Written by Manabu Bannai

【簡単】Contact Form 7とGoogle Spreadsheetを自動連携する方法

PROGRAMMING WordPress

Contact Form 7から送信されたデータをGoogle Spreadsheetに保存する方法です。
簡単な方法はないかな〜と思いぐぐってたら見つかったのでシェアします。

  • 手順1.CF7 Google Sheets Connectorをインストール
  • 手順2.データ保存用のGoogle Spreadsheetを作成する
  • 手順3.Contact Form 7をGoogle Spreadsheetを連携する

スポンサードサーチ


手順1.CF7 Google Sheets Connectorをインストール

まずはCF7 Google Sheets Connectorをインストールして、有効化してください。
» CF7 Google Sheets Connector

補足:安全なプラグインを探すコツ

ちょっと余談ですが、WordPressのプラグインはインストール前に最終更新日とインストール数をチェックしましょう。

Last updatedが最終更新日ですが、ここが古すぎるとバグる可能性大です。またActive installsが少なすぎるものを避けるべきでしょう。バグが多かったりするので…。今回のプラグインは最低ラインなのかな、、と思います。

手順2.データ保存用のGoogle Spreadsheetを作成する

次に新規でGoogle Spreadsheetを作成します。

名前は下記のとおりにしてください。

  • シート名:contact
  • タブ名:sheet


シート名とタブ名はなんでもいいのですが、解説しやすくする為にこのようにしました。

シート内のセルにフォーム項目を入力する


普段Contact Form 7使っているならすぐにわかると思いますが、こんな感じです。
コピペ用に下記に項目をまとめておきます。

  • date
  • time
  • user-agent
  • your-name
  • your-email
  • your-message

環境にあわせて変更してください。

手順3.Contact Form 7をGoogle Spreadsheetを連携する

ここからが本番。

手順3−1.Contact Form 7のフォーム編集画面からシート連携する


WordPressの管理画面から設定します。
先ほど命名したとおり、Google Sheet Nameは『contact』で、Google Sheet Tab Nameは『sheet』にします。

手順3−2.WordPress管理画面の『お問い合わせ >> Google Sheets』からシート連携する


Get Codeをクリックすると、認証コードをGETできます。
これで完了・・・!!なのですが、、、、最後に注意点。

注意点:セキュリティがちょっと危うい

認証コード取得時に分かるのですが、このプラグインを使うには、連携するGoogleアカウント内にある全てのGoogle Spreadsheetの閲覧・編集権限を渡さないといけません。

なので、たくさんデータが入っているGoogleDriveアカウントで使うのは良くないかも…と思います。新規でGoogleアカウントを撮り直すのが良いかなと思います。

以上となります。

人気記事無料あり:エンジニアの僕がおすすめするプログラミングスクール3社