Written by Manabu Bannai

【日給1万超え】簡単に稼げる副業まとめ【僕の実体験から解説する】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。

学生時代から、お金稼ぎを始めました。
いまは月収100万を切ることがない生活です。

さて、先日に下記のツイートをしました。

副業の入り口としては、即金性のある仕事も、ありかもですね。僕の場合は「アフィリのセルフバック」が、ビジネスの入り口でした。
セルフバックで、1日で3万ほど稼げて、驚愕。そこからアフィリに興味が湧き、でも、最初は稼げなかった。その後もハードでしたが、いまは月300万ほどの広告収入です😌

上記を深堀りします。
すべて経験談から、解説しています。

簡単に稼げる副業まとめ【日給は1万を超える】


結論は、次のとおり。

  • セルフバック:1日5万くらい可能
  • イベント開催:1日1万くらい可能

本来なら「3つまとめ」とかの方が、見栄えがいいです。
しかし、ガチで「日給1万超え」を考えたときに、この2つだけと判断しました。

セルフバック:1日5万くらい可能

アフィリエイトの基礎から解説します。
まずアフィリエイトの仕組みですが、下記のとおり。

こういった感じで、要するに「企業の商品を代行販売すると、企業からお金が貰える」というビジネスです。

セルフバックとは

シンプル化すると、要するに下記です。

企業が宣伝したい商品を、アフィリエイターの人は「自分で買う」ということ。

これがセルフバックです。

セルフバックの商品とは

色々とありますが、高単価は下記です。

  • クレジットカードの発行
  • 資格試験の資料請求
  • 保険見直しの相談

上記のイメージ。
こういった業種は、わりと大きな広告費を払える企業なので、その分の「還元率=セルフバック報酬」が高いです。

セルフバックのやり方とは

方法は下記に記載済み。


上記から、理解できると思います。

上場企業が使っている仕組みなので、完全に安心して大丈夫です。
僕もやっていますし、リアルに稼げます。

とりあえず行動して、勉強するための書籍代を稼ぎましょう。

イベント開催:1日1万くらい可能

イベント開催も、わりとありだと思います。
僕の場合は、国際交流パーティを開いていました。

イベントで稼ぐコツ

結論は「とにかく運営が楽できて、かつ参加者が楽しめる仕組みの構築」です。
僕の場合のコンセプトは下記。

料理を持ち込み式の、国際交流パーティー主催

当時は大学生だったので、大学内で飲み会を開催していました。
なので、場所代は0円です。

そして缶ビールだけ当日に用意して、料理などは、参加者が持ってきます。

楽ちんすぎて、ビビりますよね。
しかし、1回の開催で、約2〜3万くらいの収入でした。

場所代が0円だと、超余裕

イベント開催で面倒なのは、場所代です。
特に都内とかだと、めっちゃ高い。

仮に僕が、いまの時期に国際交流パーティーとかを開くなら、英会話教室とかに営業をかけます。それで「ここで小さなパーティを開くから、場所を貸して欲しい」と交渉します。

英会話教室なら、夜とかは空いてるかもですからね。
そして大切なことは、パーティ参加者が「英会話教室の見込み客である」ということ。

こういった「お互いにWin-Win」な提案を持っていくと、効率的にビジネス構築できます。

イベント運営は、色々と応用できる

いまはコロナなので、ちょっと国際交流パーティはやりづらいかもです。
しかし、例えばですが「プログラミング勉強会」とかでも、可能だと思いますよ。

営業先は、プログラミングスクール

都内には、色々なプログラミングスクールがあります。
中には集客に苦しんでいるスクールもあるので、そういった場所に営業します。

そして「初心者向けのプログラミング基礎セミナー&質問会」を開くので、場所を借ります。

場所を借りたあとは、例えば「参加費1,000円」とかにして、それで10名を集めたら、これで日給1万ですよね。とても簡単。

なにかスキルがあれば、オフラインのちょっとしたイベントで稼げたりします。

※オンラインでいいじゃんと思うかもですが、参加費を取る場合だと、たぶんオフラインの方が売れやすいです。心理効果の話です。

日給1万は、わりと簡単

というわけで、今回に紹介した「セルフバック、イベント開催」をしたら、たぶん「副業初月で、10万超え」とかも狙えると思います。

アルバイトで日給1万とかだと、わりと大変ですよね。
しかしセルフバックだったり、もしくは「ちょっと準備してイベント開催」をするだけで、サクッと収入が伸びる例です。

