Written by Manabu Bannai

【女性に最適】リモートワークのメリットとデメリットを整理した

LIFE

リモートワーク歴が4年目くらいに達しました。

『時間に縛られない』『好きな場所で働ける』というキラキラワード満載のリモートワークですが、デメリットとしては『孤独を感じやすい』『実はWiFiに縛られる』などがあります。

そこで今回は、リモートワークのメリットとデメリットをまとめつつ、やっぱりリモートワークワークはいいですね、という結論でお話します笑。

それではみていきましょう。
※リモートワークは女性向けかもしれませんね。

スポンサードサーチ


リモートワークのメリットとデメリット

メリット デメリット
◯ 時間に縛られない ✕ 孤独
◯ 好きなときに、好きな場所で働ける ✕ 実はWiFiに縛られる
◯ (不要な)ストレスフリー ✕ 移動しすぎると非効率になる

メリットは一目瞭然ですよね。

ストレスフリーの、『不要な』の部分だけ補足すると次のとおり。

  • 満員電車に乗らなくて良い
  • 休みの時期を選べる(GWとかで超混雑しているとき以外に旅行できる)
  • 基本的には私服OK(暑いのにスーツとか不要)

リモートワークじゃなくても職種によっては実現可能ですが、リモートワークのメリットでもあります。

それではデメリットを見ていきましょう。

リモートワークは孤独


フリーランスやリモートワークは孤独ですw
オフィスなら自然とコミュニケーションが発生しますが、リモートワーク × 一人暮らしとかだと、コミュニケーションゼロ…。

カフェとか行けば人には会いますが、基本的には会話がない。オフィスって幸せな空間ですね…。

実はWiFiに縛られる


パソコン1台で自由に生きるって聞こえはいいけど、WiFiないと無理です。

なので、「アフリカ行きたいなぁ〜」とか思っても行けないのが現実。安定したWiFiがある場所に限り、自由に生きれます。

移動しすぎると非効率になる

「リモートワークできるし、旅するぜ」って思うけど、実際は旅先のカフェにいるだけ。旅しながら働くとか神だけど、現実は甘くない…。

旅先で早起きして、6時AM〜12時まで仕事して、その後の旅とかなら出来るかも。とはいえ、観光に興味のない僕はやりませんが…。

リモートワークはライフスタイルの1つ。女性こそ、リモートワーカーを目指すべき


当たり前ですが、男性と女性ではキャリアパスが変わります。

男ならゴリゴリ働き続けるものありだし、途中で辞めてもいいし、辞めなくてもいい、要するに自由です。

しかし、女性だとそうもいかない。
結婚や出産を考えると、どうしてもキャリアでブランクが出来る。そのタイミングこそ、リモートワークというライフスタイルがいいじゃないかなと。

もちろん女性でもゴリゴリ働いて、キャリアアップを目指すのもいいけど、人生の幸福度を高めるために、早い段階で結婚や出産するのもありだと思います。

世界で活躍する『女性のリモートワーカー』とは


リモートワーカーと名乗っていない場合もありますが、リモートワーク的に働いている女性たちです。

詳しくはリンク先Twitterも見てほしいのですが、リモートワークスキルと一般スキルを掛け合わせています。

リモートワークスキル × 一般スキル
ライティング × 法律
プログラミング × 起業
デザイン × eSports

ここまで目指すのは難しい(なぜなら上位1%だから)ですが、リモートワークで生計を立てることはそこまで難しくはないはず。1年くらい継続的に学習すれば誰でも到達できるはずです。

ニホンや企業が変わるのは難しい

  • 企業がもっと、リモートワークを推進すればいい。
  • 企業は、 女性のキャリアをもっと考えるべきだ。

こういった文句をいうのは自由ですが、会社が変わる、社会が変わるのは時間がかかります。それなら自分が先に変わっちゃえば良いです。主語を入れ替えるだけ(企業→私)。

  • 私はもっと、リモートワークを推進すればいい。
  • 私は、自分のキャリアをもっと考えるべきだ。

これだけでポジティブな思考になります。

ライティングでも、プログラミングでも、デザインスキルでもいいと思います。独学しても、就職でもいいと思います。

男性もいいですが、女性こそリモートワーク的なライフスタイルがオススメです\(^o^)/

今すぐに行動を起こすための学習リソース

※ライティングは習うより慣れろだと思います。ランサーズとかで受注してみましょう。