Written by Manabu Bannai

簡単】未経験からWebライターになる手順【業界歴5年の僕が語る】

Freelance LIFE

未経験からWebライターを目指している人「未経験からWebライターになる方法を知りたいな。今後はWebライターというキャリアを考えているので、具体的な手順を知りたいです。大まかな流れを把握して、自分でもできそうだったら、ちょっと動いてみようかな…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 未経験からWebライターになる手順とは【存在しない】
  • 全未経験のWebライターは、なにから始めるべきか

この記事を書いている僕は、Webライティングの業界歴は5年くらい。
過去にWebライターとしての仕事もやってきましたが、どちらかというとWebライターのディレクション業務に関わることが多かったです。

過去には、たぶん3,000本くらいはWebライターの原稿をチェックしてきました。そして、関わったWebライターの人数は、100名を超えています。

この経験から思うことは、「Webライターは未経験でもわりと稼ぎやすい」です。

未経験からWebライターになる手順もシンプルですので、本記事で深掘りしつつ解説しようと思います。3分くらいで読めますので、しばしお付き合いくださいm(_ _)m

スポンサードサーチ


未経験からWebライターになる手順とは【存在しない】


スイマセン、手順とか存在しないです。
やることは単純で、まずは仕事を取りましょう。

Webライターへの敷居は低いです

Webライターになるだけなら、ぶっちゃけ簡単です。
クラウドソーシング系のサイトをみたら、いくらでも案件が転がっていますので。

安い案件だと「1文字0.2円」とかもありまして、高めの案件では「1文字5円」とかでして、、、その差は25倍です。

格安ライターが1万円を稼ぐ文字数で、高収入ライターは25万円を稼ぎます。

高収入ライターの特徴とは

Webライターになるのは簡単だけど、「高収入ライター」を目指すなら、しっかりと仕事に取り組みつつ、複数のスキル取得も必要になります。

※現時点だと難しく感じるかもですが、未来をイメージ出来たほうがいいので、あえて難しいことを書いています。

高収入ライターを目指す際の必須スキルとは

  • WordPressの基礎知識
  • SEOの知識
  • 営業力と価格交渉力

上記のあたりです。

なお、WordPressやSEOといった知識は、ブログから学ぶことができます。ここは記事の後半で解説します。

そして、営業力とか価格交渉力は「【脱・搾取】Webライターの平均単価など存在しない【秘技を伝授】」で解説しています。参考までに目を通していただけたら、価格交渉とかのイメージが掴めると思います。

Webライターは、稼げる職業です

大半のWebライターは「副業で数万円の収入」という感じですが、やり方によっては月収100万を越えます。

Webライティング情報はTwitterから収集しよう

  • 名もなきライターさん(@writer_noname):月収数百万のスーパープレイヤーです。ライティングのコツをTwitter発信してるのでフォロー必須です。
  • とっとこランサーさん(@Tottokolancer):Webライター向けのノウハウや転職論を中心に発信しています。たまにセミナーとかもやっているので、素晴らしいです。
  • 佐々木ゴウ先生(@goh_ssk):アカウントからいい人オーラが溢れているゴウ先生。Webライター向けのノウハウ発信をしつつ、講座もやっていますので感謝。

