Written by Manabu Bannai

タグ:Workが付いている記事一覧


LIFE Work

大半の人は「自分のために働く」という行動をしません。本質的には「会社で働く=経営者のために働く」ですからね。これを続けると自分の資産にならないので、やるべきは「自分のために働く」です。ブログでも、アフィリでも、YouTubeでもOK。1年くらいで、徐々に人生が変わってきます。今日も労働。

LIFE Work

ちなみに、嫌なことから逃げても、人生は詰みません。というか、年金とか崩壊しそうですし、たぶん死ぬまで労働です。それなら割り切って「嫌なことは辞めて、ストレスを下げ、なるべく心地よく生きる」という選択肢もありだと思います。無理して頑張ると、実はリスクが高い時代かなと思います。

LIFE Work

何度も書いていますが、やるべきは「資産になる労働」ですね。ブログを頑張れば、ブログという資産が残ります。プログラミングを頑張れば、技術力という資産が残ります。YouTubeを頑張れば、チャンネル登録数という資産が残ります。行動を辞めた瞬間に「残るものがゼロ」だと、人生がハードです。

LIFE Work

資本主義ゲームを生き抜くには、確実に「税金知識」が必須です。しかし、大半の日本人は「確定申告」すら知らないので、豊かになるのがハードモード。じゃあ、どうやって税金知識を学ぶかというと、方法は「自分で払ってみる」ですね。副業して、利益や損失が出たら、申告してみるだけ。これで学べる。

LIFE Work

今後の生き方として「会社で頑張り、安定を目指す」とかだと、逆に不安定になると思います。それよりも「この会社を利用して、自分は上を目指す」くらいの心意気が良くて、こういった人材は会社からも評価され、人生安定。まずは頑張る領域を決めて、3年はコツコツ努力だと思います。

LIFE Work

世の中的には「公務員=安定」ですが、僕の独自理論だと「公務員はやがてリストラされ、リストラ後にスキルが残っていないので、人生の難易度が上がりまくる職業」だと思っています。公務員の方がいたらスイマセン。しかし、こういった「かなり起こり得る事実」を言う人は少ないので、書きました。

LIFE Work

大半の人は「できない理由」を探します。例えば「毎日ブログを書きましょう」といっても、やる人は1,000人に1人とかじゃないですかね。できないなら、できない理由を考えて、解決するだけですよ。時間がないなら、やらない作業を決めて、外注するしかないです。そうじゃないと、進歩するのが厳しい。

LIFE Work

会社員の時代の僕は、すこし適当に働いていました。会社なんて、適当でいいと思いますよ。適当に働いても、わりと大丈夫ですので。日本人は真面目に働きすきです。なお、記事後半で「サボるコツ」も書いたので、参考にしてみてください。

LIFE Work

終身雇用が崩壊し、年金も崩壊しつつある現代ですが、悲しきことに「寿命」は伸び続けてます。つまり、今後の生き方は「死ぬまで労働」という感じです。 なので、仕方ないので、つまらない仕事は徐々に辞めて、ストレスのない仕事とか、生き方を模索すべき。世間体を気にするより、幸せに生きるべき。

LIFE Work

現代なら、ネットで勝負すべきです。僕は約5年ほど、インターネットで勝負してきました。今は月500万くらいは、安定して稼げます。努力はしてきたけど、比率でいうと「努力1 : 時代の波9」ですよ。別分野なら、どんなに努力しても、月500万なんて稼げません。そして、これからITは、更に高速で伸びる。