Written by Manabu Bannai

SEOの外注費用が高い?費用対効果を『生データ』から公開します。

MARKETING SEO

SEOの外注費用が高すぎる。
効果がでるならいいけど・・・。でも、本当に払う価値あるの?

いきなり結論

SEO費用は『信頼できて、実績のある人』に助言を求めるべきです。

費用対効果が出る or 出ないは、狙うマーケットとコンバージョン単価により異なる。なので、その視点で分析できる人が良いでしょう。

本記事では僕が運営するサイトデータを公開しつつ解説します。

もくじ

スポンサードサーチ


1.基礎知識:SEO対策で費用対効果の考え方とは


まずはSEOで費用対効果の考え方を整理しましょう。基本的には狙うマーケットとコンバージョン単価から考えます。

  • ① 狙うマーケット
  • ② コンバージョン単価

実例で考える①:注文住宅に特化した建設会社

  • ① 狙うマーケット:[注文住宅 × 地域名] ←競合少ない&市場小さい
  • ② コンバージョン単価:数百万円

マーケットとコンバージョン単価はこんな感じです。それに対するSEO費用が下記(すごいざっくり概算です)。

  • サイト制作費:100万円〜
  • SEO費 (年間):300万円〜

1年間SEOを頑張って、1件でも受注したらペイしますよね。でも、市場(キーワードの検索回数)は小さめなので、大きく儲かることはありません。

SEOの費用対効果のまとめ

費用対効果は出やすいけど、ガッツリは儲からないな、、、という例でした。

実例で考える②:オンライン英会話サービス

  • ① 狙うマーケット:[オンライン英会話] ←競合多い&市場大きい
  • ② コンバージョン単価:数万円

マーケットとコンバージョン単価はこんな感じです。それに対するSEO費用が下記(すごいざっくり概算です)。

  • サイト制作費:100万円〜
  • SEO費 (年間):300万円〜

基本的にマーケットが変わってもSEOやサイト制作費は変動しません。

注文住宅に特化した建設会社とは逆の例ですね。
競合が多くて市場が大きい。でもコンバージョン単価は安い。競合が多いので難しく、成果を出すのが難しい領域でもあります。

SEOの費用対効果のまとめ

自社に明確な強みがあればいいですが、そうじゃない場合はSEO特化の戦略は良くないかもです。リスティング広告、SNS運用も含めたWebマーケティングが良さそうですね。

実例で考える③:VRゲームの攻略サイト

最後にもう1つだけ。VRゲームの攻略サイトです。

  • ① 狙うマーケット:[VR ゲーム] ←競合いない&市場は現在小さい
  • ② コンバージョン単価:数万円

マーケットとコンバージョン単価はこんな感じです。マーケットは現在は小さいですが、将来的にかなり大きくなる可能性があります。それに対するSEO費用が下記(すごいざっくり概算です)。

  • サイト制作費:100万円〜
  • SEO費 (年間):300万円〜

この例の成功可否は市場の伸び具合によります。
[VR ゲーム]という市場(キーワードの検索回数)は小さいですが、将来的には伸びるかもしれない。なので、先手必勝ということでトレンドに載ったサイトを作る感じです。

SEOの費用対効果のまとめ

SEOでは一番やりやすい領域でもありますが、市場が伸びなかったら赤字で終わりますね。SEOスキルというより、先見の明が大切かなと。

2.生データ公開:SEO対策で費用対効果は出るのか?

結論、費用対効果は出ました。
このブログとe-Lifeという英語学習サイトのデータを公開します。

manablog

2016年10月から本格的な運用開始。
アクセスは右肩上がりに伸びています。

実績データ

  • SEO受注:2件(2016/10~2017/05)
  • サイト制作受注:10件以上

SEOやWeb制作系の記事なので、ライティングには専門知識が入ります。なので、書くのが大変ですが(1記事で3時間以上かかります)、コンバージョン単価は高めです。

コンサルは月額20万円ほどで請けているので、1つのコンバージョンで年間売上が240万円。Web制作は20万円〜といった感じです。あとは、それ以外のWeb相談も来ていまして、細かい売上にも繋がっています。

e-Life(英語学習サイト)

2017年1月から本格的な運用開始。
こちらもアクセスは右肩上がりです。

実績データ

  • 月の売上:約5万円(アフィリエイト)
  • 外注費用:35万円(70記事ほど)

このサイトはSEO実験用に立ち上げました。
フル外注なのでほとんど手間はかかっていません。強いて言うなら最初のキーワード選定くらい・・・。WordPressテンプレートは僕が自作したテーマを使っています。

自作テーマでアフィリエイトの売上が伸びた。これはつまり、ある程度の信頼実績になるかなと・・・!ちなみに、現在も継続的に記事を入れていますが、正直あまりやる気がないので、最近は更新が落ちています。

※英語系のビジネスをやっている方がいましたら、サイト売却も可能ですのでご連絡ください。

3.結論:SEO対策は商品に付加価値がないとオワコン


manablogはコンサルなので、1件の売上が高い。なので、仮にSEOコンサルを外注したり、サイト制作外注しても数字は合います。

しかし、e-Lifeはアフィリエイトサイトなのでコンバージョン単価が安い。なので、SEOコンサルを雇ったらペイしません。赤字です。※長期視点で育てるなら回収できなくもないですが。

付加価値の高い商品じゃないと、SEOはオワコン

なんとも平凡な結論ですが、結局は付加価値が出せるかどうかかなぁと思っています。どんなにSEOを頑張っても、魅力のない商品だったら売れないですからね・・・。

ということは、魅力的な商品を作ればSEOで売れる。しかし、魅力的な商品じゃないとSEOで売れない。

あれ・・・?
でも、、、魅力的な商品ならSEO以外でも売れますよね。ということは、、、SEOを考えるより、魅力的な商品作成に時間をかけるべき・・・?

本日のわかったこと

SEOとは、すでに売れている商品を更に売るためのテクニックである。

これが結論です笑。
というわけで、魅力のある標品をお持ちの方がいたら是非ご連絡を!

一緒に売りまくりましょう!\(^o^)/
» Webマーケティングコンサルティングの依頼ページ
※もうちょいでキャパオーバーなので、コンサル〆切ります。