上記のあたりです。
みなさんWebライティング界のトッププレイヤーなので、いろいろと学びが深いです。

完全未経験のWebライターは、なにから始めるべきか


先ほど、「まずは仕事を取れ」と書きましたが、それじゃあ流石に適当すぎるので、もうすこし深掘りしていきますね。

未経験のWebライターがキャリアを始める手順

  • 手順①:まずは仕事を取る
  • 手順②:本を使い、基礎知識を学ぶ
  • 手順③:仕事からの学びを発信する

順番にみていきましょう(`・ω・´)ゞ

手順①:まずは仕事を取る

繰り返しですが、いきなり仕事を取ってください。
大切なので、繰り返します。いきなり仕事を取ってください。

Webライティングとかって、実務から学べることが多いので。
本を読むのも大切ですが、実際に仕事した方が、確実に成長が早いですよ。

未経験のWebライターにオススメな求人サイト

基本的には上記3つでOKですね。
月収数十万クラスのライターでも、上記を使っていると思いますよ。

あとは、「サグーライティングプラチナ」というサービスもオススメです。

こちらはテストがあるのですが、合格すると高単価案件に応募できますよ、というサービスでして、テスト自体は無料なので、やってみる価値ありです。 いきなり合格したらラッキーですし、ダメだったらまた経験を積んでから再度チャレンジしたらOKですので。
» 無料で「サグーライティングプラチナ」のテストを受けてみる

※余談ですが、サグーライティングに限らず、大半のライティング案件は「受注前のテスト」があります。なので、「テストがある→この案件は面倒だな」と思うのは勘違いですね。

よくある質問:いきなりの仕事で、失敗したらどうするの?

大丈夫です、失敗しません。

というか、求人に応募して採用されたら、責任は「あなたと発注者」の半々に分散されますので、すべて自分の責任だと思わなくてOKです。

もちろん、「依頼された仕事を無視する」とかはNGですが、いわれた通りに納品まですれば、大きな失敗をすることはないですよ。

あと、もし仮に「品質が悪いです」とかって言われたら、それは発注側の責任でもあります。大半は「採用前にテスト」があるはずなので、そこを通ったなら自信をもって仕事をしたらOKです。

現時点でできる、最大限のことをしましょう。
完璧を求めて素振りを続けても上手くなりません。舞台に立つことも大切です。

補足:求人の応募するときのコツ

未経験であることは隠さなくてOKです。
むしろ、「未経験だけど、精一杯、努力します」と伝えましょう。

僕は過去に何度か未経験のライターを雇っているのですが、総じてみなさん真面目でした。もちろんスキル面で不足はありましたが、マニュアルとかで教育すれば、みなさんもりもりと伸びましたね。

人にもよりますが、未経験から採用→その後に2年以上のお付き合い、というライターさんもいまして、発注者の視点として「経験者=必ずしも優秀とは限らない」と分かっていますので、未経験でも大丈夫ですよ。

手順②:本を使い、基礎知識を学ぶ

繰り返しですが、まずは仕事をしましょう。
そして、仕事をしつつ、同時並行で、本からも知識を学びましょう。

学ぶべき知識とは

WordPressの基礎知識+SEOの基礎知識です。
その理由は単純で、仕事の単価が上がるからです。

ここは未経験だとイメージしづらいかもですが、案件を受注するときに「WordPressのアップロード作業もできますよ」といった話をしたら、それだけで単価が上がったりしますので。

もしくは、案件に応募するタイミングで「SEOの基礎知識があります」といったメッセージを添えるだけで、受注確率は大幅にアップです。

WordPressの基礎知識を学ぶ方法

自分でブログを立ち上げましょう。
すこしお金はかかりますが、しっかり収入を増やしたいなら、初期投資は必須です。下記のとおりに進めたら、だれでも学べます。

なお、過去100名以上はライターさんとお付き合いしましたが、WordPressの基礎知識を持っている方は、全体の10%未満だと感じました。

WordPressの基礎知識なんて、1週間もあれば学べますし、それだけでWebライターとしての価値があがるのに、、、みなさん勉強してないですね。

つまり、ちゃんと勉強したら、Webライター市場で重宝されやすい(=つまり、継続的に稼ぎやすい)ということです。

SEOの基礎知識を学ぶ方法

まずは本を使って、全体像を学びましょう。
下記の記事を参考に、投資だと思って3冊ほどポチってみてください。

3冊くらい読むと、SEOのリテラシーは向上しますので、その後に下記のページでも勉強してみてください。

上記は記事数が多めですが、ここをすべて理解したら、確実にWebライターとしての価値は向上しますので。すべて無料なので、読まない手はないですよ。

手順③:仕事からの学びを発信する

仕事をしつつ、本で学習をしつつ、さらに自分でも発信をしましょう。

先ほど用意したWordPressのサイトで、Webライターとしての学びや、もしくは自分の趣味について記事を書いていきます。 3〜6ヶ月くらいのWebライター経験があれば、ノウハウも溜まっていると思いますので、世の中への還元をしていきましょう。