こういった知識やノウハウが溜まっていくと、いずれ「経営者として、仕組みを考えることができる人」になります。

昔の僕は、ここがスタート地点でした。
セルフバックで稼ぎ、そしてイベントで稼ぎました。

こういった地味な稼ぎができないと、やはりその後の大きな収入も、難しいと思います。

そして、1つ問題あり。それが継続性です。
セルフバックでもイベントでも、やはり単発収入なんですよね。

ここは記事後半で解説です。

副業で、継続的に稼ぎつづける方法【積み上げ】


継続して稼ぐには、やはり積み上げですね。

個人で資産を積み上げよう

最初に注意点を書くと、ここから先を実行するよりも、まずは「記事前半の内容」を実行してみてください。

アフィリエイトのセルフバックにせよ、イベント開催にせよ、ここで小銭を稼ぐと、確実に「ビジネスセンス」が上がるんですよね。

なので僕は、まずは即金性のある副業でいいのでは、、と思っています。
というか、人によっては「イベント運営だけで、月10万」とかも、普通に超えますからね。

今の時代なら、イベントして、そこからサロン運営とかにつなげるとかでも、充分に収益化できます。

しかしこれだと、個人の資産が増えづらいので、そこの話をします。

質問:毎日資産が、増えていますか?

僕の場合だと、過去の人生では「ひたすらに、自分の資産を増やす」という人生でした。

  • 新卒時代:エンジニア兼マーケターとして就職。働きつつ「プログラミング&マーケティング」というスキル資産を増やした。
  • 起業時代:経営者として働きつつ、マネジメント、資金管理、事業立ち上げなどのスキル資産を増やした。
  • フリーランス時代:ブログやYouTubeを積み上げて、コンテンツという資産を増やした。

上記のとおり。

どんな働き方をしても、必ず「スキル資産 or コンテンツ資産」が自分に残るようにしました。これを繰り返すことで、徐々に人生は楽になります。

一方で、会社で働いても、あまりスキルが残っていない人がいます。
これは、要注意ですね。

今日から、積み上げしよう

というわけで、シンプルすぎる結論ですが、、、やはり勉強していくしかないです。

しかし、勉強ってツマラナイじゃないですか。
僕も本を読むとか、教科書での勉強は嫌いです。

なので常に、新しい挑戦をして、そこから学ぶことを繰り返しています。

まずは「専門性」を高めること

というわけで、第一ステップとしては、自分の専門性ですね。

例えば「飲食店員」とかだと、ぶっちゃけスキルが残りません。
会社で「ずっと雑務ばかりする人」とかもNGですね。

そういった人は、転職先を考えつつ、同時に「独学での、スキル学習」を始めましょう。副業の話から脱線してますが、これが本質です。

学ぶべきスキルは、楽しいスキル

というわけで、今回はこれくらいにします。

最後に1つ。学ぶべきスキルに関して触れると、それは「やってみて、あまり苦じゃない or ちょい楽しいスキル」がいいと思います。

僕の場合だと、プログラミングやマーケティングでした。
ここは人によって異なるので、チャレンジしつつ、探してみてください。

すぐには見つからないと思いますが、徐々にビジネスを学び、手を動かし、成長しましょう。なお、個人で稼ぐ方法に関しては、僕のYouTubeもオススメです。

無料で発信していますので、気が向いたら目を通してみてください。
ベストな方法は、移動中に聞き流していただき、気になった部分だけ、深堀りしつつネット検索、とかがいいかなと思います。

それでは以上です。さようなら😌

P.S:最近はブログ更新が少なめですが、しかし「テクノロジー発信のメルマガ」をやっています。無料で「最先端のテクノロジー」を学べます。気になる方は「こちらのリンク」から登録できます。是非どうぞ。