Written by Manabu Bannai

【公開】YouTubeのチャンネル登録が10万人だと「月収は100万円」です

LIFE YouTube

こんにちは、マナブです。
根暗だけど、YouTuberデビューをしました。

先日に下記のツイートをしました。

ついに、、、YouTubeでチャンネル登録10万人を達成しました😌
かかった期間は7ヶ月なので、わりと早い方な気もします。なお、チャンネル登録10万人だと、YouTube収益は、ちょうど月100万円くらいですね。引き続き、YouTubeという名のゲームを楽しみつつ、チャンネル登録という名のスコアを伸ばします

チャンネル登録10万人を達成できました。
1つの区切りなので「収益報告」と「これまでの戦略」を公開します。

スポンサードサーチ


YouTubeのチャンネル登録が10万人だと、月収は100万円です


ツイートにも記載しましたが、ざっくり100万円くらいです。

本気を出せば、月収1,000万は稼げる話

とはいえ、本気で収益化を目指したら、月1,000万は稼げると思います。
その方法はシンプルで「自分の商品を売ること」ですね。

  • 大半のYouTuber → 広告で収益を稼ぐ
  • 一部のYouTuber → 商品販売で収益を稼ぐ

上記のとおりで、例えば「ヒカキン」とか「はじめしゃちょー」は前者ですね。
おもしろ系の動画をアップして、そこで視聴者を集めて、動画の冒頭にCMが入るので、そこで稼ぎます。

チャンネル登録が少ないけど、億を稼ぐ人

  • Kanekin Fitness(約30万人) → 収益予想:年間で数億円
  • クリスの部屋(約30万人) → 収益予想:年間で数億円

上記のとおり。

本人が公開している訳じゃないので、あくまで予想です。しかし、動画内で本人が「販売数」とかを公表したりするので、そこから収益計算をすれば、ざっくりの売上予想ができます。なので、概ね間違いないはず。

なお、Kanekinさんはオリジナルの洋服を販売しており、クリスさんは自己啓発系の商品を販売しています。

1再生のお値段は「0.4円」です

よく聞く話で「YouTubeの再生単価は0.1円です」と言いますが、あれはケースバイケースですね。

  • 面白系の動画 → 1再生で0.1円
  • 学習系の動画 → 1再生で0.3円
  • 金融系の動画 → 1再生で0.5円

すんごいざっくりですが、上記のイメージです。

YouTubeの広告単価は、企業からの入札で決まります。詳しくはググってほしいですが、要するに「企業が多くの広告費を払いたい」と思う動画を作れば、稼ぎやすいです。

では「企業が多くの広告費を払いたい」と思う動画は何かというと、、、それは「視聴者層」で決まります。

  • 面白系の動画 → 1再生で0.1円 ※小学生の視聴者が多い
  • 学習系の動画 → 1再生で0.3円 ※中高生の視聴者が多い
  • 金融系の動画 → 1再生で0.5円 ※大人の視聴者が多い

上記のとおりで、要するに「視聴者のポケットマネー」で決まりますね。

ポケットマネーの多い層に広告を見せたら、買ってもらえる確率が高いからです。
※あくまで、わかりやすくするために、話をシンプル化しています。

そして、僕の動画は「プログラミング学習」とか「お金の稼ぎ方」を解説しています。こういった層の視聴者は、わりと「ポケットマネーが多い層」です。つまり、広告単価が高くなります。

悲報:収益狙いでチャンネルを作っても、失敗する

ここまで話を聞いて、頭の良い人は次のように考えます。

「それなら、広告単価の高いチャンネルを作ればいいのか。」

理論的には正しいのですが、、、僕が思うに、それだと失敗します。
なぜなら、マーケットを見ていないからです。

  • 広告単価の高い領域 → 投資や不動産 → YouTubeに視聴者が少ない
  • 広告単価の安い領域 → ネタ系の動画 → YouTubeに視聴者が多い

シンプルな解説は上記のとおりで、広告単価の高い領域だけを狙うと、たぶん再生数が伸びません。

考えてみたらわかりますが、投資家や経営者の人とかは、YouTubeを見ませんよね。見ていたとしても、YouTubeを通して有益な情報を得ようとは思っていないはず。

