Written by Manabu Bannai

【簡単】作りたいWebサービスを明確化して、やる気を爆増させる方法

PROGRAMMING

作りたいWebサービスが分からない? そのせいで、プログラミングのモチベーションが上がらない?

こんな感じの相談をちょいちょい受けるので、『作りたいWebサービスを明確にする方法』と『開発の手順』を解説します。

作りたいサービスが明確だとどうなるか?(未来予想図)

作りたいサービスが見つかる
→やる気倍増
→猛烈にプログラミング
→サービスが大ヒット
→大儲けしてヤバイ
→美女と結婚!\(^o^)/
→人生で勝利!\(^o^)/


こんな感じです。
じゃあ見ていきましょう。

スポンサードサーチ


まずは、Webサービスのマネタイズを考える


「え? いきなりお金稼ぎ?」と思ったあなた。初心者なら、マネタイズから考えたほうが簡単です。

  • 理由①:ゴールから逆算できる
  • 理由②:モチベ管理に繋がる

具体例:ECショップで自作カバンを売りたい場合

例えば、ECで自作のカバンを売る場合、やることは明確ですよね?価格設定をして、サイトデザインして、プログラムを書いて、、、終わり。

ゴールから逆算すると分かりやすいです。

ポイント:ざっくりでいいので売上予想すること!

原価500円のバックを3500円で売るとしたら、1つ当たり3000円儲かります。毎月10個でも売れたら、寿司食べれますよね。このあたりを考えるだけでモチベアップに繋がりますよ!

Webサービスのマネタイズの手段ってどんなものがある?


お金稼ぎの視点でインターネットを見ていないと、マネタイズがイメージしづらいはず。
なので、いくつかヒントを出しておきます。

  • 自作のバックを売る(EC)
  • 自作のワードプレステーマを売る(EC)
  • 海外の歴史の教科書を紹介するサイト(EC)
  • 20種類のシャンプーを小分けにして売るサイト(EC)
  • オンライン英会話講師の検索サービス(広告)
  • ニッチな特定分野の口コミサイト(広告)
  • トートバッグのカスタムオーダーサービス(EC告)
  • プログラミング学習コースを売る(EC)
  • 特定分野の口コミサイトでアフィをする(広告)
  • アフィ商材の横断検索サイト(広告 or ツール販売)
  • 特定分野のホテル比較検索サイト(広告)
  • インスタのオートフォローツールを作る(ツール販売)
  • 特定分野のメディア媒体規模をソートするサービス(広告)
  • フィットネスを始めるにあたり必要情報が揃っているサイト(広告)

こんな感じ。
気づいたかもしれませんが、オンラインでのマネタイズはとてもシンプル。

マネタイズは2パターンだけ

  • モノを売る。
  • 広告を貼る。

どちらかで、マネタイズの設計をしましょう。

作りたいサービスが決まったけど、難易度高すぎる…orz ←これの解決方法


サービスを分解セヨ!

プログラミングをブロックゲームだと考えると分かりやすい。例えば、オンライン英会話講師の検索サービスを分解します。

オンライン英会話講師の検索サービスの機能分解

  • 利用者の会員登録機能
  • 英語講師の会員登録機能
  • 英語講師のスキル登録機能
  • 講師の検索機能機能
  • サイト内のメッセージ機能

まだあるだろうけど、こんな感じ。
それで、サイト内のメッセージ機能はちょっと難易度が高い。なので最初は省けばOK。

ということは、利用者の会員登録機能/英語講師の会員登録機能/英語講師のスキル登録機能/講師の検索機能機能を作ればOKです。会員登録やスキル登録は基本的に同じ設計のはず、次に検索機能ですが、これはMysqlにいい感じでクエリを送れば完了です。

「いやいや、、難しいでしょ。むりむり・・・。」って思ったあなたへ

検索機能はMysqlにいい感じでクエリを送るとか難しいですよね。その場合は、さらに分解すればOK。

検索機能
∟ データベースを作る
∟ データベースにデータを入れる
∟ SQLでデータベースから情報を取り出してみる

こんな感じで、ゴリゴリ分解します。そうするとだんだん分かってくるはずです。

どうしても作りたいWebサービスが見つからない場合…orz


作りたいサービスがある人をサポートする。
つまり、就職か受託開発をしましょう。

日々の勉強も大切だけど、アウトプットありきで考えないと、学習速度が遅くなります

この選択肢なら、絶対にお金が入ってくるので安心感も高いはず。
ごりごり行きましょう〜。

おわり!

人気記事無料あり:エンジニアの僕がおすすめするプログラミングスクール3社