Written by Manabu Bannai

YouTubeで「うまく話せない人向け」の対処方法【コミュ障の僕が語る】

LIFE YouTube

こんにちは、マナブです。

話すことが苦手でした。
なので、文章で生きてきました。

しかし、1年前にYouTubeを始めました。
すると、徐々に「話すことが仕事」になりました。

先日にこちらのツイートをしました

YouTubeを始めたころは、話すのが嫌だし、恥ずかしいし、そしてあまりにも疲れるので、毎日が頭痛でした。
しかし、3ヶ月くらいで少し慣れ、半年で疲労感が消えてきて、9ヶ月を超えたらドヤ顔になり、今となっては「わりと台本なしでも、論理的に話せる」という状態です。毎日の訓練は、マジで伸びる

今回は「YouTubeでうまく話せない」と悩む方向けです。
基本的には「台本を作り、数をこなし、改善する」がベストです。

YouTubeで「うまく話せない人向け」の対処方法


台本を作り、そして鬼練習です。

数をこなしても、伸びない

まずは数をこなすのがいいですが、それと同時に「準備&改善」も必須です。

全ての動画で、台本を作る

結論は下記のツイートです。

上記のとおりで、僕はしっかりを台本を作り込んでいます。
こういった感じで「準備→本番→改善」のループを繰り返すと、確実に上達します。

台本を作り方は、のちほど詳しく解説します。すこし過去を振り返ります。

YouTube初期の僕

こちらのとおりで、ぶっちゃけ「改善点が多すぎ…」という感じ。

とりあえず、声が小さすぎですよね。しかし、マジで当時は声が出ませんでした。恥ずかしさにより…。

あと、ちょくちょく右を向く動作をしていますが、かなり高頻度で台本を見ており、その度にカットしています。

最近の僕のYouTube

こちらなのですが、わりと改善しました。
音声だったり、あとは話す内容、テンポとかですね。基本的に全て改善しました。

しかし、最近はまた「自分には足りない部分が多いな…」と思ったりしており、日々の改善に取り組んでいます。

こういった感じで、徐々に上達できますので、継続しましょう。
もっと勇気が欲しいなら、僕の動画を時系列でみていくと、その上達具合がわかります。

台本の作り方も公開します

基本的に「すべてのタネ明かしをする」というスケルトンで生きているので、公開します。下記のとおり。

僕が使っているYouTube台本テンプレ

■タイトル

■サムネ

■概要欄

■タグ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■概要

■権威

■動画閲覧のメリット(つかみ)

■主張

■理由

■具体例

■反論への理解

■主張

ーーー
ーーー

■主張

■理由

■具体例

■反論への理解

■主張

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記のとおり。
ここに穴埋めして台本をつくり、そして動画にしていく感じですね。

実際に使った台本も公開します。

僕が実際に使ったYouTube台本

■タイトル
幸せな生き方とは【社会主義国家のラオスにて、考えてみた】

■サムネ

幸せな生き方
ラオスで考えた

■概要欄
ラオスで考えました。

■タグ
幸せな生き方とは, 幸せ 生き方, 人生 幸せ, 人生 幸福

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■概要
幸せな生き方とは

■権威
ラオスに来ている
社会主義の国なので、お金にガメつくない
→部屋を見せる

■主張
幸せな生き方とは
→人生から「嫌なこと」を取り除いていく生き方

■理由
幸福を定義するのは難しいけど、
嫌なことはすぐに分かるから

■具体例

✓僕が嫌だったこと
・理不尽な上司
・満員電車の通勤
・楽しくない仕事
・お金のための仕事
・苦手な人との交流

→すべて消した
→確実に幸福度が高まった

■反論への理解
理想ばかり語られても、現実は厳しい

※ツイート貼る
ラオス人を観察すると、皆さんレストランとかで働きつつ、客に呼ばれるまでは、客席でゴロゴロしてます。
写真のとおりですが、レストランが座敷になっており、ここに店員がゴロゴロして、無限にスマホをいじってます。生活費も格安なので、将来の不安もなさそう。ラオス人は、自由と安定を持ってる

→日本人の価値観だと
→安定には「お金」と「仕事」が必須だと思っている
→しかし、アジアの最貧国の人々は、自由と安定を持っていた
→お金に囚われいるだけ

■主張
人生から「嫌なこと」を取り除いていく生き方
→これが幸せになる生き方

ーーー
※深堀り
どうやって、行動する?
ーーー

■主張
まずは「生き方」の軸を決めること

■理由
幸せは人それぞれだから

■具体例

・大量に稼ぎ、豪遊したい人
・仕事よりも、家族を大切に
・自由とゆとりが、最も重要

→社会が「良い」とする価値観じゃなく
→自分の視点と経験から、考えること
→軸がないと、幸せにはなれないと思う

■質問
どうやって、探せばいいか?
→出会いと経験
→僕の場合は、旅だった

・新しい景色を見て
・新しい空気を吸い
・新しい人と出会う

→自宅で考えても、たぶん無理

■主張
まずは「生き方」の軸を決めること

■最後に、、
これから人間の労働時間が減り続ける

→日本人の労働時間も減っている
→足りない分は、ロボットが働く

→日本が大きく成長することも見込めない
→だからこそ、幸せな生き方を考えるべき

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記のとおりです。わりとガッツリですよね。
これを見ながら話しています。

