Written by Manabu Bannai

リモートワークにヘッドセットは不要。おすすめイヤホンはコレだ!

LIFE Remote Work

リモートワークをするにあたり、良質なヘッドセットを探している方向け。
おすすめなヘッドセットは何だろう・・・と思って探していますか?

結論として、ヘッドセットは不要です。


ヘッドセットはデカイわりにあまりメリットがない。
マイクがあると通話しやすいように思えますが、実際はあまり関係ない。というのも、最近のイヤホンならコードにマイクが付いているから。

じゃあ何がオススメか?
Boseのノイズキャンセリングイヤホンがオススメ。僕が3年ほど愛用しているイヤホンを紹介します。

スポンサードサーチ


Boseのノイズキャンセリングイヤホン(QuietComfort 20)とは


正式名称はBose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones。
Boseのノイズキャンセリングイヤホンで、これをつけるとマジで雑音が消せます。

実際の商品がよく分かる動画。英語だけど分かりやすい。

利用シーンがよく分かる動画。こちら公式の動画だけど、ちょっと分かりづらいかな…。

リモートワーク用のイヤホンとして、Boseのイヤホンをオススメする理由


ざっくりイメージが伝わったところで、なぜリモートワーカーにオススメなのかをみてきましょう。

  • 理由①:コンパクトなので持ち運びに便利
  • 理由②:マイク付きなので通話も快適
  • 理由③:USBで簡単に充電できる
  • 理由④:飛行機内で快適に眠れる
  • 理由⑤:3年使っても壊れない、丈夫です。

理由①:コンパクトなので持ち運びに便利

イヤホンを買うと専用ケースがついてくる。ここに収納しておけば荷物になりません。コードが絡まることもないので、とても便利です。

理由②:マイク付きなので通話も快適

コードの真ん中あたりにコントローラーとマイクが付いている。
Skypeなどでミーティングするときにこちらの声をはっきる伝えることができます。

理由③:USBで簡単に充電できる

PCで音楽を聞きつつ、USB充電できます。充電は体感的に5日くらいは持つかなと思います。

Macbookやタッチバー付きのMacbookProを使っている人(USBポートがない人)は【5つ比較】MacbookProのUSB-Cハブはコレが良い【おすすめ】をどうぞ。

理由④:飛行機内で快適に眠れる

リモートワーカーって飛行機移動が多い気がするのでこれは重要。
飛行機内って「ごぉぉぉ〜〜」って音がしますが、このイヤホンなら静寂が訪れます。

理由⑤:3年使っても壊れない、丈夫です。

なんだかんだで3年くらい使っていますが、いまだに壊れません。
高級ですが丈夫なので、元は取れるかなと思います。

よくある質問&ちょっと気になる点

  • 電池が切れても大丈夫。ノイズキャンセリング機能はなくなりますが、音楽は聞けます。
  • 風が強いとちょっとノイズになる(ゴーゴーいう)。まぁ仕方ないか。
  • Awareモード(イヤホン着けつつ会話できる)はほとんど不要。使ったことない。

比較:スポーツ派ならSoundSport Freeが良さげ


Boseは2017年10月にSoundSport Freeというスポーツ向けのイヤホンを発売します。その魅力はなんといっても、完全にケーブルフリーであること。

残念ながらノイズキャンセリングはついていませんが、スポーツ重視ならこちらもありでしょう。
» ワイヤレスイヤホンの本命!? BOSE、ケーブルなしの「SoundSport Free」来月発売 | Techable(テッカブル)

まとめ:雑音から開放されたいリモートワーカーは、Boseを使おう


以上がBoseのノイズキャンセリングイヤホンの魅力でした。
お値段はちょい高めですが、マジで後悔ゼロ&友達にも勧めまくっているイヤホンです。

カフェとかでリモートワークしていると雑音がうるさかったりしますよね。そういったノイズから開放されたいなら、QuietComfort 20がイチオシです。

iPhoneユーザーはこちら

iPhoneユーザー以外はこちら