Written by Manabu Bannai

【SEO】Chromeが「混合コンテンツ」をブロックする件【期限あり】

MARKETING SEO

こんにちは、マナブです。

SEOが大好きで、SEO歴は6年ほどです。
当サイトのSEOからの売上は、月500万ほどです。

先日に下記のツイートをしました。

あら、Googleのブログを読んでたのですが、これはヤバいですね😱
内容を要約すると「12月からはSSLページでは、httpリソースをブロックする」とのこと。たぶん「意味わからん」という人が多いと思いますが、多くのサイトでエラー出まくりますね。低品質サイトは淘汰の時代

上記を深堀りします。
勘違いしている人が多かったですが、SSL化して完了じゃないです。

Chromeが「混合コンテンツをブロックする」とのこと


繰り返しですが「混合コンテンツ」のブロックです。

混合コンテンツとは

結論は「HTTPSページ内にある、HTTPのコンテンツ」ということ。
要するに、下記です。

  • 問題のない例:SSL化されており、全ての画像がHTTPSの読み込み
  • 問題のある例:SSL化されているが、画像がHTTPからの読み込み

上記のとおりで、分かりますかね。
画像以外でもそうなのですが、具体的なコードを例にすると下記です。

問題のないWebサイト(URL: https://example.com)

<img src="https://~~">
<script src="https://~~">
<link href="https://~~">

問題のあるWebサイト(URL: https://example.com)

<img src="http://~~">
<script src="http://~~">
<link href="http://~~">

上記のとおり。
要するに「SSL化したサイトにおいて、SSLじゃないコンテンツを読み込んじゃダメですよ」ということです。

Googleがこの方針を採用した理由

サイト運営者からしたらメンドイですが、、公式サイトから「Googleの意図」を引用します。

For example, an attacker could tamper with a mixed image of a stock chart to mislead investors.
No More Mixed Messages About HTTPS

上記のとおりで、ざっくり翻訳します。

ハッカーが株価サイトに侵入し、SSLじゃない株価チャート画像を書き換えるかもしれません。

上記のとおり。

たしかにこれは危険ですよね。
Yahooファイナンスとかを見るとして、株価チャートが改ざんされていたら、、、市場に大混乱が起こります。

なお、当サイトのようなブログサイトなら、ぶっちゃけ、あまり関係ないですが、、、とはいえGoogleに支配されて生きていきます。

補足:SSL化は、確実に必須です

Googleのブログを読むとわかりますが、そもそもの前提条件として「SSLは当たり前ですよね」というスタンスです。
まだSSL化していない人は、着手しましょう。

SSL化が無料のレンタルサーバー

上記が定番かなと思います。
スペック重視ならエックスサーバーで、少しでも安くしたいならMixhostですかね。

昔だと「SSL=有料」という時代だったのですが、最近は無料化が進んでいます。
理由はシンプルで「Let’s Encrypt」という「無料SSLサービス」が出てきたからですね。

SSL市場は、無駄に金を取られる分野だったのですが、市場破壊が起きたわけです。

2020年2月がデッドラインです

というわけで、混合コンテンツがあるなら、はやめに対策しましょう。
Googleのブログには「2020年1月に、Chrome80がリリースされ、混合コンテンツは自動ブロックする」と発表しています。

なお、細かい話をすると「2020年の1月と2月で、段階的な適用」とのこと。音声や動画は、2020年1月までにHTTPS化しましょう。そして、画像系は2020年2月までにHTTPS化しましょう、とのこと。

大半のサイトは「画像がHTTPです」という警告を食らうので、Googleが猶予期間を伸ばした感じですね。Google神は優しいです。

混合コンテンツを排除するための、サイト修正方法


ここは動画で解説しました。

動画:Googleは「混合コンテンツ」をブロックします

6分くらいの動画ですが、修正方法は「3分」あたりから解説しています。
初心者でも理解できるかと思います。

注意点:対応しなくても、サイトは飛びません

1つ補足しておくと「混合コンテンツがあっても、サイトが死亡する」ということはないです。
Twitterをみていたら「この対応をしないと、ブログが検索結果から排除される」と勘違いしていた人がいますが、そこまでGoogleは鬼じゃないです。

対応しなかった場合は「ブログにおいて、SSLじゃない画像が表示されない」といった問題が起こる程度です。

とはいえ、どう考えてもSEO的に問題ありなので、修正すべきですね。

セットで知っておくべき知識

今回のメイントピックは以上なので、ついでにSEO情報もまとめておきますね。

【2019年9月】GoogleのSEOアップデートを分析しました


最近のGoogleの傾向をまとめています。
すこし難易度は高いですが、ここを理解したら、中級者以上だと思います。

2019年のSEO対策は「3つのポイント」を抑えたらOKです

コンテンツ作成における、基本方針です。
ひとことで言うと「ユーザーのために、文章を書け」ということなのですが、掘り下げています。

SEOで指名検索を増やす方法は3つある【データ公開】

こちら指名検索の話ですが、かなり重要です。
ぶっちゃけ、長期的な利益を伸ばしたいなら、指名検索を伸ばさないと厳しい時代です。

Googleに支配されつつ、生きていこう

というわけで、今回はこれくらいにします。
SEOを含め、ネット世界で戦っていくには「大企業に支配される」というスタンスが大切だと思います。

支配というと言葉が悪いですが、要するに「大企業の方向性を予想して、自分もそれに合わせる」という感じですかね。

最近のGoogleは「情報が増えすぎたので、そもそも雑魚サイトは排除したいな」という空気感かなと思っており、なので大切なことは「専門性の高い情報発信」ですかね。

ネットには薄い記事が多すぎるので、量産しても意味ない時代になりつつあります。
それでは以上です。SEOライフを楽しみましょう😌

Secured By miniOrange