Written by Manabu Bannai

【保存版】バンビエンのオススメ観光スポット3選【旅行プラン作った】

TRAVEL

バンビエンの観光情報を知りたい人「バンビエンの観光情報を知りたい。今回が初めての渡航なので、定番の観光地を知っておきたいです。あと、おすすめの観光プランとかもあると、、嬉しいかな。さらにいうと、近くのホテル情報とかも知っておきたい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 1.バンビエンのオススメ観光スポット【3選】
  • 2.バンビエンで3泊4日の観光プランを作った
  • 3.バンビエン滞在でのおすすめホテル【3選】

この記事を書いている僕は、バンビエンの渡航回数が2回です。
そして合計で「3週間」ほど滞在したので、観光をマスターしました。

バンビエンは素晴らしい街です。
感謝の気持ちを込めつつ、経験から得た情報をシェアします。

バンビエンのオススメ観光スポット【3選】


結論は下記の3つです。

  • その①:チュービング
  • その②:ブルーラグーン
  • その③:タムチャン洞窟

それでは見てきましょう。

その①:チュービング

これが定番ですね。
というか、チュービングだけやれば、OKかなとも思います。

他のアクティビティは、ある意味でオマケですよ。


こんな感じです。大自然に圧倒されます。最高です。


いやー、最高ですよね。
お酒を飲みつつ、プカプカ。


こういった感じの川下りを、約4時間くらい楽しみます。
4時間のうちの3時間くらいは、川沿いのバーで飲む感じです。

クレイジーですよね。


なお、全てを包み隠さずに書きますが、水は汚いです。
僕はダイブしたときに、水を飲んで萎えました。

行き方:ツアーに申し込めばOK

街中を歩いていると、ツアーの代理店が大量にあります。
2件に1件くらいは、ツアー会社ですね。

そして、どこも値段に大差ないので、適当に何件か周り、安い場所でいいと思います。

その②:ブルーラグーン

インスタ映えのスポットですね。


イメージは上記です。水が青いですよね。
綺麗な池にて、川遊びできます。

とはいえ、2時間くらいで飽きますね。


こんな感じです。インスタ映えです。
チュービングでドロドロになるのが嫌なら、ブルーラグーンかもですね。

しかし、体験としては、確実にチュービングがオススメです。

行き方:バイクor バギーor ツアー

個人的にはバイクがいいかなと思ったりです。バイクで20分くらいで到着です。

もしくはバギーもありです。


こちらの写真でバギーが見えると思います。
これを借りる感じです。

なお、国際免許証があった方がいいですが、店によっては免許なしでも貸してくれますので、自己責任でどうぞ。

もしくは、ツアーに申し込むのもありですね。

その③:タムチャン洞窟

ここは、暇だったら行く感じでいいと思います。
とても涼しいです。

上記の感じで、綺麗ですよね。

神秘的です。

1つ1つの岩は、恐ろしいほどに時間がかかり、できあがる訳ですよね。人間のちっぽけさを感じるかもです。

ちなみに、僕の場合は「通常の人は出入りしない洞窟」に行きました。
場所を忘れてしまったのですが、普通に危険すぎて、足を滑らしたら大怪我レベルだったので、タムチャン洞窟以外には、行かないほうがいいと思います。

