Written by Manabu Bannai

Webマーケティング業界で使える志願動機をテンプレ化した【コピペOK】

LIFE Work

Webマーケティング業界に転職する際の志願動機を考えている人「Webマーケティング業界の転職で使える志願動機を考えている。Webマーケティングってアフィリエイトとかで副業しやすいみたいだし、将来性も考えつつ転職を検討したい。でも、自分はこの業界が未経験だし、、、副業しやすいから、みたいな理由だと落とされるよね。。どうすべきだろう?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Webマーケティング業界で使える志願動機を考えました
  • Webマーケティング業界で使える志願動機をテンプレ化した
  • Webマーケティングの志願動機を作りつつも行動を続けるべき

この記事を書いている僕は、Webマーケティング業界歴が6年ほど。

現在はSEOコンサルティング業をやっている関係もあり、業界の人とお付き合いすることが多いです。こういった背景から、「どういった人物が業界に向いているのか」とか「どういった人物が好まれるのか」といった事が分かってきました。

そこで今回は、これからWebマーケティング業界を目指す方向けに、「志願動機の書き方+具体的な行動の重要性」をまとめました。

これから転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードサーチ


Webマーケティング業界で使える志願動機を考えました


僕が妄想しつつ考えてみました。

志願動機のコンセプト(どういった人物として自分を売るのか)

未経験だけど、現在進行系で努力をしている。
やる気と行動力があるので、将来性がある自分を買ってもらう感じ。

就職先の会社イメージ

Webマーケティングのコンサルティング会社。
様々な企業のWebメディア構築支援、SEOコンサル、SEMコンサルなどをしている。
会社規模は中小(社員100名以下)といった感じで、上流だけじゃなく実務もこなしている。つまり、こういった会社で働くと、手に職が付きやすい環境。

前提条件は上記のとおり。

就職先は、ざっくりいうとベンチャー企業ですかね。
大手を狙ってもいいですが、「副業したい」とか「実務を覚えたい」って場合は、中小の方が学べますので。

なお、分からない言葉とかがあったら、随時ググってください。
これからWebマーケティング会社にいくのに、SEOやSEMが分からないとか、、、わりとオワコンですので。

僕が考えた志願動機

「なぜ、Webマーケ業界を選んだのですか?」という質問に対する答えです。

業界に将来性があり、私自身のスキルを活かせると考えたためです。

IT業界は伸び続けており、広告はメイン収益のGoogleやFacebookは勢いが衰えません。一方でテレビへの広告費は減り続けており、この流れを考えると、今後はインターネット広告が主流な時代になることは明らかだと思います。

とはいえ、インターネット広告を活用するには専門知識が必要です。となると、Webマーケティング会社の需要が高まると考えております。

以上が業界の将来性に関する考えですが、こういった考えを持ちつつ、趣味で書いていたブログがキッカケになり、更にWebマーケティング業界に関心は湧きました。

というのも、趣味で書いていたブログのアクセスが増えてきて、そこに広告を貼ってみたら、雀の涙程度ですが、収益が発生したからです。これをキッカケに、SEOやSEMに関する学習を始めたという経緯があります。

結論としましては、私はWebマーケティングが好きであり、これから更に知識を増やしたいと考えております。その際に、貴社の実務を通しつつ、様々な案件・様々なデータから学び、事業に貢献したいと考えております。

こんな感じですかね。
面接で聞かれたら、これを口頭で答えればいいですし、履歴書に書く感じなら、もう少しコンパクトにまとめるのもありかなと思います。

志願動機のポイントを解説する

ポイントを3つほど解説します。

ポイント①:業界知識があることを証明する

インターネットの広告業界が伸びていること、SEOやSEMといった専門用語を使うことで、ある程度は知識があることを証明しています。

ポイント②:すでに行動している件

Webマーケティング業務ってぶっちゃけ自分一人でも出来ちゃいますので。
実際にブログ書きつつ独学してるなら、「こいつなら教えなくても自分で動いてくれそうかな〜」って思うはず。

ポイント③:副業NGみたいな会社は切る

ブログ収益の話をすると、副業NGの会社だったら、副収入がダメな件の話になるかなと。でも、今どきの会社で「副業NG」とかって、、、オワコンですので。そんな会社は、自分から願い下げしちゃいましょう。

Webマーケティング業界で使える志願動機をテンプレ化しました


先ほどの志願動機をテンプレ化します。
とてもシンプルで、下記のとおりです。

志願動機の作成テンプレ

  • ①志願する理由を述べる
  • ②理由を証明する
  • ③自分が価値を生むことを述べる

どの業界でも同じですが、基本的にはこの流れですね。
分かりやすくするために、さらに具体例を考えてみますね。

パターン①:Webマーケに興味がある→友人の手伝いをした人の例

①志願する理由を述べる

Webマーケティングに興味関心があるからです。

②理由を証明する

友人が立ち上げたWebメディアを少しお手伝いしており、そこでアナリティクスの分析などを、触りだけ学んだ。この経験から、Webマーケティングに興味が湧き、自分なりにマーケティングの本を買いつつ学習を進めている。

