、、、Tuts+の有料教材は、YouTubeにアップされていたりするので、、、ここは自己責任でどうぞ。

その③:Udemy

Udemyは、わりと有名になりつつありますよね。

ここにも優良な教材が多いですが、とはいえ、たまに質が低いものもあります。レビューをよく読みつつ、必要に応じて購入するのもいいかもです。

しかし、ぶっちゃけ思いますが、Udemyにある動画の大半は、似ている動画がYouTubeでも公開されている、という事実があるので、基本的にはYouTubeを使っておけば問題ないかなと思います。

最後に:ノウハウコレクターになるのはNGです

というわけで、今回はこれくらいにしようと思いますが、1つだけ注意点があります。

ノウハウコレクターになってはいけません。

これは過去の自分に伝えたいことなのですが、、、英語でうまい感じに情報収集できるようになると、ネットサーフィン&プログラミング学習が、圧倒的に楽しくなるんですよね。

例えば、Tuts+とかをブラウジングしていると、良さげな情報が大量あります。そして「お、良さげだ・・・」と思ってそれを勉強したりしていると、、、かなり時間を消費します。

もちろん勉強することは良いことですが、幅広く手を出しすぎるのはNGだと思います。薄く広く学習するよりも、1つの言語を学び、その言語で自作サービスを作ってみる、といった学習方法の方が、将来的に自分の価値を高めると思います。

というわけで、以上です。記事が参考になれば幸いです。

人気記事無料あり:エンジニアの僕がおすすめするプログラミングスクール3社