Written by Manabu Bannai

Webライターに必要な3つのスキル【稼ぐ為に必要な独学方法も解説】

Freelance LIFE

ライターを目指す人「これからWebライターを目指すので、必要スキル、学習方法を知りたいな。あと、稼げる金額も知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Webライターに必要な3つのスキル
  • Webライターが”最速で稼ぐため”に身につけるべき基礎知識
  • スキルを身につけたWebライターが稼げる金額例

現在の僕は編集者としてライターのディレクション経験が5年ほど。2017年12月現在も、常に10名以上のライターさんと関わりつつ、記事作成をしています。そういった経験で得た知識をシェアしますね。

スポンサードサーチ


Webライターに必要な3つのスキル


次の3つです。

  • その①:論理的思考能力
  • その②:Webライティング力
  • その③:交渉力

その①:論理的思考能力

最重要は論理的思考能力。
ビジネスで稼ぐ上では業種を問わず大切ですね。

ライティングの本質は社会貢献です。

”あなたの代わりに調べました”、”あなたに必要な情報を提供します”というスタンスが大切です。
» 参考:自己表現したい人は文章書きにはなれない【読者愛を持つべき話】

ライティングに感情は不要

『文章 = 心を動かすもの』と思う人が多いかもですが、大半の場合において感情を動かすライティングは不要。もしあなたら有名ライターなら話は別ですが、、、この記事を読む方は該当していないはず。

感情より論理性。

これを常に覚えておきましょう。

その②:Webライティング力

ライティング力じゃなく、”Webライティング力”が大切です。

新聞のライティング、雑誌のライティング、広告のライティング、Web記事のライティングなど、それぞれ少しづつ性質が異なります。

分かりやすい例だと、Webライティングでは文字数は決まっていない場合が多い。その理由はSEOというWebマーケティング分野が関係しているのですが、そういった”業界での常識”を知っておくべきです。

とはいえ、このあたりは経験すればすぐに慣れるので、学習書籍をいくつか読めばOKです。詳細は後述します。

その③:交渉力

ライティング力があるのに稼げないライターには”交渉力”がありません。

「すいません……単価アップを希望します……((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

こんな感じじゃダメです。
価格交渉は悪いことではありません。

適切なタイミングで、適切な金額を提示しましょう。
発注者として痛い場所をつく方法は【脱・搾取】Webライターの平均単価など存在しない【秘技を伝授】にまとめています。記事内の方法を使えばほぼ確実に単価アップできるはずです。

Webライターが”最速で稼ぐため”に身につけるべき基礎知識


基礎的なWebライティング力とWeb業界の常識を学んでおきましょう。

とりあえずこの3冊を読めばOK。
これから稼ごうっていうときに、書籍代(勉強代)をケチる人はまず成功しませんので、初期投資として本くらいは購入しましょう。

なお、書籍を読むとわかりますが、Webライティングは想像以上にロジックで作られています。ただ流し読みをするだけじゃなく、Webライティングで大切な論理部分を読み取ってください。とくに沈黙のWebライティングではそれがよく学べるはずです。

Webライターが”稼ぐため”に利用すべきサイト

スキルがあっても、案件がないなら稼げません。
Webライターなら登録すべきサイトをまとめました。

サグーライティングプラチナはテストが必須ですが、力試しにやってみるのはありかなと。もし合格できたら、ランサーズやクラウドワークスのプロフィールにもその旨を書いておけば、信頼度アップしますので。

スキルを身につけたWebライターが稼げる金額例

スケジュール 文字単価 月収20万円の文字数
初月〜2ヶ月 1文字 1円 20万文字
3ヶ月〜6ヶ月 1文字 1.2円 16.6万文字
6ヶ月〜12ヶ月 1文字 1.5円 13.3万文字

こんな感じを目指せば、月収20万円を目指せます。なお、文字単価を上げ続けることで、収入を増やしつつ、空き時間も増やすことができますね。

ライティングなら場所を選ばずに働けますので、田舎に住みつつライターとかだと貯金しやすいかなと。

最重要は交渉力

Webライターに必要なスキルでも触れましたが、単価アップにおいて交渉力は必須です。

ライター系の方はまじで交渉に苦手意識を持っていますので、是非改善することを願います。それだけで収入が1.5~2倍とかに跳ねますので。
» 参考:【脱・搾取】Webライターの平均単価など存在しない【秘技を伝授】

トップクラスは年収2,000万円越え

僕がTwitterでよく絡んでいる名もなきライターさんは年収2,000万円を越えていますね…。

これはちょっと異常な例ですが、Twitterやブログをみていると、かなり参考になると思います。ブログとSNSで信頼度を高めるノウハウも学べるはずなので、是非ウォッチしておきましょう。
» 名もなきライター(S.Watanabe) (@writer_noname) | Twitter

まとめ:Webライターを手始めにIT業界に参入するのはどうですか?


記事のポイントをまとめます。

  • Webライターに必要な能力は、論理性・Webライティング力・交渉力。
  • 基礎知識を本で学んだら、実案件を受注しつつスキルアップしましょう。
  • 努力次第では、1年後に月収20万円は十分に目指せる範囲です。

こんな感じ。
Webライターは安すぎて叩かれたりしていますが、それは他業種でも同じ。

例えば、僕はWeb制作を受注したりしますが、Web系も単価が安く、ブラックと言われたりします。しかし、それは案件次第でして、僕が請けてる案件は25万円〜なので、フリーランスとして十分に食べれる金額です。

世の中の言葉に惑わされず、まずは自分でやってみて検証しましょう。

仮にあなたがWebライターに向いていなくても、それを皮切りにIT業界に参入するのは大いにありかと。ITは常に伸びていますし、利益率も高いですし、転職もしやすいですので。

というわけで、今回は以上です。
ページを閉じたら、ぜひ行動に移してみてください。

基礎学習での必読本3冊

登録すべきサイトの一覧

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】