Written by Manabu Bannai

【初心者向け】SEOでは文章量を気にする必要は一切ナシ【理由あり】

MARKETING SEO

Web担当者「SEOでアクセスを集めるには文章量が大切だと聞くけど、どれくらいも文字量がいいのだろう…。1,000文字?2,000文字?それとも、5,000文字くらいがいいのかな?
とはいえ、そんなに長文は書ける気がしないなぁ…。いったいどうしたらいいんだろう…。」

こういった疑問を抱える方は大きな勘違いをしています。
SEOライティングにおいて、文章量を気にする必要性は一切ありません。

「文章量はどうしたらいいですか?」という質問はブログ相談やSEOコンサルでかなり多いです…。この質問は根本的な勘違いなので、今回は初心者向けにも分かりやすく解説しました。

スポンサードサーチ


文章量はSEOキーワードから逆算するもので、初めから決まっている訳ではない。


例えば、[アメリカ 語学留学 費用][アメリカ留学 ビザ]だったら、[アメリカ留学 ビザ]の方が長文になります。その理由はシンプルで、語学留学の費用と留学ビザの情報なら、ビザ情報の方が幅が広いからです。

サジェストワードからニーズを推測する方法


このようにある程度はニーズ推測できます。
SEOテクニック的にいえば、ここを網羅すれれば上位をとれます。しかし、徹底的にゴリゴリやれる人は少ないので、努力家が勝つという構造。SEOは我慢比べですね。なお、サジェストワードを網羅的に取得するには関連キーワード取得ツール(仮名・β版)が便利です。

また、検索上位を取るSEOライティングテクニックの詳細はSEOで検索上位を獲得する記事の書き方【記事設計からライティング】にまとめています。

SEOの文章量で最低ラインは、1,200文字くらい。


とはいえ、最適ラインを教えてくれと言われます。
これは判断が難しいけど、1,200文字ならありかなと…。2012年くらいだと600文字でも上がっていたけど、現在は1,200文字くらいは必須かなぁ。このあたりは本質からずれるけど、、、毎回聞かれるので…。

どうしても1,200文字に届かない場合の対処法

それはキーワード選定が間違っている可能性ありです。
基本的には2つ or 3つのかけ合わせキーワードを狙うべきですが、細分化しすぎも良くない。

NGなキーワード切り分け例

  • アメリカ留学 30歳
  • アメリカ留学 31歳
  • アメリカ留学 32歳

こういった年齢別の検索ニーズがあったりしますが、この場合は20代のくくりや、30代のくくりで1記事でOK。[アメリカ留学 31歳]というキーワードで1,200文字書くのは至難の業ですからね…。
» SEOキーワード選定する方法。具体的に5つの手順で解説します。

更に深掘り:サジェストワードはh2 or h3に入れること。

例えば、[アメリカ留学 30代]というキーワードを狙いつつも、[アメリカ留学 30歳], [アメリカ留学 31歳], [アメリカ留学 32歳]でも上位を取りたいなら、次のような設計にしましょう。

h2には[アメリカ留学 30代]というキーワードが入り、h3には[アメリカ留学 30歳], [アメリカ留学 31歳], [アメリカ留学 32歳]というキーワードが入っています。これを書けば上位とれますよ! ※ほぼ保障します。上がらなかったら相談ください笑

もっというと、サジェストワード系をh3に入れることで検索結果画面で表示されます。

このブログは[Web集客]で1位ですが、こんな感じ。これだとクリック率あがりますよね。[Web集客]のキーワードだと僕以外はしっかり対策されていません。なので、勝ちました。

まとめ:SEO対策に最適な文章量は存在しない


以上、SEO対策と文章量の話でした。
ポイントを箇条書きでまとめます。

  • SEOに最適な文章量はない
  • キーワードニーズから逆算して考えるべき
  • 最低限の文字数は1,200文字くらい
  • 1,200文字に届かないならキーワード選定ミスかも
  • SEOテクとして、サジェストはh2 or h3に入れること

こんな感じ。
知識的にあやふやな部分がある場合は基礎固めから始めることがおすすめです。SEOの基礎知識はSEO対策の完全マップ【入門・基礎・中級・上級:16記事で解説】に網羅的にまとめています。

なお、検索上位を獲得するにはSEO知識だけではなくライティング力も大切です。ライティング力アップにはテクニック本を読むのもいいですが、多読も大切です。というわけで、多読におすすめな小説(楽しく読めるもの)を貼っておきますので、気になるものがあればポチポチどうぞ。

博士の愛した数式

泣ける名作です。文章も綺麗で読みやすい。

死神の精度

おもしろすぎてスグに読める。伊坂 幸太郎は文章力の天才ですね。

蹴りたい背中

芥川賞受賞作品なだけあって、やはりオモシロイ。最近読み返したけど、はやり良いなぁと。

渋谷ではたらく社長の告白

昨日読んだ。オモシロイ、一気に読める。起業の情熱がワクーーー!!!!\(^o^)/

おわり。