そして、こちらの動画が完成しました

なお、最近は1年くらい毎日投稿を続けたので「わりと、台本を見なくても話せる」という感じになりました。
しかし、始めて10ヶ月目くらいまでは、ガッツリ台本を見ていました。

猛烈に「数」をこなそう

基本的には毎日投稿がいいですね。
仮に「YouTubeでしっかり稼ぎたい」と思っているなら、毎日投稿して当たり前だと思います。

悲報:頭痛にかなり苦しむ

YouTubeに慣れないと、緊張します。

特に僕は「話すことが苦手なので、避けてきた人生」だったので、初期のころは頭痛でした。

多分ですが「YouTubeで緊張し、それが頭痛に繋がる」という感じなんですよね。

対処法:撮影後は、酒を飲んで寝る

というわけで、撮影後はシンドイので、いつも酒を飲み、すぐに寝てました。

お酒を飲むと、リラックス効果があり、頭痛が和らぐんですよね。あまり良い解決策じゃないかもですが、僕はこれで耐えました。

ちなみに余談ですが、YouTubeで今となっては伸びている人でも、初期のころは病んでる率が高いです。
僕も、一時期は働きすぎの過労で、病みそうになりました。

たぶん、YouTuberあるあるかもです。

YouTubeで「分かりやすい台本」を作る際のコツ


結論は「論理構造の明確さ」です。

論理が綺麗だと、頭に入る

YouTubeでは「ごちゃごちゃと話す人」がいますが、たぶん伸び悩みます。
その理由は下記です。

  • そもそも、分かりづらい
  • 視聴者の時間を奪っている
  • 効率的に改善していけない

上記のとおり。

論理構造がしっかりしていると、わりと「分かりやすいトーク」が完成します。
あと最重要は「視聴者の時間を、無駄に奪わないこと」じゃないですかね。

僕のスタンスとしては「基本的に、無駄の排除」という感じです。
ダラダラと話すのは、あまり良くないと思います。

ただ、1つだけ補足すると「あえての無駄」は必要だと思います。真面目すぎても息が詰まるので、たまに「あえて無駄を入れる」とかもいいですね。

最近の僕は、このあたりを意識したりしています。

論理的な台本を作る方法

ここはちょっと難しいですが、いくつかポイントをまとめておきます。

  • 結論から話す
  • 理由は「〜から」で終える
  • 具体例を、豊富に盛り込む

例えば上記ですね。
このあたりは、台本作りに時間をかけ、しっかりと「論理の一貫性」を考えることが必要です。

なお、曖昧な言葉を使う人とかは、それは「自信のなさの現れ」なので、良くないですね。

台本の作成イメージ

■主張
幸せな生き方とは、人生から”嫌なこと”を取り除いていく生き方

■理由
幸福を定義するのは難しいけど、嫌なことはすぐに分かるから

■具体例:僕が嫌だったこと
・理不尽な上司
・満員電車の通勤
・楽しくない仕事
・お金のための仕事
・苦手な人との交流

すべて消したら、確実に幸福度が高まった。

例えば上記です。さらに具体例を出しますね。

台本の作成イメージ

■主張
FXは人を不幸にする

■理由
継続してお金が減り、精神ダメージを受けるから

■具体例
基本的には3年くらい負け続ける
→億トレーダーとかを見てると、皆さん5年以上
→安定して勝つ人でも、2〜3年はかかってそう
→精神ダメージは、半端ないと思う

どうですかね。
こういった感じで、首尾一貫させてください。

なお、基本的には「主張→理由→具体例→さらに主張→理由→具体例」と繋げていけば、無限にトークを展開できるはずです。

補足:別分野でも応用できる

ここまで読んで、もしかすると「自分のジャンルでは応用できないな…」と思うかもです。しかし、たぶんそんなこともないです。

美容系YouTuberにせよ、キャンプ系YouTuberにせよ、やはり「分かりやすいトーク」は必須だと思います。

視聴者だったりが伸び悩むなら、映像を改善するよりも、どちらかというと「トークの改善」の方が、効果ありかなと思います。

さらに補足:伸びない場合の対処法

こちらの動画でも解説しています。
わりと長いですが、聞き流しの感じでお願いします。

ちなみにですが、、たぶん「ここまで本気で改善する人」ってそもそも少ないんですよね。なので、結構大変ですが、僕の改善内容をすべて実行したら、たぶん伸びると思います。

そして、YouTubeは間違いなくチャンスなので、頑張る価値はあります。

苦手意識は、思い込みかもしれない

というわけで、今回は以上にします。
最後に1つあり、それは「苦手意識の思い込み」です。

僕は「自分は、トークが苦手だ」と思っていたのですが、正しくは下記でした。

  • ✕ トークが苦手
  • ◯ コミュニケーションが苦手

上記ですね。要するに「コミュ障」かもですが、しかし「わりと、ひとり語りならいけるな」と感じました。

文章も同じですが、ひとりで書いたり、ひとりで話したりするなら、基本的に「自分のペースで進めることができる」という感じなんですよね。

なので、コミュ障でも、YouTubeを始めてみたら、意外といけるかもです。
なにはともあれ、1年くらい練習したら、驚くほどに上達しますので。

本気で台本を作り、日々の挑戦から勉強してみてください。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】