Written by Manabu Bannai

【悲報】SoundSport Freeの口コミ・レビュー【結論は微妙です】

LIFE Remote Work

こんにちは、マナブです。
SoundSport Freeを購入しましたが、かなり微妙でした。

✅Boseの「SoundSport Free」の感想
・ぶっちゃけ微妙です
・低音は、確かに良い
・装着が長いと、耳が痛い
・少し重くて、肩こりする
・YouTubeの音が遅延する

もともとBoseは好きだったのですが、かなり微妙ですね。ネットには良いレビューばかりだけど、僕が思うに「AirPods」が完全に圧勝です

SoundSport Freeをレビューします。

ネットの口コミを見ると高評価ばかりですが、、、違和感です。
僕の主観として、かなり微妙だったので、ステマなしで解説します。

スポンサードサーチ


SoundSport Freeの口コミ・レビュー【結論は微妙です】


結論としては、かなり微妙です。
というか、僕は1週間ほどで利用をやめました。

SoundSport Freeが微妙である理由

次のとおりです。

  • とにかく、耳が痛い
  • 重たくて肩こりする
  • YouTubeの音が遅延
  • 寝っ転がると、邪魔
  • 音飛びが、少し多い

上記のとおり。

利用をやめた理由は「耳が痛い&肩こり」ですね。

これは個人差があるかもですが、デカくてゴツくて、重たいです。耳が痛く、場所を調整しても痛いので、萎えました。

そして、AppleのAirPodsと比べると、重さが2倍です。これが原因で、肩こりを感じました。

YouTubeの遅延も、わりと酷い

これはネットのレビューを見ると書かれていますが、、、かなり遅延しますね。口パクに見えます。

ぶっちゃけ、僕は「Bose信者」だったので、かなりショックです。昔はBoseのノイズキャンセリングイヤホン(QuietComfort 20)を使っており、大満足でした。

しかし、今回の「SoundSport Free」は、控えめに言っても、失敗作なのでは、、、と思ってしまいます。

補足:音飛びに関して

音飛びはちょっと多いですが、まぁ許容範囲です。

AppleのAirPodsは、音飛びがほぼゼロなのですが、Boseはちょっとありますね。具体的には「電子レンジの近く」と「人混み」で、音飛びが多いです。電子レンジの近くに関しては、ほぼ音が消えてしまいました。

まぁ、仕方ないといえば仕方ないですが、Appleだと同じ環境でも音飛びしませんでした。

SoundSport Freeの最大のメリットとは

低音だけですね。低音に関しては、AppleのAirPodsに圧勝です。

  • SoundSport Free → 低音が良い。しかし耳が痛く、重たく、肩こりするし、YouTubeは遅延するし、ケースもデカい。
  • Apple AirPods → 低音が微妙。しかし、耳にフィットして、つけ心地が神。軽くて肩こりしない。音飛びや遅延も、ほぼ皆無。

上記のとおりで、僕は完全に「AirPods」をオススメしますね。この記事を書きつつも、AirPodsを使っています。

BoseのSoundSport Freeは、捨てるのはモッタイナイので、机の奥深くにしまっています。

補足:運動するなら、SoundSport Freeでも良い

SoundSport Freeという名称からもわかるように、このイヤホンは「Sport」をする層に向いています。

というのも、このイヤホンは「IPX4仕様の防水」なので、要するに「運動中の汗」とか「雨」ならOKということ。

なので、ランニングとかする人は、SoundSport Freeでも良いかもですね。

とはいえ、普段から筋トレをする僕は、AirPodsを使っちゃっています。筋トレならそこまで汗はかかないので、壊れないです。問題なし。

SoundSport Freeは微妙なので、他に検討すべきイヤホン


結論は、AirPodsが良いと思うのですが、人それぞれでニーズが違うはず。

いくつかピックアップしておきます。

検討するワイヤレスイヤホン3選

上記のとおりで、定番のワイヤレスイヤホンを比較します。

そしてスイマセン、僕が使ったことがあるのは「AirPods」と「SoundSport Free」のみなので、他のイヤホンに関しては、あくまで「客観的なデータのみの提供」とさせてください。

とはいえ、客観的に比較することで「やはり、AirPodsが良いな」という結論になると思います。

その①:Apple AirPods

結論は、皆さんにこちらをオススメします。

基本的に完璧なイヤホンですが、欠点を絞りだすなら、下記の2つだけだと思います。

  • 低音が弱い
  • デザインがダサい

低音に関しては、繰り返しですがBoseに敵いません。

あと、デザインは人によりますよね。人によっては「耳からウドン」と言ったりしますが、Apple信者の僕からしたら、問題ないデザインだと思っています。
» Apple AirPods (最新モデル)

その②:Jabra Elite Active 65t

Jabraもかなり良さげです。ちょっと商品数が多くてややこしいので、比較表を作りました。

各種ワイヤレスイヤホンの比較表

名称 値段 重さ 稼働時間 特徴
Jabra Elite 65t 22,000円 7g 5時間 Jabra Elite Active 65tとほぼ同じ。音質は変わらず、防水性能が下がり、質感が少し下がる。その代りにデザインが豊富。
Jabra Elite Active 65t 22,800円 7g 5時間 Jabra Elite 65tの高級版。防水性能が上がり、質感が良くなっている。
Jabra Elite Sport 4.5 25,600円 6.7g 3時間 Jabraイヤホンのスポーツをする方向け。しかし、これを買うならぶっちゃけ、Jabra Elite Active 65tで良いと思う。古い型なので購入する必要なし。
Apple AirPods 17,800円 4g 5時間 最高です。
Bose SoundSport Free 22,000円 9g 5時間 重たくて辛い。

上記のとおり。

そして、個人的に思う重要な点は「重量なのでは・・・」と思っています。比較表をみると分かりますが、AirPodsは軽いですよね。実際に使っていても思いますが、付け心地が良いですので。

Boseは重たくて辛いです。

その③:Sony WF-1000X

WF-1000Xの最大の特徴は「ノイズキャンセリング」ですね。なので、ノイズキャンセリング希望の方は、こちらで良いかなと思います。

とはいえ、レビューを見る感じだと「音の遅延」があるのが微妙ですね。ぶっちゃけ、ワイヤレスイヤホンを使いつつ、YouTubeとかを見ますよね。ここで音が遅延すると、かなり問題だと思うのですが、イヤホンメーカーには頑張ってほしいものです。

念の為に、比較表も作っておきます。

各種ワイヤレスイヤホンの比較表

名称 値段 重さ 稼働時間 特徴
Jabra Elite 65t 22,000円 7g 5時間 ※前述の通り
Jabra Elite Active 65t 22,800円 7g 5時間 ※前述の通り
Jabra Elite Sport 4.5 25,600円 6.7g 3時間 ※前述の通り
Apple AirPods 17,800円 4g 5時間 最高です。
Bose SoundSport Free 22,000円 9g 5時間 重たくて辛い。
Sony WF-1000X 18,000円 7g 3時間 ノイズキャンセリングあり。

上記のとおり。うーむ、、、やはりAirPodsじゃないですかね。

結論:Apple信者として生きていこう

まとめると、AirPodsが良いのではと思いつつも、音質も重視したいなら、Jabra Elite Active 65tもありかなと思います。

つまり、結論は下記ですね。

上記のとおりです。
というわけで、僕はAirPodsと一緒に生きていこうと思います。おわりです。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】