③自分が価値を生むことを述べる

これから伸びる業界だろうし、コンサルティング事業を通して、知識を増やしつつ、企業のマーケティングをサポートしたい。まだまだ初心者ですが、案件や自主的な学習を通し、スキルアップとアウトプットを繰り返していきたい。

こんな感じですかね。
もういっちょ見ていきましょうか。

パターン②:Webマーケは伸びる→自分でサイトを作ってみた人の例

①志願する理由を述べる

Webマーケティング業界が伸びると考えており、とくにコンテンツマーケティングに興味がある。

②理由を証明する

先日に、GoogleとFacebook、Twitterが仮想通貨の広告を禁止しましたが、それを見た時に、コンテンツマーケティングの将来性を確信した。

そこから自分なりにサイトを作ってみて、SEOやコンテンツマーケティングを調べつつ、更新を続けている。

③自分が価値を生むことを述べる

まだまだ知識は少ないですが、日々の学習とサイトでのアウトプットを通して学習を続けている。実際に動いてみて、この分野が好きだと感じているので、業務も早く吸収出来ると思っている。

こんな感じですね。

ここまで読んだ人で「たしかに良いかもだけど、、、友達の手伝いとか、自分でサイト作るとかって、、、結構大変じゃないか」と思うかもです。

でも、ここが一番重要なところで、実際に行動したことを話せば、説得力が上がりますからね。

Webマーケティングに興味がある。なぜなら、記事を読んだから。

よくあるNG例としては、「Webマーケティングに興味があります。◯◯って記事を読んで、業界も伸びると思ったし、自分も頑張りたいと思った。」みたいな感じ。

こんな話を聞いても、「こいつ本当なのかな・・・?雇ってもすぐに弱音を吐いて辞めそうだな・・・」と思われます。

でも、具体例な行動をセットにするだけで、説得力が大きく高まります。

「Webマーケティングに興味があります。◯◯って記事を読んで、業界も伸びると思ったし、自分も頑張りたいと思った。現在は毎週Webマーケティングの勉強会に通っており、少しでも早く知識を伸ばせるようにしています。」みたいな感じ。

たったこれだけで説得力が上がります。
なので、「説得力の高い志願動機を考えたいなら、行動しろ」というのが僕の結論です。キャリアアドバイザーはあまり言わなそうなことですが、、、本質じゃないかなと思っています。

あと、実際に行動することで、ミスマッチも減らせますよね。
実際にWebマーケティングをやってみたら、めっちゃつまらないかもしれないので。

事前に自分なりに動いてみて、ダメそうなら方向転換もありかなと。
こうやって行動するのは「自分自身のため」です。

だって、実際に就職してから嫌いだって気がついたら、、、時間やお金を無駄にしますよね。なので、早めの行動が吉です。

Webマーケティングの志願動機を作りつつも行動を続けるべき


転職するなら、まず初めにやるべきは、転職エージェントへの登録ですね。
サイト登録すれば担当者が付きますので、相談しつつ会社探しをすればいいかなと。

使うサイトは「DODA (デューダ) ※大手なので案件多い」と「ワークポート ※僕が過去に使ったらマーケ会社の案件多かった」あたりでいいかなと思います。

ぶっちゃけマッチングの問題なので、ある程度は知名度があるエージェントを使っておけば良いと思います。

また、「Switch」というサービスもオススメ。
転職スカウトサービスなのですが、Facebookから登録して、プロフィールだけ入力しておけば勝手にスカウトが届きますので。年収提示もあって、自分の市場価値も図れるので是非です。
» Switch|Facebookを使った新感覚スカウト型転職サイト

転職エージェント登録後にやるべきこと

具体的には次の3つです。

  • その①:ブログを作ってみる
  • その②:Web広告を運用してみる
  • その③:ライター業をしてみる

どれもWebマーケティング業界に直結する分野です。
実際に行動すれば、志願動機にも書けますからね。

その①:ブログを作ってみる


具体的な作り方&稼ぎ方のコツは上記の記事にまとめています。
中学生でも分かるようにまとめており、Webマーケティング会社ではよくやる業務の1つかなと思います。覚えておきましょう。

その②:Web広告を運用してみる


Web広告って出そうと思えば「5分くらい」で設置できますね。
具体的な方法は上記記事でまとめています。ブログより広告運用に興味あるぜって方はこちらをどうぞ。

その③:ライター業をしてみる


ランサーズあたりで探しましょう。

Webマーケティングとライティングは切っても切れない関係なので。
ランサーズをみれば、ライティング系の案件が溢れていますので、試しにトライしてみると良いでしょう。

お小遣いを貰いつつ、業界経験を詰めると思えたら、まぁ悪くないですよね。

というわけで、今回は以上です。
Webマーケティング業界は生き心地が良いので、僕はオススメですよ!(`・ω・´)ゞ

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】