とはいえ、舗装されていない洞窟は、圧倒的にエキサイティングです。

行き方:徒歩or バイクor バギー

タムチャン洞窟は、徒歩でいけます。
20分くらいなので、歩くのもありじゃないですかね。

とはいえ、日差しが強いので日焼け止めは使っておきましょう。

ツアー利用時の注意点

基本的には「自力で行く」がいいと思います。
チュービングだけは自力が難しいので、申込みするといいですね。

なお、ツアーには「1日で3箇所を回る」とかがありますが、要するに「チュービング→ブルーラグーン→タムチャン洞窟」といったツアーですが、、これはオススメしません。

時間に追われつつの観光なので、友人が申込みしていたのですが、満足度は低そうでした。

ツアー申込みするなら、チュービング単体での申込みが良いかなと思います。

ブルーラグーンとかは、自力で行きましょう。

補足:ビューポイントとバイク探検

バンビエンには「ビューポイント」という絶景スポットがあります。

こちらですね。
僕は行っていないのですが、山登りが大変そうなので、お気をつけてください。

なお、個人的な感想では「ビューポイントよりも、バイク旅の方が良くないか・・・」と思ったりです。

バンビエンにて、バイク旅してきた


上記のとおりで、爽快でした。
汗だくになって山登りするよりも、僕はスイスイとバイク旅しつつ、適当にツーリングする方が快適でした。

2.バンビエンで3泊4日の観光プランを作った


ここからは観光プランの話です。
僕が勝手に作ってみたので、参考までにどうぞ。

なお、1つだけ注意点があります。

旅の鉄則:ゆとりを持つこと

バンビエンを最高に楽しむなら、ずばり「何もしない時間を、楽しむ」がオススメです。

上記のとおりで、絶景レストランが多いので、少しでも疲れたら、無限休憩くらいがいいと思いますよ。

短期旅行者だと、みなさん詰め込みがちです。
しかし、本当の魅力は「何もしないこと」だと思います。

1日目:到着&レストランで休む

まずは初日。
バス移動があって疲れると思うので、ゆっくり休みましょう。

なお、ホテルで夕飯を食べてもいいですが、たぶん外のレストランの方が快適です。

僕の行きつけの店:OtherSide restaurant

僕は「OtherSide restaurant」という店によく行きました。
ぶっちゃけ、どのレストランでも味に大差はないので、景色で選んでいます。

いつもガラガラだし、静かなので快適ですよ。

補足:蚊よけは常備しよう

めっちゃ蚊が多い訳じゃないですが、とはいえ野外なので蚊がきます。
蚊よけがどこにでも売ってるので、常に持ち歩く感じがいいと思います。

2日目:お昼からチュービング

翌日はチュービングです。
なお、時間帯としては「12時スタート」くらいがいいですね。

というのも、東南アジアだと「16時くらいから、スコール」という場合が多いので、遅い時間にチュービングすると、雨をくらいます。

お昼くらいからチュービングして、夕方にはホテルに戻りましょう。

チュービング後は、レストランでChill

チュービングが終わったら、今日は終わりです。
レストランでChillします。

Chillとは「チルアウト」のことです。
まったりと、くつろぎましょう。

これが、上級者のバンビエン生活です。圧倒的に心が洗われるはずです。

3日目:お昼からブルーラグーン

ぶっちゃけ、行かなくてもいいかもですが、、、まぁブルーラグーンあたりでいいと思います。

お昼過ぎくらいに出発して、2〜3時間くらい川遊びする感じですね。そして帰ってきたら、本日も終了。

なお、体力が余ってるなら「バイクでのツーリング」もありかもですね。
バイクのツーリングとかなら、夕方とかに出て、雨が降ったらひと休みする感じだと、わりと快適です。

4日目:朝からバイク旅&帰宅

最終日は、バイク旅ですかね。

洞窟やビューポイントに行く時間は足りないはずなので、朝からバイクとかでフラフラするのも、ありかもです。
とはいえ、疲れが溜まっていたら、なにもしないのが吉ですね。

というわけで、以上が「まったりバンビエンの観光プラン」でした。

補足:夜遊び情報も書いておく

パリピ向けに、ナイトライフも書いておきますね。
といっても、2つだけ。

  • 定番のクラブは「Sakura Bar」です
  • 金曜の夜は「Jungle Party」が定番

上記のとおりで、中心部のクラブなら「Sakura Bar」の一択ですね。夜23時くらいから、盛り上がっています。

また、花金なら「Jungle Party」があり、これは街からタクシーで10分ほど。

宿泊先のホテルとかに「Jungle Partyのチケットを買いたい」と言えば「30,000キープ」くらいで買えるはずです。

あと、Jungle Partyの目の前にもクラブがあり、ラオス人のパリピは、そちらに行くみたいです。

さらに補足:ハッピーメニューに関して

バンビエンだと「ハッピーメニュー」が有名だったりします。

ここに関して興味があるなら、レストランの看板に「Happy Menu」という文字を探しましょう。
そういった店だと、ハッピーメニューがあります。

バンビエン滞在でのおすすめホテル【3選】


最後にホテル情報を書いておきますね。

  • 快適滞在なら、アマリホテル
  • コスパ重視なら、フリーダムホステル
  • 圧倒的なパリピなら、NaNaホステル
  • ちなみに、日本人宿は閉鎖しています

上記なので、見ていきますね。

快適滞在なら、アマリホテル


僕はアマリホテルに引きこもっていました。
バンビエンだと、2番目に高いホテルですね。

宿泊費用の目安 1泊4,000円〜6,000円
僕の満足度 ★★★★★
清潔度 ★★★★★
Wifiの速度 ★★★★☆
食事 あり※朝食のブッフェがうまい
接客 ★★★★★
立地 バンビエンの中心部です。
»Googleマップを見る

基本的に大満足でした。
なお、部屋の位置によって値段が変わり、僕は「リバービュー」を選び、とても最高でした。

ちょっとお値段が上がってしまいますが、寝る時に窓を空けておくと、大自然の音が流れてきて、最高のリラックスでした。

この気持ちは、シティビュー側だと、味わえません。リバービューがオススメです。

»Agodaでホテルの詳細を見る
»Expediaでホテルの詳細を見る

コスパ重視なら、フリーダムホステル


格安のドミトリーです。
僕が1回目にバンビエンに来たときは、常に格安ホテルでした。

宿泊費用の目安 1泊300円
友人の満足度 ★★★☆☆
清潔度 ★★★☆☆
食事 あり※景色が絶景
立地 バンビエンの中心部です。
»Googleマップを見る

すいません、僕は宿泊していないので、友人からのレビューです。
基本的に問題のないホテルかなと思います。

あと、朝食会場が4階なのですが、そこからの景色が絶景です。
1泊300円なのに、絶景付き。コスパ良し。

»Agodaでホテルの詳細を見る
»Expediaでホテルの詳細を見る

圧倒的なパリピなら、NaNaホステル


欧米人のパリピは、ここに泊まっています。

宿泊費用の目安 1泊700円
立地 バンビエンの中心部です。
»Googleマップを見る

こちらも宿泊しておらず、レビューがショボくてすいません。

とはいえ、パリピ系の人なら、ホテルよりも、現地の出会いを求めているはず。
なので、プールとかでワイワイしたいなら、ここでいいんじゃないですかね。

とはいえ、アジア系は少ないので、アウェイかもです。

»Agodaでホテルの詳細を見る
»Expediaでホテルの詳細を見る

ちなみに、日本人宿は閉鎖しています

バンビエンには「チャンタラゲストハウス」という、日本人の多い宿があるのですが、たぶん潰れていると思います。
ホテル予約サイトを見ても、ずっと満室になっており、謎です。まぁ、仕方ないですね。

というわけで、今回は「バンビエンの観光情報」をガッツリまとめてみました。

バンビエンは間違いなく最高の場所なので、僕はまた戻ってきます。気になった方は、ぜひ、ゆるりと足を運んでみてください。

人気記事海外旅行でおすすめのクレジットカードは全て。