Written by Manabu Bannai

20代でセミリタイアしている友人の特徴【ネタバレ:一山を当てた人】

LIFE Money

こんにちは、マナブです。

現在の僕は、29歳になりました。
20代の友人が多く、セミリタイアした友人もいます。

先日に下記のツイートをしました。

身の回りの友人を見ると、、、

・20代で、セミリタイア
・30代で、ゆるく海外移住
・30代で、FXだけで生きる
・20代で、アフィリ爆益
・20代で、不動産で爆益

こんな感じなので、ちゃんと働いてる人が少ない。僕が一番働いてます。人生には裏ルートの生き方が、わりと多いです

今回は「20代でのセミリタイア」にフォーカスします。
効率的に稼いで、静かに暮らしていくのも、ありですね。

20代でセミリタイアしている友人の特徴


結論は「一山を当てた人」です。

要するに、時代に波乗りした

正確には「3名」だけセミリタイアしている友人がいますが、みなさん時代の波に乗り、効率的に巨額を稼ぎました。

金額としては「ざっくり1億」くらいです。
これくらいだと、贅沢とかしなければ、普通にセミリタイアできます。

爆益を出す方法

大切なことは「時代に沿ったこと」だと思います。

例えば「不動産」で稼いでる友人がいますが、彼の場合は「シェアリングエコノミーが出てきたタイミング」とかに民泊事業に参入し、現時点で1〜2億くらいは稼いでるんじゃないですかね。

去年くらいに会ったときは「仮想通貨が楽しい\(^o^)/」と言っていました。
その後はビットコインで爆益を出していたので、センスありすぎですよね。

他2名の友人は「アフィリで稼ぎまくった友人」と、もう1名は「販売代行で稼ぎまくった友人」という感じです。

20代でセミリタイアしても、たぶん飽きる

現在の僕も「わりと、セミリタイアできるかな」という状態ですが、引き続き働こうと思っています。
というのも、やっぱり「お金を稼ぐこと=社会との繋がりになる=わりと楽しい」という価値観だからです。

そして、セミリタイアしている友人には申し訳ないですが、彼らは「人生が、そこまで楽しくなさそう」にも見えちゃったりしました。

客観的にみたら恵まれてますが、やはり「圧倒的に、暇」という感じになりますからね。とはいえ、気が向けば「いつでも、ビジネス再始動」ができますので、やはり恵まれています。

あと、みなさん美肌という共通点があるかもです。ストレスフリー効果ですね。

稼ぐ人の周りには、稼ぐ人が多い

これは間違いない事実ですが、稼いでる人の周りには、稼いでる人がいます。

  • アフィリで稼いだ友人 → 身の回りはアフィリエイターばかり
  • 不動産で稼いだ友人  → 身の回りは不動産の大家ばかり

例えば上記のとおり。
そして、そういった横の繋がりから情報が入り、さらに利益を伸ばす、、という無限ループです。

とはいえ、残念な点としては「利益は永続しないこと」です。
当たり前でもありますが、IT分野とかだと「事業の寿命=3年くらい」かなと思っています。

なので、1年目から大きな利益が出て、2年目がピークで、3年目から衰退です。つまり、2年目の後半くらいからは(わりと絶好調なとき)、次の一手を考えないとですね。

20代にて、一山を当てる方法

繰り返しですが「時代にあった事業をすること」です。
例えば僕の場合だと「副業ブーム」に乗っかり、収益を伸ばしました。

もともとフリーランスとして稼いでいたので、それをブログとかで発信したところ、収益が伸びた感じです。

上記のとおり。
成熟度が低いほどに「伸びしろがある」という感じです。

個人的に注目しているのは「メンズ美容」と「マリファナ」ですね。
社会的には「抵抗感がある…」という領域ですが、だからこそにチャンスがあります。

僕は社会評価は気にしませんので、チャンスにトライします。

20代でセミリタイアを目指す際に大切なこと


覚えておくべきことを、書いておきます。

  • その①:資産目標は1億でOK
  • その②:海外移住を検討しよう
  • その③:得意とかは、関係ない

順番に解説しますね。

その①:資産目標は1億でOK

まず、目標金額は「1億」でいいかなと思います。
これくらいあれば、利息だけで生活できます。

なお、よくある話で「3,000万でセミリタイア」といった言葉もありますが、、個人的には「厳しそう」と思います。

3,000万円とかだと、年間利息は100万円くらいのはず。1年間を100万円で生きるのは、可能ですが、もうちょい欲しいですよね。

なので、ミニマムで考えるなら「5,000万」だと思います。

その②:海外移住を検討しよう

日本でセミリタイアすると、生活費が高いです。
東京とかだと、セミリタイア厳しくないですかね。

そして、利息にも税金がかかります。

日本だとセミリタイアに向かない理由

  • 生活費が高い
  • 利息に税金が発生

上記のとおりなので、海外移住もありです。
よくある移住先は「マレーシア」ですね。

日本食もありますし、英語も通じますし、利息に対する税金は無税です。生活費は、東京の半分くらいじゃないですかね。

ビザに関しては「MM2H」というビザがあり、これで暮らせます。良いですね。

その③:得意とかは、関係ない

世間の勘違いで「大きく稼いだ人=得意分野で頑張った」と思われがちですが、そうでもないですよ。

成果を出すための方程式

才能 × 努力 × 成長率 = 成果

僕は上記のように考えており、そして「成長=時代の後押し」が、かなり重要です。
数式にします。

2019年にテレビ業界で頑張る場合

才能(3) × 努力(5) × 成長率(-20%) = 12

例えば、テレビとかって衰退産業です。
ここで、すこし才能のある人が思いっきり努力しても、大きな成果は出ません。

2019年にYouTubeで頑張る場合

才能(2) × 努力(5) × 成長率(+200%) = 20

上記のとおり。

YouTubeは成長率が大きいです。年間200%くらいは、成長するんじゃないですかね。
ここで、あまり才能のない人が、本気で努力したら、結果は「20」になります。

あくまでイメージですが、とはいえ「時代の後押し」は、マジで重要です。

お金のある場所で、生きていこう

というわけで、効率的に稼ぎたい方向けに、記事を書いてみました。

そして最後に1つ。
これも大切なのですが「お金のある領域で、戦う」です。

例えば、昔の僕はフィリピンのセブ島で働いていました。
しかし、ぶっちゃけ儲からなかったです。なぜなら、セブ島の企業は、そこまで高収益じゃないからですね。

そして、その後は日本でエンジニアとして働いたのですが、同じ労働量でも「収入が5倍」とかに伸びました。

やはり「お金のないところで、大きく稼ぐは難しい」と痛感しました。
セブ島を否定する訳じゃないですが、ビジネスをする際には、わりと大切な視点だと思います。

というわけで以上になります。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】