Written by Manabu Bannai

【体験談】起業に失敗しても、基本的に借金まみれになりません【安心】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。
僕は起業に失敗しましたが、借金は背負っていません。

先日に下記のツイートをしました。

YouTubeコメントを見ると、「起業=失敗したら借金だらけ」と考えてる人がいますが、ちょっと勘違いだと思う。
初期費用が巨大な事業をやるなら、大きな借金も必要ですが、、、若い世代がチャレンジするなら、大半は「IT」ですよね。それなら初期費用は安いし、VCからの調達なら、返済義務はないです

上記を深掘りします。
ぶっちゃけ、起業に大きなリスクはないです。安全に始めましょう。

スポンサードサーチ


起業に失敗しても、基本的に借金まみれになりません


世の中には「起業=危険」と考えている人が多すぎると思います。

リスクを下げつつ、起業する方法

結論は簡単で「小さく始めること」ですね。副業からのスタートでもいいと思います。

起業して借金を背負う人の特徴

典型的なNGパターンを解説します。
結論だけ書くと「最初から大博打しすぎ」なのですが、下記のとおり。

  • いきなり銀行から大金を借りる
  • いきなり豪華なオフィスを借りる
  • 社員を雇い、給料が払えず借金

基本的には上記の感じだと思います。
そして対処方法は、繰り返しですが「小さく始めること」ですね。

起業では「ヒト・モノ・カネ」が不要です

会社経営の本とかを読むと、よく出る言葉として「ヒト・モノ・カネ」がありますね。
この3つが大切だと書かれていますが、ぶっちゃけ起業当初は不要です。

  • ヒト → 自分1人でOK
  • モノ → 在庫は抱えないほうがいい
  • カネ → 自分の貯金でOK

上記の感じですね。
こういった感じでミニマムスタートしていけば、まず間違いなく「借金を背負ってどん底・・・」とか起こりませんので。

大半の人は固定概念に囚われていて、起業するならオフィスを借りるとか、起業するなら人を雇うとか、そんなこと不要ですよ。

どうしても固定費がかかるなら、弟子入りもあり

こういった話をすると、たぶん「飲食の起業だと、どうしても初期費用がかかる」とか「カフェとかだと、改装費が必須」という意見があると思います。

たしかにその通りで、その場合は「まずは弟子入りしてみる」という解決策をオススメします。

飲食起業したいなら、個人経営している人に頭を下げて、そこで働かせてもらいつつ、ノウハウを学ぶとかです。無給でいいので半年間だけ、働きつつ学ばせてくださいと依頼したら、わりと通るんじゃないですかね。

いきなり大きな借金を背負うより、無給労働の方がリスクは低いはず。こういった弟子入りとかができないプライドがあると、起業しても成功率が下がると思います。

朗報:IT起業なら、リスクゼロにできます

ちなみに、IT系の領域なら「VCから調達する」という手段もあります。

VCとは「ベンチャーキャピタル」の略でして、彼らは「創業期の会社から株式を引き受けつつ、お金を投資する」という事業をしています。

僕もそういった現場を見てきたことがあるのですが、よくある例としては「株式の3%を渡す代わりに、500万円を投資してもらう」とかですね。

そして、この際の500万円は返済義務がありません。あくまでVC側のメリットは「買い取った株式」なので、仮に会社が上場とかしたときに、VCは大きな利益を得る感じです。ちなみに、VCからの調達は大学生とかでも可能です。

気になる人は調べてみるといいですよ。

起業にリスクはあるけど、会社員は無限労働な件


起業するとたしかにリスクがあります。しかし、日本で会社員を続けるとして、果たしてそれは良い選択ですか?

会社員のデメリットは、無限労働な件

給料が爆発的に高い人を除き、大半のサラリーマンは「70歳くらいまで労働」だと思います。

仕事が楽しくて幸せならいいですが、僕は早い段階で諦めました・・・。

というのも、通勤がシンドいですし、会議もシンドい、、あと人間関係とかでも消耗したので、リスクを取り、自分で稼ぐ道を選びました。

体験談:リスクを取った結果、失敗する

26歳くらいで起業した僕ですが、結論からいうと失敗しました。

約2年ほど、休まずに圧倒的な労働をしていたのですが、、、思うように売上が伸びず、解散という感じです。

そして、貯金は完全に消え去り、心に傷も残りましたが、なんとか踏ん張りました。その後は約2年ほど、反省を活かしつつフリーランスとして奮闘し、最近は月300〜500万くらいは稼げるようになっています。

今となって思うことは、起業にリスクはない

起業失敗したときは、圧倒的に落ち込んで、引きこもり生活をしていたのですが、なんとか奮起した今となって思うことがあります。

それは「起業にリスクはない」ということですね。たしかに貯金が消えるかもですが、言ってしまえばそれだけなんですよね。

普通にサラリーマンとして働いていたら、2年間の労働で200万くらいは貯金できたかもしれません。しかし、それがゼロ円なだけで、これって大きな問題ですかね?

200万は確かに惜しいかもですが、それ以上に「起業経験をとおして、圧倒的に成長できた」という事実があるので、十分なリターンだと思っています。

僕の意見:働いても貯金できないなら、起業した方がいい

ぶっちゃけ思いますが、働いても貯金できていない人がいると思います。そういった場合は「ただ、人生をやり過ごしている」という感じですよね。

確かに会社員生活を通して成長できるかもですが、起業して自分でビジネスをした方が、圧倒的に高速で成長できます。会社でなにか明確に「学びたいこと」が存在しない場合は、そこに居座るよりも行動すべきですよ。

そして、まずは小さく始めるという方法なら、別に借金は負いません。

まずは副業から始めよう

起業しろと言いつつも、、、いきなり会社は辞めなくていいと思います。僕もそうだったのですが、最初は副業でした。

会社が副業を禁止しているなら、隠れてやりましょう。副業する行動力もないなら、起業してもたぶん無理だと思います。まずは副業から始めて、月10万くらいを目指し、次に20万を目指し、徐々に上を目指すだけです。

そして副業からのスタートだと、自動的に「小さく始める」という条件もクリアしやすいはずです。なにせ、副業だと時間も限られていますからね。

小さく始め、売上が伸びたら独立し、節税したくなったら会社化する感じでいいと思います。

何度も繰り返しますが、まずは小さく始めましょう。起業は別に怖いことじゃないです。こういった事実が、もう少し世の中に広まることを願いつつ、記事を終えようと思います。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】