Written by Manabu Bannai

Twitterでキャラ作りをすると、たぶん消耗する話【適切な発信方法】

MARKETING

こんにちは、マナブです。

ほぼ、素の状態でTwitter発信しています。
そして、フォロワー10万人を超えることができました。

先日に下記のツイートをしました。

Twitterを見てると、無理にキャラ作りしようとしてる人がいますが、それだと疲れるのでは、、、と思う。
フォロワーの多い方を見るとわかるけど、みなさん本音で生きてますよね。そして、Twitterの基本方針はシンプルで「3年前の自分に、有益な情報を伝える」で大丈夫です。消耗すると、続かないです

上記を深掘りします。
Twitterですこし消耗している人は、ぜひご覧ください。

スポンサードサーチ


Twitterでキャラ作りをすると、たぶん消耗する話


たぶんですが、、、キャラ作りをしている人が多いです。

基本スタンス:過去の自分に発信する

冒頭のツイートのとおりですが、発信の基本スタンスは「3年前の自分に向けて、有益な情報を発信する」で良いと思います。

自分に向けて発信するメリット

  • キャラ作りする必要がない
  • 言葉遣いも、そのままでOK
  • 当時の悩みが鮮明に分かる

上記のとおりです。
下手にキャラ作りをすると、そういった発信をするには「高いマーケティング能力」が必要になります。

広告会社とかが使う手法ですが「ペルソナを決めて、ペルソナの悩みを明確にして、、、」といった手法があります。
しかし、大半の人はこういった「高度なマーケティング知識を持ち合わせていないですよね。

ここを解決するのが「過去の自分に向けて、発信すること」です。

具体例:僕が使っている実例紹介

繰り返しですが、基本的には「3年前の自分」がキーワードです。

  • 3年前の僕 → 起業失敗で落ち込んでいる。今までは「お金=汚いもの」と考えていたけど、そういった甘い考えは捨てるべきか悩んでいる。
  • 6年前の僕 → 稼ぐスキルを身につけたいと思っている。しかし、なにを学ぶべきか、そして稼ぐノウハウも全くわからない。

上記のとおり。
スイマセン、基本は「3年前の自分」が良いですが、それだけじゃなく「更に過去の自分」で設定してもOKです。
ここは人によって違ってくるかなと思います。

なお、1つだけ注意点があり「3ヶ月前の自分に向けて発信」とかはNGです。

人間は3ヶ月くらいじゃ、そこまで成長しません。少なくとも「1年以上前の自分」に向けて発信すべきです。
そうすれば、過去の自分に「的確な解決策」を発信できるはずです。

発信内容は、自分が経験し、成果を出したことです

Twitterでキャラ作りの話から、マーケティング方法の記事になっていますが、、、たぶん有益なので続けます。

発信内容のコツは「マウントを取れる話題」じゃないとダメです。

僕が発信している内容

  • プログラミング学習(エンジニア年収1,800万を達成済み)
  • ブログ運営(アフィリエイト収益で月間600万を達成済み)
  • SNS発信(3年間のTwitter発信で、フォロワー10万達成)

上記のとおり。
全てにおいて、わりかし大きな成果を出しています。

こういった「具体的な成果をセットにして話す」という感じだと、文章に説得力がでます。Twitterで使えますよ。

大半の人の悩み

「自分には、、、そこまで大きな成果がないです…」

こういった人が多そうですが、これは勘違いです。

過去の僕も同じ間違いをしていましたが、発信内容はあります。

例えば、大学4年生の僕は「ブログで書くことがないな…」と思っていました。
しかし今となって思うと「留学経験(長期留学を経験済み)、就活経験(上場企業から内定獲得)、英語学習(TOEIC800点超え)」あたりで、いくらでも書けましたね。

