Written by Manabu Bannai

【最強】SEO戦略としてのパクリ。その優位性と戦術について語る。

MARKETING SEO

「SEOを意識して記事を書いたのに、、、競合にパクられた。せっかく頑張っているのにこれじゃ報われないよ…。どうしたらいいの?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • SEOではパクリ記事戦法が有利である理由【上位を取るなら4万字】
  • パクられないSEO記事の書き方【オンリーワン戦略】
  • 『パクられる記事 = 独自性の乏しい記事』は費用対効果が下がり続ける

上記3本立てです。
記事内ではSEO歴5年のぼくが運営するサイトのデータや実例を公開しつつ解説します。

スポンサードサーチ


SEOではパクリ記事戦法が有利である理由【上位を取るなら4万字】


2017年現在のSEOトレンドは『情報の網羅性』です。
実際に適当なキーワードで検索してみると分かりますが、上位記事は情報が網羅されている長文記事が多い。

有効な戦略:競合から文章のアウトライン(記事構成)をパクる

アウトラインをパクりつつ、自分の記事には更に追加情報を加える。

これだけで、上位を取れる可能性はグっと上がります。かなり有効な戦略なので、使っている運営者は多いはず。

その結果として、競争の激しいキーワードは異次元レベルで文章が長くなっています笑。

具体例:[アニメ おすすめ] → 上位サイト平均文字数:22433文字


コンテンツSEOツール ezorisu-seo.jpで調べました。

最大文字数が4万5,000文字とのこと。。。まるで本ですね笑。 SEOのオワコン化が見えてきますね・・・w
» 長文SEOは1記事で20万円稼げる【SEO対策と文字数を考察した】

パクられないSEO記事の書き方【オンリーワン戦略】


結論、自分にしか書けない記事を書くこと。

僕が良く使う方法は『実名執筆 × Tweetの埋め込み』です。
ある程度フォロワーが多いなら有効であり、更なるTwitterのフォロワー増加にも繋がります。

パクリを回避する戦略①:Tweet埋め込みで差別化しつつ、記事の信頼度を高める方法


例えば、【ブログ特化】収益UPするアフィリエイト記事の書き方【実例公開】の記事では、記事序文でTweet埋め込みをしつつ、信頼度アップを狙っています。

記事序文でTweet埋め込み&信頼度アップの例


序文に挿入しており、こういった施策を入れると読者の滞在時間が伸びやすい。かつ、競合はマネ出来ないですよね。

パクリを回避する戦略②:独自データを公開しつつ、記事の信頼度を高める方法


SEOの外注費用が高い?費用対効果を『生データ』から公開します。の記事では、1年ほど運用したサイトの実データを公開しつつ解説しています。

データもガンガン公開しちゃう例


こういったデータはパクれませんし、かつ信頼度アップに繋がりますよね。

ググれば何でも出てくる時代なので、データもガンガン公開しちゃう方が良いかなと。
中途半端に隠したところで、SimilarWebとかで調べられるわけで・・・。偽物のSEOコンサルも可視化できる世の中です。

ポイントは『利便性 × 人間味』です。

SEOにおいて情報の網羅性を高めるのは、勝つための最低条件です。
勝ちづづけるためには、利便性(=情報の網羅性)だけじゃなく、人間味(実名・SNS・データ公開)などを混ぜるべき。

ここまでやれば、長期的に勝ち続けることができるはず。

勝てることの証明としてのデータ公開


その証明として、2016年からSEO系キーワードに参入した当サイトは、かなり後発ですが、上位を取れています。

『パクられる記事 = 独自性の乏しい記事』は費用対効果が下がり続ける


毎日ブログ記事を書き続ける僕ですが、ライティングは1記事で1〜3時間かかります。一見するとコスパの悪い行動(他のことにリソースを注ぐべき)ですが、実際はそうじゃない。

全記事に対し独自性を盛り込んでいる = 記事のメンテナンス費用が安い

情報の網羅性で戦う場合は、SEOでリライトコストがかかります。
例えば、競合にパクられたときに、更に競合に勝つためにPDCAを回すなど。

しかし、全記事に独自性を埋め込むことで、パクられづらい = リライトコストがほぼ発生しない記事が完成します。

一方で量産型記事(独自性がなくパクられやすい)は仕組み化して上位を取りやすいかもですが、パクられたら場合のコストがかさむ。リライト必須ですし、そうなるとどんどん長文になりやすい。Googlega長文SEOにペナルティを与えたら、、、ヤバいですよね。

急がば回れのSEO戦略

毎日ライティングするのは辛いですが、その対価として、文章力が手に入ります。
日本語はこの先も廃れることはないですよね。なので、日本語力を鍛えるのは、わりとコスパ良い行動だと思っています。

賢者は『彼らの敵から』多くのことを学ぶ

記事をパクられるとイライラしますが、パクってくる競合から学べることも多いです。記事内で解説した、パクリへの対抗戦略を使い、楽しいSEOライフを送りましょう。