Written by Manabu Bannai

フロントエンドエンジニア向け、超効率的な勉強方法を解説【断言】

PROGRAMMING

将来的にはフリーランスエンジニアを目指している、もしくはフロントエンドエンジニアとして就職を考えている。

そういった計画のもと、とりあえずは独学でフロントエンドを学んでいる。もちろん、勉強することが全てではないので、早い段階で“実務レベルのスキル”を身につけたい。

こんな方に向けて書いてます。

尚、この記事はフロントエンドエンジニアとして、最速で実務スキルを身につけたい方向けです。もっと網羅的な知識を学びたい方は、【独学でWeb制作マスター】勉強方法のまとめ【初心者向け】をご覧ください。

それでは見ていきましょう。

スポンサードサーチ


フロントエンドエンジニア向け、超効率的な勉強方法は0から作ることです

最低限の基礎を終えていることが前提。
最低限の基礎とは、入門書(よくわかるHTML5+CSS3の教科書)を読むこと、ドットインストールをみること。

フロントエンドエンジニアなら、ドットインストールのHTML入門 (全24回)CSS入門 (全23回)Bootstrap 3.0入門 (全18回)は見ておきましょう。

これで準備完了。

0ベースからサイト構築を学べるチュートリアルで学習する

これがオススメ。
シンプルなレスポンシブサイトの作り方を学べます。

今どきのサイトなら9割型レスポンシブなので、これをマスターしたらコーディング案件を受注できます。

ちなみに動画は英語だけど頑張りましょう。英語出来ない人はプログラミング学習が非効率になるので、まずは留学でもどうぞ。
» 英語力のあるエンジニアこそ、語学留学すべき話

基礎が出来たら仕事を請けること


入門書を終えた、レスポンシブのチュートリアルも終えた。これで最低限の基礎は抑えているはずです。

基礎が出来たら、次のレベルを目指す?
残念ながら半分正解で、半分間違いです。

基礎が出来たら、次のレベルを目指しつつ、現段階で処理できる仕事を請けましょう。エンジニアを目指す友人と話してると、ここのステップが遅すぎる!笑

現在ぼくはフリーランスでちょろちょろと仕事を頂けていますが、最初なんて基礎が出来る前に会社に飛び込んでます笑。一応インターンという形でしたが、当たり前だけど出来なすぎて毎日萎えまくり。でも、そういった環境だと出来るエンジニアが多いので、そこで学べます。

仕事の探し方とは?

近くでWebに困ってる人がいたら、そこのサポートからで良いかなと。僕で良ければサポートも出来るので、無料で5万円稼ぐ方法【エンジニアを目指す方へ】をご覧ください。

周りにそういった人がいないなら、Wantedlyで探したり、ランサーズクラウドワークスで探せます。とはいえ、最近はランサーズやクラウドワークスに良い案件が減りつつあるので、SwitchNexstarでスカウトを待ってみるなど。

もしくは転職コンサルとかに話を聞くのも良いかと。相談もちろん無料なのでギークスジョブとかをどうぞ。ここから友人がエンジニア就職してました。

あなたのコードはお金になります。

スキルは早い段階で換金しましょう。
今からフロントを学んだとして、2030年に稼げるかと言われたら間違いなく無理です。

しかし、フロントエンドスキルを通してWebに詳しくなることは、プライスレス。お金で買えない価値があります。

つまり、さっさと勉強&お仕事しましょうということです。
おわりー。

人気記事無料あり:エンジニアの僕がおすすめするプログラミングスクール3社