さらにいうと、例えば「ブラック企業で消耗していたけど、転職で逃れることができた」という経験でも、それは価値です。

3年前の自分は、どういった悩みがあったのかを思い出し、そこに向けて、マウントを取りつつ、発信しましょう。

結論:キャラ作りは不要

というわけで、わりと「発信方法」の記事になっていますが、キャラ作りが不要だと分かるかなと思います。

そして、さらに1つ言うと「キャラ作りでフォロワーを伸ばすと、その後の展開に悩む」という状況になりやすいです。

キャラ作りをしてフォロワーを伸ばす人もいますが、そうなってくると「下手にYouTubeとかを、始めることができない」という状況になります。

それもそのはずで、Twitterでせっかく世界観を作ったのに、YouTubeとかで動画を出したら、一気に崩れる、という状況になりやすいですからね。

なので、これは完全に断言しますが、Twitter発信は「素の状態が良い」と思いますよ。

Twitterにおいて、キャラ作り以上に不毛な行為とは


リツイート系のキャンペーンですね。
具体的には「リツイートしてくれたら、◯◯をします」といったツイートです。

やってる人が多いですが、、、かなり不毛ですよ。というか、自分で自分の首を締める感じです。なぜか?

質問:そもそも、なぜフォロワーを増やすんですか?

リツイート系のキャンペーンをしている人は、そもそも「フォロワーを増やす理由が不明確」になっていると思います。

フォロワーを増やす理由

リーチしたい層がいて、そこに届けるため。

僕の場合でいうと、例えば「起業失敗で落ち込んでいる過去の自分みたいな層」とか、あとは「稼ぐ力が欲しいけど、ノウハウがない人」とかですね。

このあたりにリーチすることで、過去の自分のような人を救うことができます。

そしてゲスい話ですが、誰かを救うことができたら、結果としてそこから「お金」も生まれます。これが良い循環ですね。

フォロワー伸ばしに特化すると、盲目になる

Twitter界をみていると、皆さん「フォロワー伸ばしに必死」に見えます。

もちろん伸ばすことも大切ですが、果たして「プレゼントとかに群がるフォロワーを伸ばして、意味ありますか?」と聞きたいです。

基本的に意味ないですよね。

さら言うと「キャンペーンでフォロワーを伸ばす→伸びる→自分の発信したいことをツイートする→だれも反応しない→萎える」というループになります。当たり前の話ですよね。

キャンペーンで一時的にフォロワーを増やしたところで、あなたが「本当に救いたいと思っている、過去の自分」にはリーチしません。

というか、そういった行為をしていると、過去の自分は「この人は怪しいな・・・」と思って、さらに距離を置くと思います。

やるべきこと:淡々と継続しつつ改善

発信力を伸ばしたいなら、正当な方法で伸ばさないとキツいですよ。
具体的なノウハウは、無料です。

上記は僕の記事ですが、フォロワー4,000人のときに書きました。そして現在はフォロワー10万人を超えましたが、基本方針は変わっていません。

なお、僕の記事内で有益な記事もいくつか掲載しており、合計で5記事くらいですかね。これら5記事を読み込み、本気で発信し、本気で改善したら、徐々に伸びますよ。

完全に理解しつつ記事を読み、さらに「実際に試してみる」までやらないとダメですよ。

SNSは楽しいので、消耗せずに頑張ろう

というわけで、今回はこれくらいにします。
最後に1つだけ、SNSは楽しいし、人生を変えます、という話を書いておきます。

僕の実体験ですが、Twitterは完全に僕の人生を変えました。

フォロワーが1万人を超えると、ガチで人生が変わりますよ。そして、1万はそこまで難しくないです。しっかり発信したら、到達できます。

冷静に考えて思いますが、Twitterで140文字を投稿するだけで人生が変わるとか、、、不思議な世界ですよね。

なお、Twitterで人生が変わる理由は「SNSが世界的に大きく伸びているから」ですね。
そういった「世界の大きな波」に乗ることで、個人の人生に変化が起きます。

Twitterじゃなく、インスタでも、TikTokでもいいと思いますが、コツコツと発信すると、徐々に人生が変わり、ぶっちゃけ「かなり効率的に収入だったりを伸ばせる分野」なので、ぜひ頑張ってみてください。

僕も引き続き発信し、過去の自分を救えるように精進します🙇‍♂️
» マナブ@バンコク(@manabubannai)さん | Twitter