Written by Manabu Bannai

【事実】伸びる人と伸びない人の違いとは【結論:思考量が大切です】

LIFE

こんにちは、マナブです。
先日に、下記のツイートをしました。

伸びる人と伸びない人の違いは「思考時間」だと思う。
以前にプロゲーマーの友達と話していたのですが、彼は「ゲームで負けたら、翌日は負けたプレイを思い出して、対処法をずっと考えてる」と言っていました。ブログを伸ばすでも、YouTubeでも、作業量だけじゃなく、思考量が大切😌

今回は「思考量の重要性」を書いていきます。
記事後半では「泥臭く、成果を伸ばす方法」も解説します。

伸びる人と伸びない人の違いとは


繰り返しですが「思考時間」だと思います。

作業だけじゃなく、思考量

多くの人は「ブログで稼ぐなら、まずは100記事」といったことを言います。
YouTubeの場合なら「まずは動画50本」とかですかね。

これは僕も同意なのですが、言うまでもなく「思考量」も大切です。
書きなぐったブログを連発しても、意味ないです。

質問:お風呂でも考えていますか?

この記事を読んでいる方は、なにか努力していることがありますか?

そして、その対象に関して「24時間、考え続ける」という行動をしていますか? お風呂でも、もちろん考えていますか。

これくらい考え続けたら、間違いなく伸びるはず。

起業して、ほぼ確実に成功する方法

昔のホリエモンは「六本木で働いていた元社長のアメブロ」というブログを運営していました。
いまは更新が止まっていますが、これが有益なので抜粋します。

起業しても上手くいかない人がいるので、なぜだろう?と疑問に思って考えてみた。 で、これなんじゃないか?と思ったことが一つだけあった。
それは「睡眠時間以外のほぼ全てを仕事に使っていないということ」じゃないかと。
引用:六本木で働いていた元社長のアメブロ

上記のとおり。
ぶっちゃけ、僕もこれに同意です。

起きてる間は「ずっと、その対象について考える」という感じです。
これを実施できたら、言うまでもなく稼げるはず。

そして稼いでる人は、起きてる間ずっと「事業について考えている」という人です。

どうやって、考え続けるか

ここまで読んで「たしかにそうかもだけど、、自分はそんなに考えられない…」と思うかもです。

ここに関して解決策は簡単で「楽しいことをする」です。
ブログにせよ、YouTubeにせよ、あとはプログラミングでも同じですが、楽しむことが大切。

楽しむには、全力で伸ばすこと

現在の僕はブログやYouTubeを楽しんでいます。
昔はエンジニアとして「プログラミングでのスキルアップ」を楽しんでいました。

じゃあ、始めてすぐに楽しかったかと言うと、そんなことはありません。というか、ブログもプログラミングも、何度も挫折していますので。

じゃあ「どこから楽しくなったか」というと、それは「伸びてきたから」ですね。

ブログのアクセスが伸びると、楽しくなります。
プログラミングでスキルが伸びて稼げるようになると、楽しくなります。

というわけで、全力で伸ばそう

泥臭い方法でいいと思います。
詐欺みたいなことはダメですが、他人に迷惑をかけない方法なら、なんでもOKだと思います。

というか、現代なんて「全員が発信している」という時代なので、本気で「伸ばそう」と思ってコミットしないと、伸びません。

使える方法は、全て使う

例えば下記です。

特定分野で成果を伸ばしたいなら、シンプルに「その道のプロに会う」とかって有効だと思います。
それなら、会いに行けばいいですよね。

Twitterとかで検索したら、優秀な人なんて無限にいるじゃないですか。そういった人に頑張ってアポり、会うだけ。

メッセージを1名に送っても無理ですよ。
100名くらいに送れば、1名には会えるかもです。

泥臭く、成果を出していく方法


僕は叩き上げで伸ばしてきました。
家は裕福じゃないですし、飛び抜けて頭がいい訳でもないですし、そしてコミュ障です。

しかし「圧倒的に、泥臭く、そしてプライドを捨てる」という感じだと、伸ばせます。

泥臭い方法【3つを紹介】

  • 良質案件は無料でも請ける
  • トップの右腕と仲良くなる
  • できないのにできると言う

上記なので、順番にみていきます。

良質案件は無料でも請ける

フリーランスをやっていると、たまにチャンスが来ます。
僕の場合も、あるときに「業界での有名人から、仕事の受注」をできました。

その時の僕は「控えめにいって、時給300円」とかだったと思います。しかし、当時は「なにせ仕事が楽しい」という状態でしたし(尊敬する人と働けた為)、あとは「その後に繋がる」と思っていたので問題なしでした。

そしたら案の定で、別案件の紹介も入ってきたので、ある意味で狙い通りです。
仕事を選ぶことが大切ですね。

トップの右腕と仲良くなる

これも泥臭い駆け出し向けの方法ですが、、、とりあえず「なんとしてでも、受注する」という心意気が必要だと思います。

そして僕は(正確には友人と2名にて)、ある企業のトップの右腕と仲良くなる、という行動をしました。ご飯に行き、キャバクラに行き、そして相手を楽しませる感じですね。

キャバクラは控えめにいって、超退屈という感じでしたが、、その後に受注できたので問題なし。

できないのにできると言う

これは基本的なことですね。

完全なNG例としては「○○ができますか?」と聞かれたときに「ちょっと考えてみてから返答します」という人です。

あとは仕事を始める前から「遅れるかもです」とか「最近は忙しいです」という人ですね。それは事実かもですが、発注側の視点で考えたら、マイナスでしかないですよね。

なので、売上や成果を伸ばしていきたいなら、回答は常に「できます」でOKです。
そして受注したあとにできなかったら、必死で勉強するだけです。

伸びた人の過去は、圧倒的に泥臭い

世の中を見ていると「スマートに稼いでる」という人が多いです。
SNSとかを見ても、インフルエンサーのような人達は「あぁ、あんな風に稼げたら楽しいだろうな…」と思うかもです。

しかし、そういった人にも「駆け出し」の時期がありますよね。

フリーランスにせよ、会社員にせよ、ブロガーにせよ、YouTuberにせよですが、そういった人の過去までを観察すると、実は「かなり伸び悩み&苦しんでいる時期」があったりします。

なので、これから「成果を伸ばしていきたい」という人は、いきなり「スマートな方法」ではなく、とにかく「愚直に伸ばす」という感じもありだと思います。

そしてテクノロジーが発展しても、人間の根本は変わりません。
技術力の高いAさんよりも、プライベートも一緒に楽しめるBさんの方に、多くの人は仕事を出します。

というわけで、今回は以上にします。
圧倒的に思考して、そして泥臭く成果を伸ばしてみてください。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】