なので、収益狙いでチャンネルを作ってもいいですが、そもそもの「需要があるか」も考えましょう。

まとめると「広告単価 × 需要 = 収益」ですね。

ここを考えつつ試行錯誤したら、YouTubeで稼げるようになると思います。

YouTubeで「チャンネル登録10万」を目指すための戦略公開


僕が意識したのは、次の3つです。

  • その①:得意分野で戦うこと
  • その②:カテゴリは3つに絞ること
  • その③:伸びた分野に集中投下すること

戦略はシンプルにすべきです。僕は上記を意識しつつ、あとは「チャンネル登録の伸び」だけを見ていました。

順番に解説していきます。

その①:得意分野で戦うこと

結論として、ここが最重要ですね。下記を自問自答してみてください。

  • その分野について、友達に8時間の熱弁ができますか?
  • その分野において、圧倒的な情熱を持っていますか?
  • その分野において、今後も飽きない自信がありますか?

上記のとおり。
僕の場合は「ブログ・プログラミング・お金の話」が上記に概要します。なので、この3つの分野で発信をしています。

なお、人によっては「需要の高い分野を狙うべき」と言いますが、もちろんそれも大切です。しかし、興味のない分野で、3年くらい継続して動画を出していけますか?

僕は無理なので、自分が好きな分野で戦っています。

その②:カテゴリは3つに絞ること

YouTubeの発信内容は、3つくらいに絞るべきです。
僕は下記の分野で発信しました。

  • プログラミング 
  • ブログ運営
  • お金の稼ぎ方
  • 旅の動画 
  • 食レポの動画

結論からいうと、旅と食レポは、大失敗でした。
実験的に動画を入れてみたのですが、チャンネル登録の伸び率が大きく下がりました。

ここに関しては「自分が、チャンネル登録を解除するときの心境」をイメージするとわかりやすいです。

僕は複数名のYouTuberをチャンネル登録していますが、解除する基準は「動画がつまらない時 or 興味のない動画を出し始めた時」です。

つまり、動画がつまらないなら、単純に力不足です。しかし「興味のない動画」に関しては、これは簡単に対策できます。繰り返しですが、カテゴリの統一ですね。

僕の場合だと「ブログ運営・プログラミング・お金の話」しか動画にしませんので、視聴者の維持が容易です。

その③:伸びた分野に集中投下すること

YouTubeでは、何が伸びるかわかりません。

上記の感じで、ぶっちゃけ何が当たるかわかりません。
そして、伸びる動画はチャンネル登録数にも依存するので、、、YouTubeは難しいですね。

なので、僕がやっていることは「常に実験として動画を出す→視聴者の反応を見る→伸びそうなら、その分野を攻める」ですね。

補足として、チャンネル登録1万のときは、ブログ運営の動画を出しても再生数が伸びなかったのですが、チャンネル登録8万を超えてからは、なぜかブログ運営の動画が伸びやすくなったので、本気で謎です。

正解は視聴者の反応から探すしかないですね。

最後に:YouTubeはチャンスだらけです

控えめにいって、YouTubeは金脈です。

僕はゼロからのスタートで、7ヶ月後には月収100万ですからね。
インターネットドリームです。

個人的に「ここは狙えるな」という分野を掲載しておきます。

  • 筋トレ系(健康志向が高く、収入の高い層向け)
  • ゲーム実況(初心者向けに、わかりやすい解説)
  • 歴史の解説(ビジネスと掛け合わせて解説する)

上記のとおりで、僕が狙う分野でもあるので、かなり偏っています。
その他にも、基本的には「テレビでは視聴率があるのに、YouTubeにないな」と思うチャンネルを探したらOKです。

例えば「お笑いグランプリ」とかを作っちゃうのもありかなと思っています。もしくは、ゲームの大会ですね。ゲーム大会に関しては、僕はわりとガチで開催を考えています。賞金を100万くらい用意して、協賛を得つつ開催します。楽しそうですよね。

こういった感じで、柔軟に考えたらチャンスはいくらでも転がっています。ぜひ、チャレンジしてみてください。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】