ブログを書く際のコツ

手抜きせずに書くこと。
手抜きして書くなら、書かないほうがいいです。

ブログを書くことで、「ブログ=あなたのスキルの証明」になります。

考えてみたら分かりますが、「ライティングできます」と言われても、相手からしたらいまいち信用できないですよね。 しかし、「ライティングできます。私のサイトは◯◯です。」と言われたら、発注者はあなたのスキルレベルを判断しやすいと思います。

更にいうと、「ライティングできます。私のサイトは◯◯です。WordPressで運営してまして、SEOも意識した結果、月間3万アクセスがあります。」まで書けたら、あなたの単価は爆上がりしますね。

※とはいえ、サイト運営を始めるのは、「未経験で仕事を取る→3〜6ヶ月は仕事を経験しつつ学ぶ→その後にサイト構築する」くらいの感じでいいと思います。すこし未来の話ですね。

Webライターは、ちゃんと取り組めば勝てる

ぶっちゃけ、大半のWebライターは「副業としてお金お稼げたらいいや…」くらいのモチベーションで働いています。 そして、残念なことに責任感のない人も数多く見てきました…。

完全にNGな仕事の仕方

  • 発注したのに、連絡が返ってこない。
  • 納期に遅れそうになると、言い訳をする。
  • 3ヶ月契約なのに、1ヶ月で辞めていく。

こんな感じで、発注側も消耗していたりしますので、みなさん「信頼できるライターを探している」という現状があります。

信頼できるライターの特徴とは

  • 返信が速い&丁寧である。
  • 納期に遅れない。むしろ早めに納品される。
  • 契約期間を守る。個人的な事情の言い訳をしない。

上記は、どれも「当たり前のこと」なのですが、悲しいことにWebライティング業界だと、適当に仕事する人も多く、、、残念ですね。

とはいえ、裏返して考えたら、「しっかり真面目に取り組むことで、信頼を勝ち取ることができ、継続的に稼ぎやすい」とも言えます。

最後に補足:収入の目安を書いておきます

いきなりバリバリ稼ぐとかって無理なので、目安は下記です。

経験年数 文字単価 原稿1本の単価 時給換算
0〜3ヶ月 0.6円〜0.8円 1,800〜2,400円 720円〜1,200円
3〜6ヶ月 0.8円〜1.0円 2,400〜3,000円 960円〜1,500円
6〜12ヶ月 1.0円〜1.5円 3,000〜4,500円 1,200円〜2,250円
12ヶ月〜 1.5円〜 4,500円〜 1,800円〜

※注1:記事1本で3,000文字と仮定しました。業界的にこれくらいが平均です。
※注2:記事1本で、2〜2.5時間くらいの執筆時間と仮定しました。

ざっくり上記のとおり。

当たり前ですが、最初の3ヶ月とかは稼げないです。 そして、みなさん3ヶ月以内に辞めていき、「Webライターなんて稼げないよ」みたいな愚痴を言ったりしています。

当たり前ですが、最初から稼げる訳はないので、徐々にスキルアップして、自分ができる仕事領域を増やし、単価も上げていきましょう。

1年くらい続けたら、生活費レベルなら稼げるようになっていると思います。 1年で月20万ちかくの副収入が作れるのは、わりと素晴らしいと思います。これを機に、チャレンジしてみるといいかなと思います。

未経験のWebライターにオススメな求人サイト

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】